レビュー

[レビュー][bleft]

中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

【めんたいガジェットフェス】TrinityからNuAns NEO [Reloaded]の実機展示!FeliCaにも対応しAndroid搭載のReloadedに込められた想いとは?

本日3月19日、いよいよ始まっためんたいガジェットフェス。今回の一番の目玉とも言える企画は3月初めに発表されたばかりのTrinity NuAns NEO [Reloaded]。某洋画からインスパイアされた名前の本作は、大好評だった前作NEOから寸法はそのまま、画面サイズが5.2インチに大型化したり、SoCがSnapdragon 625になったり、RAMは3GB、ストレージをは32GBへグレードアップ。NEOを購入したかった人の95%がAndroidを希望していたことを受け、OSはAndroid 7.1に変更された期待の新型機種です。

今回のめんたいガジェットフェスでは、開発中ではあるものの実機も展示。Trinityのスタッフによる解説も行われ、5月の発売を待ち望んでいる方にとっては超お得なイベントになりました。

【めんたいガジェットフェス】1年以上のブランクをあけてめんたいガジェットフェス遂に開催!オープニングセッションや展示コーナーをご紹介
【めんたいガジェットフェス】変態が集うガジェットフェス。フェス本体の振り返りと、フェスで見かけた変態をご紹介


新たなる挑戦、スマートフォンの頂点へ

NuAns NEO [Reloaded]は、「新たなる挑戦、スマートフォンの頂点へ」と銘打って、前作NEOでの「マーケットのニーズを取り入れ、やり残していたことを盛り込み、完成形」を目指したとか。
今回のNEO [Reloaded]は発表会の直前にAmazonで何故かスペックが全てお漏らしされてしまい、発表会ではインパクトに欠けたとか。そんな発表会の為に急遽ネタで作成したのがこちら。
今回の会場ではちゃんとウケましたが、発表会では全くウケなかったとか。当然、0.7mmなんてことは嘘八百であります。(11mm)
前作NEOからの改善点は上の通り。筐体のサイズこそ同じですが、その他はSoCからRAM、ストレージ、液晶、カメラまでありとあらゆる点がパワーアップしています。LTEの対応バンド数も増え、国内3キャリアに対応したのも良いですね。スライドでは触れていませんが、指紋認証も前面に搭載しセキュリティも向上しました。
 この他、防塵・防滴仕様になり、IP54レベルの性能を誇ります。
 そして、皆嬉しいFelica搭載によるおサイフケータイへの対応。背面にスイカを刺すだけでなく、もう、スマートフォン一台で支払いも完結するようになりました。
そんな、NuAns NEO [Reloaded]は、71品しか選ばれないIFゴールドアワード2017を受賞。世界にも認められる確かなデザインの機種でした。

NEO Reloaded実機ハンズオン

スペック類の復習も終わり、お待たせいたしました、実機のハンズオンです。
前作NEOから寸法変わらず液晶画面が大型化したというのもこの通り。(NEO提供:Thinkまいせるふ。管理人Think氏・@Fetalia_lumin
なんとなくXiaomi Mi MIXと並べてみました。特に深い意味はありません。
各側面も確認。下部にはUSB Type-C端子と、3.5mmステレオミニジャック。
上部は特に何も付いていないスタイルです。
右部に電源キーとボリュームキーを搭載した、標準的なAndroidのボタン配置に仕上がっています。
少し分かりづらいものの、確かに本体前面下部に指紋認証センサーが搭載。この敢えて主張しないさり気なさが良い感じ。
背面は、流石NuAns NEOという感じ(語彙力)ですね。私は大好きです、こういう質感。
また、会場には漆を塗ったバージョンのカバーも展示。9回もの塗り重ねによって高級感のある仕上がりになったものの、本当に高級で値段は上下で4万円くらいとか。
この他、純正のカバー各種も展示。背面カバーの上下を自由に入れ替えれるというのは、所有欲を満たしてくれるという意味でも良いですね。また、予約者限定で、量産には至らなかったカバーを先着でプレゼントするキャンペーンも開催。私も予約すればよかったかも!いや、しない...たぶん...いy...

発売が待ち遠しい!予約受付中です!

そんなNuAns Neo [Reloaded]は5月発売予定。より便利になった性能と、変わらない高いデザイン性で私も思わず予約ボタンを押しそうになってしまう端末です。現在はまだ開発中ということで、本体のソフトウェアは作り込みの真っ最中。

現在、NuAns NEO [Reloaded]はAmazonにて49,798円にて予約受付中。旧版のNEOも継続販売され、Amazonでは22,500円。今すぐ予約して、実機でドヤ顔したい!そんな端末でした。

スペック

液晶: 5.2inch 1920 x 1080
CPU: Snapdragon 625
OS: Android 7.1 Nougat
RAM + ROM: 3GB RAM + 32GB ストレージ
カメラ: 1300万画素(バックカメラ)、800万画素(フロントカメラ)
指紋認証: 搭載
おサイフケータイ: 対応
防塵・防滴: 対応IP54
Bluetooth: 4.1
USB:Type-C
SIM Card:microSIM
バッテリー:3450mAh
重量:TBA(本体のみ)
大きさ:14.10 x 7.40 x 1.10 cm
ネットワーク:
2G(Quad band)
3G(W-CDMA):1/3/5/6/8/9/19 42Mbps/5.76Mbps
4G LTE 1/3/4/5/7/8/9/12/17/18/19/26/28 Cat.4、最大150Mbps VoLTE対応

【めんたいガジェットフェス】1年以上のブランクをあけてめんたいガジェットフェス遂に開催!オープニングセッションや展示コーナーをご紹介
【めんたいガジェットフェス】変態が集うガジェットフェス。フェス本体の振り返りと、フェスで見かけた変態をご紹介


Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

0 件のコメント :


旅行記

[旅日記][grids]

オーディオ

[オーディオ][threecolumns]

ガジェット

[ガジェット][threecolumns]