レビュー

[レビュー][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

【ファーストインプレッション】若干の物足りなさは感じるものの、使い勝手の良いスマートウォッチ、Huawei Watchレビュー

先日フォトレビューをお送りしたHuawei Watchを使い始めてすでに4日ほど経過し、そろそろその機能性に関しても慣れてきました。今回、Android Wearを搭載したスマートウォッチ、Huawei Watchの使い勝手についてみっちりレビューしていきます。

Huawei Watchの外観レビューについては、先日の記事をチェックです!
【フォトレビュー】高級時計にしか見えない高いデザイン性のHuaweiが誇るAndroid Wearの最高傑作、Huawei Watch購入です!





Android Wear搭載でAndroid端末との親和性は抜群

先日の記事でAndroid WearやAndroid 5.1、独自OS機での比較をしている中でも触れましたが、Huawei Watchの搭載しているAndroid WearはAndroidベースのウェアラブルデバイス向けOSで、Androidスマートフォンとの連携に最適化されたOSとなっています。そのため、通知の表示機能や、それに対する応答に関しての使い勝手は他のOSに対して圧倒的に有利です。
通知の表示は、このように画面下に表示さて、全体で表示したりすることが可能です。
LINEを始めとする一部の対応アプリでは、Huawei Watch上から簡単に返信することが可能です。実際に私も音声入力を使用して返信したことがありましたが、誤変換もほとんどなく、使い勝手の良さを実感しました。

アクティビティの記録機能も充実

Huawei Watchでは運動量の記録機能も優秀で、Google Fitの他にHuawei製の歩数計機能も搭載されています。
予め身長や体重を入力しておくことで、消費カロリー計算もしてくれます。
過去の記録の確認は、Google Fitよりも見やすい印象です。
わざわざ、Huawei製のアプリを使用せずともGoogle FitもAndroid Wear版が用意されていますが、こちらもHuawei Wearを利用することでスマートフォンとの同期が可能です。

心拍数測定機能もついており、こちらもGoogle FitとHuaweiのアクティビティ記録アプリの両方から測定可能です。お好みに合わせて使用可能です。
測定速度に関してはmi bandよりは若干速い印象を受けます。

電話も時計から発信可能

Huawei WatchをBluetoothスピーカーとして、時計から電話の発信をすることが可能です。
電話番号の打ち込みは、OK Googleから音声入力で発信することも可能ですし、スマートフォンの電話帳を参照する方法や、直接番号を打ち込む方法が利用可能です。
Huawei Watchで通話している際には、このような画面表示になります。下の画像では、アンビエントモードに入った状態での画面ですが、意外と分かりやすいです。
ダイヤルパッドの表示なども、時計から可能です。

Google mapなどはそこそこの使い勝手

時計上でGoogle mapも利用可能です。スマートフォンを経由してマップのデータをダウンロードするため、表示速度は非常に遅めです。
一応ナビゲーション機能も利用可能ですが、まだ期待できる品質にはなっていない印象でした。
アンビエントモードでも一応地図が表示されつづけますが、役に立つかたたないかはその時次第かもしれません。

電池持ちはバッチリ

一番うれしかったのは、電池持ちの良さです。これまで、幾つかの中華スマートウォッチをレビューしてきましたが、Android 5.1搭載機は軒並みバッテリーの持ちが致命的でした。一度Finow Q1をつけて外出したところ、帰宅途中で電池が切れてしまい途方に暮れたこともありましたしね...

この点、Huawei Watchの電池持ちは最高で、どんなに派手に使っても丸一日余裕で電池が持ってくれます。この電池持ちが決め手で、毎日持ち歩いています。

これからの進化に期待しなければならない一面も

さて、一通りHuawei Watchの機能についてレビューしましたが、個人的には非常に気に入っている製品です。手元で通知が確認でき、そして一部は返信も可能、そして丸一日使い倒せるーというのは、若干機能面で物足りなくても満足できてしまうものでした。

まだ、Android Wearは発展途上のOSであり、端末であり、物足りなく思う点は多々あるかと思います。実際、私も物足りなさを感じていますし、Android 5.1搭載の中華機の方が高機能だったなと、感じています。しかし、Android Wear 2.0も発表され、さらに進化しているAndroid Wearはこれからの進化を期待して、信じて購入する価値のあるものだと感じました。

次回はAndroid Wear 2.0の導入に関しても解説する予定です。(残念ながら、私は1日でAndrodi Wear 1.xに戻しましたが...)
Huawei WatchにAndroid2.0を導入!最新のOSをいち早く体感可能!




関連記事








Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

0 件のコメント :


旅行記

[旅日記][twocolumns]

オーディオ

[オーディオ][twocolumns]

ガジェット

[ガジェット][twocolumns]

ヘッドフォン

[ヘッドフォン][twocolumns]