レビュー

[レビュー][bleft]

中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

もう迷わない!中華WatchからAndroid Wearまでスマートウォッチを徹底解説!

Android Wearを搭載したHuawei Watch
これまで、様々なスマートウォッチを当ブログ内でも紹介し、またGearBest様の協力も頂いて幾つかの機種に関しては実機レビューもすることができました。他にも自腹でHuawei Watchを購入したりと、Apple Watchを除いたスマートウォッチに関しては一通り試すことができたのではないでしょうか...?

今回は、中華からAndroid Wearまでの商品について各製品タイプについて解説いたしましょう。

スマートウォッチカテゴリーの記事をいますぐチェック!



Android Wear

Huawei Watch
一番最初にご紹介するのは、Android系のスマートウォッチの正統派のと言えるAndroid Wearを搭載したスマートウォッチです。

Android WearはGoogleが開発するスマートウォッチ(腕時計型のウェアラブルデバイス)向けのAndroid OSで、Android端末やiOS端末と接続することで通知の同期などが可能となります。Google Play経由で対応アプリをインストールすることで、様々な機能を追加することができるものになっています。

私自身が現在所有しているAndroid Wear端末はHuawei Watchで、Android Wearの中では一番高い製品の一つですが、価格帯としては1万円台の製品も登場しており用途に合わせて製品を選ぶことも十分可能になっています。

長所:Google純正のスマートウォッチ向けのOSを搭載していることで、スマートフォンとの連携は抜群。
短所:Android Wear対応のアプリの数はそこまで多くなく、Android Wear単体で利用可能な機能は多くない。

当ブログ内での紹介記事

【フォトレビュー】高級時計にしか見えない高いデザイン性のHuaweiが誇るAndroid Wearの最高傑作、Huawei Watch購入です!
【ファーストインプレッション】若干の物足りなさは感じるものの、使い勝手の良いスマートウォッチ、Huawei Watchレビュー

TizenOSなどの独自OS機

Samsung Gear S2(公式ページより)
一般的に知られているメーカー製のスマートウォッチでも、一部にはAndroid Wear以外のOSを搭載したスマートウォッチも存在しています。代表的なもので言えば、SamsungのGear Sなどが挙げれるかと思います。また、SONYのSmartWatchシリーズの1,2もAndroidベースの独自OSを搭載していました。(SmartWatch3からはAndroid Wearへ移行)

独自OS機に関しては、私自身はイベントなどでも触ったことがないため、詳細に関しては割愛いたします。

Android OS搭載機

Android5.1をそれぞれ搭載した、No.1 D6(左)とFinow Q1(右)
最近登場している中華スマートウォッチで増えているのはこのタイプです。Android WearもAndroid OSの一種ですが、こちらでは通常のAndroid OSを搭載し、スマートフォンとほとんど変わらない機能を持つ製品が登場しています。私が紹介したり、レビューした中ではNo.1 D6やFINOW Q1、ZGPAX S99などが挙げられます。

今挙げた3機種はすべて、WCDMA回線の接続にも対応し、スマートウォッチ単体で持ち出し、インターネットに接続し各種SNSも利用可能な機種になっています。Google Play経由でアプリの追加も可能で、若干スマートフォンより対応アプリが少ない印象があるものの、Android Wearを始めとする専用OS機よりも多くの機能を利用することが可能です。

価格は、中華スマートウォッチの中では高めの価格設定ではありますが、Android Wear機に対しては圧倒的な優位性を持っています。また、Android搭載機ではデザインに関してもある程度のものが用意されており、実用上十分なレベルに達しています。

長所:Android OSをそのまま搭載しているため、単体でも通信が可能で利便性が高い。機種によってはカメラや3G回線(WCDMA)にも対応している。
短所:電池持ちが絶望的で、常時充電ケーブルを持ち歩かないと一日フルで使えない。

当ブログでの紹介記事

Android5.1搭載で、WCDMA通信にも対応したスマートウォッチ、No.1 D6が49ドルの特価で登場!
WCDMA対応、Android5.1搭載の注目のスマートウォッチ、No.1 D6ファーストインプレッション。小さい画面に驚きの性能です
3G回線対応でカメラも付いたスマートウォッチ、ZGPAX S99が限定価格59ドルで登場!
【レビュー】Android5.1に3G回線、更にはカメラまで付いた変態スマートウォッチZGPAX S99レビュー!
【レビュー】防水で3G対応、更にカメラも付いたAndroid 5.1搭載スマートウォッチ、Zeblaze Blitzレビュー

中華独自OS搭載機

独自OSを搭載しているSOCOOLE W08
中華スマートウォッチには2種類あり、一つはAndroid OS搭載機ですが、もう一種類は独自OSを搭載したものがあります。特に、私が一度レビューしたSOCOOLE W08は完全に独自のOSを搭載し、単体運用も一応可能ではあるものの、スマートフォンとの提携に最適化されたものでした。

独自OS搭載機は、その特性上日本語に対応していない事が多く、私の様に日本語を表示さえも出来ず途方に暮れる場合がありますので、購入前には注意が必要です。しかし、スマートフォンとの連携に関しては、Android OS搭載機よりも優れており、SMSの送信や通話もスマートフォンを経由して行うことが出来ます。歩数計や睡眠計測機能についても、スマートフォンとの同期が可能です。

長所:スマートウォッチとして最適化されたOSのため、スマートフォンの連携面では強み。また、電池持ちも良好
短所:カスタマイズ性が低く、また、機種によっては日本語に対応できない。

当ブログでの紹介記事



通知に特化したタイプ・スマートバンド

他のスマートウォッチとは一線を画すHuawei Honor Zero
これまで紹介してきたスマートウォッチでは、基本的にその単体でも何かしらの操作が可能なものでした。最後に紹介するのはHuawei Honor Zeroを始めとしたあくまでも通知のみに特化したタイプの製品です。

通知のみに特化することで、機能を最低限に抑え、低価格化と本体の小型化、そして電池持ちの改善が図られています。Honor Zeroは実際、2日ほどは充電無しで使用しても問題ないレベルの製品でした。

また、Xiaomi Mibandといったスマートバンド、Elephone W2やSONY wena wristを始めとした通知に限定した(wena wristはおサイフケータイにも対応)タイプの製品も登場しています。

当ブログでの紹介記事

スマートバンド、Xiaomi Mi Band買ったった!開封の儀しちゃいます!
たったの22ドルのスマートバンド、Mi Bandを活用!
Xiaomiのスマートバンドの新型機Mi Band 2が39ドルで登場!有機EL採用で利便性が向上
中華タブレットメーカーによるスマートバンドがブーム。10ドル台で購入可能なスマートバンドを3機種ご紹介。

【レビュー】アナログ文字盤搭載のスマートウォッチ、Lembird Watch購入。若干クセはあるけども、これも良いかも
Huawei Watchユーザーが銀座のソニービルに行って、あのスマートウォッチwena wristを試してきました

【開封の儀】有機EL液晶搭載のスマートウォッチ、Huawei honor zeroをゲット!
【レビュー編】必要最低限の機能でシンプル、でも便利なスマートウォッチ、Huawei Honor Zeroをレビュー!
有機EL液晶搭載のスマートウォッチHuwaei Honor Zeroを1ヶ月使ってみて感じたこと



自身にピッタリの製品をぜひ見つけてください

一番のお気に入りはHuawei Watch
今回は、スマートウォッチを種類別に一挙紹介いたしました。改めてその種類の多さに驚かされるのですが、その中でも自身の用途にあわせてピッタリの製品を見つけていただければ幸いです。

今後もスマートウォッチの進化は留まるところを知らず、Android Wearの単体運用可能化(2.0~)など、新たな機能も増え続けています。間違いなく便利と断言できるスマートウォッチで、更に快適なガジェットライフを送っていただければ幸いです。





関連記事

もう迷わない!中華WatchからAndroid Wearまでスマートウォッチを徹底解説!
Huawei Watchユーザーが銀座のソニービルに行って、あのスマートウォッチwena wristを試してきました

中華タブレットメーカーによるスマートバンドがブーム。10ドル台で購入可能なスマートバンドを3機種ご紹介。







Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

0 件のコメント :


旅行記

[旅日記][grids]

オーディオ

[オーディオ][threecolumns]

ガジェット

[ガジェット][threecolumns]