レビュー

[レビュー][bleft]

中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

【レビュー】防水で3G対応、更にカメラも付いたAndroid 5.1搭載スマートウォッチ、Zeblaze Blitzレビュー

先日、カメラ付きの変態スマートウォッチとしてZGPAX S99のレビューをお送りしましたが、変態スマートウォッチのレビューはまだ続きます。今回紹介するZblaze BlitzもZGPAX S99と同様にAndroid 5.1を搭載し、3G回線対応でカメラ付きのスマートウォッチです。

4GBのストレージを搭載し、また、nanoSIMでのWCDMA接続にも対応していながら、現在中華通販サイトのGearBestではドルです。今回もそのGearBest様から提供いただきました。基本的にSoCはMediaTek MTK6580でZGPAX S99と同じものを搭載しているため機能やUIに関してはほとんど同じものとなっていますので、一部の性能に関してのレビューは割愛いたします。
GearBestの販売ページヘ





外観レビュー

こちらは、専用の缶がパッケージとなっていました。妙に凝っていますね。
側面にはSport Smart WATCHの記載があります。
裏面にスペック表を貼り付けています。
本体は非常にスポーティーです。G-SHOCKあたりを意識してるデザインでしょうか。
左側面には200万画素のカメラと電源キー。ZGPAX S99とは異なり、こちらは物理ボタンは1つのみです。
右側面にはスピーカー。
本体の厚みはHuawei Watchよりも若干厚い印象です。
画面の大きさは、1.33インチのZGPAX S99に対して若干大きい気がするのですが、不思議です実は両機種とも1.33インチです。
ZGPAX S99とは異なり、裏面はメタルです。材質は分かりませんが。
Zeblaze Blitzは防水仕様となっていますので、その影響もあるのかもしれません。

SIMスロットへの挿入は、S99と同様にネジで裏蓋を開ける必要があります。
付属品は、充電スタンドとmicroUSBケーブル、ユーザーマニュアルとドライバーです。
こちらもZGPAX S99と同じようにスタンドとケーブルが分離しているタイプで好感が持てます。

性能はS99と同様。ただ、UIはこっちのほうがいいかも

それでは、UIを見ていきます。SoCはS99と同じですので、基本的に出来ることは変わりませんし、UIも同じです。
文字盤のデザインは、一部S99と異なります。また、S99ともにオンラインでの追加はできない仕様です。
Android Wearのムーンフェースのパクリ、こっちにもありました。劣化コピーです。
時計画面で上から下に下ろした際のメニューです。
S99では写真を撮りそびれましたが、サブメニューがあり歩数計もこちらから開けます。
S99とおそろいです。
こちらももちろん標準で日本語ロケールを搭載しています。
ドロワーのデザインは、こちらのほうが分かりやすいですね。
TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSの一部は最初からアプリがインストールされていました。
カメラのUIは写真のような感じです。メニューはなく、ただピントを合わせて撮影できるという簡易的なものです。

個人的にはこっちという機種

昨日をZGPAX S99のレビュー投稿したばかりで、ご覧になった方も多いかと思いますが、この2機種の違いはアプリのドロワーと、物理ボタンの数位です。完全に2機種の間では好みの問題です。

個人的に言えば、ZeblazeのほうがUIの完成度が高かったように感じますが、その点に関しては好みだと思いますので、2機種を検討中の方は悩むことになるかもしれません。
GearBestの販売ページヘ



関連記事

もう迷わない!中華WatchからAndroid Wearまでスマートウォッチを徹底解説!
Huawei Watchユーザーが銀座のソニービルに行って、あのスマートウォッチwena wristを試してきました

中華タブレットメーカーによるスマートバンドがブーム。10ドル台で購入可能なスマートバンドを3機種ご紹介。





Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

0 件のコメント :


旅行記

[旅日記][grids]

オーディオ

[オーディオ][threecolumns]

ガジェット

[ガジェット][threecolumns]