レビュー

[レビュー][bleft]

中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

143ドルと安価で6000mAhバッテリー搭載のスマートフォン、Oukitel K6000 Proが人気のようです

ガジェット関連の話題が尽きませんね、あーるです。XiaomiのMi Maxも気になってるので記事を書こうと思います、今度。
さて、GearBestの担当者さんと「難の記事書けばいいっすかね」と話をしていたところ、こんな機種をご紹介いただきましたので紹介しましょう。この中華スマホ界隈では有名なOukitelという変態メーカーのK6000 Proです。
GearBestの販売ページ

6000mAhのバッテリーを搭載で長時間駆動が可能

この機種の最大の特徴はやっぱりバッテリーです。というか、このOukitelのスマホの型番の数字は基本的にバッテリーの容量ですよね。この機種では小型のモバイルバッテリーに匹敵する6000mAhのバッテリーを搭載しています。ちなみにこのメーカーは、10000mAhのバッテリーを搭載したOukitel K10000も販売していますね。
この機種はMTKの高速充電技術によって、たった5分の充電で2時間の通話が可能になるほどの充電性能を持っています。

2.5Dの液晶ガラスに、メタルフレームを採用

液晶部分には2.5Dのガラスを使用しています。ここ最近のスマートフォンではどんどん流行ってますね、この半分に曲面のある2.5Dガラス。また、アルミニウム製のメタルフレームを採用しています。
防水性や防塵性に関しては、非常に特徴的でIP64レベルの性能があります。IP64では、防塵性に関しては粉塵が一切侵入しない性能、防水性に関しては水の飛沫に対しての防水性を持ちます。

他の性能に関しては一般的なミドルレンジスマートフォン

きちんとスマートフォンとして使用できるのか、その要となる性能に関しては一般的なミドルレンジスマートフォンと同様です。
SoCにはUlefone PowerやUlefone Be Touch3、その他のスマートフォンと同様のMTK 6753を搭載し、3GB RAM、32GBストレージとなっています。液晶画面には1920*1080の5.5インチ(フルHD)液晶を搭載しています。
バックカメラは1600万画素のカメラを登載し、フロントカメラは800万画素です。
今ではもう珍しくなくなった背面指紋認証も搭載しています。
OSはAndroid 6.0を搭載しています。

大容量バッテリー搭載のスマホは面白そうです

ここ最近はASUSも含めて様々なメーカーが大容量バッテリーを搭載したスマートフォンを発売しています。
Ulefone Powerしかり、Oukitel K10000, K6000も、今度の記事で触れるLEAGOO Shark 1など、様々な大容量バッテリーの機種だらけです。この大容量バッテリーの元祖ともいえる、OukitelのK6000、試しにいかがでしょうか。

ちなみに現在の価格は143.99ドルと非常にお安くなっています。

スペック

液晶: 5.5 inch 1920 x 1080 2.5D Dragontrail Glass Screen
CPU: MTK6753 64bit Octa Core 1.3GHz
OS: Android 6.0 Marshmallow
RAM + ROM: 3GB RAM + 32GB ストレージ
カメラ: 1600万画素(バックカメラ)、800万画素(フロントカメラ)
指紋認証: 搭載
Bluetooth: 4.0
その他の機能: Miracast, 画面消灯時のジェスチャー, OTG, Hotknot, OTA
SIM Card:デュアルSIM・デュアルスタンバイ (1スロットはmicroSIM、1スロットはmicroSIMとmicroSDの共用)
ネットワーク:
2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
3G: WCDMA 900/2100MHz
4G: FDD-LTE 800/1800/2100/2600MHz

GearBestの販売ページ

関連記事

Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

0 件のコメント :


旅行記

[旅日記][grids]

オーディオ

[オーディオ][threecolumns]

ガジェット

[ガジェット][threecolumns]