レビュー

[レビュー][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

【Chinadapスマホモニター】Ulefone FutureをLe Max 2・Redmi note 3 proと比較してみた!

(管理人あーるより)昨月募集していたChinadap.comスマホモニター企画、ついに一記事目がモニターさんより到着しました。今回はUlefone Futureを借りていた方からのレビューです。

なんとこの方、Leeco Le MAX 2Xiaomi Redmi Note3 Proもお持ちのようで、その3機種で比較してくださいました。管理人としては、まさかここで比較レビュー!と思いましたが、普段の私ならほとんど触れない画質についても触れており、期待のレビューです。
GearBestの購入ページ
(以下本文)

中華パッドとDAPのつぶやき場管理人のあーるさんより、スマホモニター企画としてUlefone Futureをお借りすることができました。

今回この機種をお借りした理由としてはベゼルレスである本機種にすごく興味がもっており、ぜひ使ってみたいと感じていたからです。
1記事目となる今回は、スマホモニター企画の中にあるLeEco  Le Max2・Xiaomi Redmi note 3 Proと比べてみます。

【Chinadapモニター企画】Ulefone Futureを日常的に使用した感想

大きさチェック

まずは本体の大きさから比較していきます。
縦幅の大きいの順としては
LeEco Le Max2 > Ulefone Future > Xiaomi Redmi note 3 Pro
一目瞭然でLeEco Le Max2が大きいです。
Ulefone FutureとXiaomi Redmi note 3 Proの縦幅は若干ではありますが、Ulefone Futureのほうが大きいです。
横幅の大きいの順としては
LeEco Le Max2 > Xiaomi Redmi note 3 Pro > Ulefone Future
横幅もLeEco Le Max2が一番大きいです。
Ulefone FutureとXiaomi Redmi note 3 Proは同じ5.5インチのディスプレイですが、Ulefone Futureのほうが横幅がXiaomi Redmi note 3 Proよりも狭くなっています。

やはりLe Max 2が5.7インチであるため一番大きくなっています。
Ulefone Futureは同じ5.5インチであるXiaomi Redmi note 3 Proよりも横幅が狭いのがわかります。

重量チェック

Ulefone Future 187g
Leeco Le MAX 2 196g
Xiaomi Redmi note3 Pro 176g

横幅はUlefone FutureのほうがXiaomi Redmi note 3 Proよりも横幅が狭いはずなのに重さが11gも違います。
たった11gだとは思いますが、
実際に手にもって使ってみるとUlefone Futureのほうがずっしりと重く感じ、その差をはっきりと感じることができます。

ゲーム性能(3D)を比較

各それぞれの端末にデレステをインストールして「3D標準/3D軽量/2D標準/2D軽量」をチェックしてみます。
Ulefone Future
Leeco Le MAX2
Xiaomi Redmi note3 Pro

一般的に、3D描画はQualcomm製のSoCの方がMediaTek製のSoCよりも高くなっており、Le MAX2とRedmi note3 Proでそれぞれ採用されているQualcomm Snapdragon 820と650に対し、Ulefone FutureのMediaTek Helio P10では性能差が表れました。
画像の様に、Ulefone Futureでは2D 軽量が推奨設定となった反面、他の2機種は3D標準が推奨設定となっています。

しかし、Ulefone Futureでも設定で3D標準に変更してプレイしても特に音ズレすることもなくプレイすることができました。そこまで気にする必要はないかもしれません(音ゲーの経験もほぼなく、デレステも今回初めてプレイしたため、多少の音ズレに気づいてないだけかもしれませんが…)

画面の彩度をチェック

上から順に「LeEco Le Max2 Ulefone Future Xiaomi Redmi note 3 Pro」です。
Youtubeの4K動画を画質1080Pにて表示させました。

正直なところ、Ulefone FutureはLeEco Le Max2より画質は劣るのかなと思っていたのですが、この三機種の中では自分の目でもわかるぐらい一番濃淡がはっきりしています。
画像を見てもわかると思いますが、空と森がはっきりと濃く映っていることが分かります。
横から見た感じではXiaomi Redmi note 3 Proが一番はっきりと映像が見えます。
LeEco Le Max2はもはや暗くてうっすらとしか判別できませんね…。
まぁしかし、スマホを横からみることはないのでこの結果はあまりためにならないかもしれませんね。

Ulefone Futureを2端末と比較した感想

正直なところ、ベゼルレスである点以外にUlefone FutureがLeEco Le Max2とXiaomi Redmi note 3 Proに勝るとは思ってもいませんでした。

しかし結果としてはハイスペックな端末であるLeEco Le Max2やミドルハイスペックなXiaomi Redmi note 3 Proには勝るとも劣らない機体です。

ゲーム性能としてはSoCがMediaTek  Helio P10であるためQualcomm Snapdragon820と650であるLeEco Le Max2とXiaomi Redmi note 3 Proには負けてしまいますが、
5.5インチの大きなディスプレイであるにもかかわらず、ベルゼレスであるためXiaomi Redmi note 3 Proよりも横幅が狭く、その狭さのおかげですごく持ちやすく操作がしやすいです。(Xperia Z3(5.2インチディスプレイ)とも横幅を比較してみましたが、ほぼXperia Z3の横幅と同じでした)

また、画面の発色もLeEco Le Max2やXiaomi Redmi note 3 Proよりも濃淡がはっきりしているため、スマホで映画や動画をよく見る人はきっとUlefone Futureで映画や動画を見ると更なる感動を味わえるのではないでしょうか。

1回目のスマホモニターの記事はここまでにしたいと思います。
最後まで御覧いただき、ありがとうございました。

GearBestの購入ページ
Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

0 件のコメント :


旅行記

[旅日記][twocolumns]

オーディオ

[オーディオ][twocolumns]

ガジェット

[ガジェット][twocolumns]

ヘッドフォン

[ヘッドフォン][twocolumns]