レビュー

[レビュー][bleft]

中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

【Xiaomi自撮り棒】三脚にもなってお花見でも大活躍!まだ間に合う、Xiaomiの自撮り棒レビュー!

そろそろ上野公園や新宿御苑では桜が咲き始め、今週末や来週末は関東各地で桜が見頃を迎えそうな今日このごろ、週末にお花見の予定を立てたからも多いハズ。そんな、お花見できれいな桜をバックに集合写真を撮影するのも良いですね。そんな時に大活躍するのが自撮り棒。今回、三脚としても使えちゃう、とっても便利なXiaomiの自撮り棒を購入したのでレビューいたします。

Xiaomi Selfie Stickは、Xiaomiが販売する自撮り棒。付属するリモコンを利用することで、遠隔操作でシャッターを切ることも出来るスグレモノ。三脚としても利用でき、集合写真の撮影にも使える機種です。価格はなんと18ドル、今すぐポチって今年の花見に備えましょう。


とってもシンプル、でも、独立リモコンなど機能性抜群

パッケージは、いかにもXiaomiというもの。見れば自撮り棒だと分かる感じのやつですね。
本体と、説明書、そしてリモコンシャッターが付属。
リモコンは本体に付けることも独立させて使うことも可能。自撮り棒として利用する際には取り付けて、三脚として利用する際には取り外して手元に持っておけば良い感じ。
本体は非常にコンパクトに畳め、バッグの中に簡単に収納可能です。
本体下部は3つに開くことが可能。これで自立させることで、簡易的な三脚として利用可能。集合写真の撮影にも便利そうですし、日常生活でも簡単なスマートフォンスタンドとしても使えそうです。

6インチのHuawei Mate 9もバッチリ取り付け

早速Huawei Mate 9を取り付け。最初は若干バネがきつかったものの、すんなり取り付け完了。首の部分は、360°回転し、上下方向も回転するため、角度に関しては不自由しない仕様です。
見事に向きを間違えたまま撮影していますが、長さの間隔はこんな感じ。実測は23cm(伸長部のみ)でした。持ってみての感想としては、非常に軽く持つことで疲れるようなことは一切ない印象です。

実際にリモコンを利用して撮影してみましたが、インカメラ、アウトカメラともに離れた場所からでも自由にシャッターを切れるというのは便利でした。有線接続でないことも、ポイントが高く感じます。

今ならまだ来週末には間に合うはず!あって困らない製品

そんな便利すぎるXiaomi Selfie StickはGearBestで18ドルで販売中。1週間ほどで到着するPriority Lineは6ドル、最速配送のDHLでも12ドルで発送可能で、来週末のお花見にはギリギリ間に合うライン。

とっても便利なXiaomi Selfie Stickで今年のお花見をより良い物にしていただければ幸いです。(万が一製品到着が間に合わなくてもあーるは責任を負いかねます)


Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

0 件のコメント :


旅行記

[旅日記][grids]

オーディオ

[オーディオ][threecolumns]

ガジェット

[ガジェット][threecolumns]