レビュー

[レビュー][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

未だに開通に時間のかかる格安SIM、イオンモバイルを契約しました

さて、先月2月26日に鳴り物入りでサービスを開始したものの、未だに混乱が収まりきっていない話題の格安SIM、イオンモバイルを契約したのでレポートします

イオンモバイルとは

もともとイオンモバイルは「イオンスマホ」として他社のMVNOの回線を販売する形でサービスが提供されていました。しかし、今回イオンモバイル自身がMVNOとして回線を販売することとなり、サービスを提供することになりました

既に全国区で店舗を展開している「イオン」が圧倒的な潜在顧客を強みとして交渉したのかは知りませんが、他社のMVNOを圧倒的に上回るサービスと価格で殴り込みをかけてきたものです
全国に展開しているイオンの店舗を販売・サポート窓口として提供できることが一番のウリとなっています

サービス開始直後から大混乱(現在も)

さて、そんな鳴り物入りで2月26日にサービスが開始されたイオンモバイルですが、スタート初日からシステムトラブルが発生し登録作業がストップするなど、大混乱になっています
3月の中旬にようやく即日受け渡し可能店舗での受付が再開したものの、今でもインターネットのイオンデジタルワールドでの受付は停止中で、実店舗での受け取りも時間がかかる状況が続いています

私の場合も、申し込みを3月19日に近くのイオンの店舗で行い、開通したのは21日でした
これでもTwitterや他のウェブでの情報を見る限り良い方みたいです...

申し込んだのは「シェア音声4GBプラン」


なぜ、そんなゴタゴタしているイオンモバイルに拘ったのかといいますと、今回メイン回線を引っ越して、音声通話とデータ通信を一緒の回線にし、そしてデータだけで複数回線を持つシェア型の契約に切り替えたかったためです

別にすべての格安SIMのプランを確認したわけではありませんが、イオンモバイルが提供する音声通話SIM+データ通信SIM×2のプランで4GB/月で1,780円というこのプランは非常に魅力的でした

写真のように3枚のSIM(1枚はスマホに装着)が渡されその全てでデータ通信が可能になっています
データ通信用のSIMは白SIMでした

使用感は上々

さて、肝心の回線の使用感としては特にLTE通信時も通信速度に不満はないかな?という印象です
もちろん、私は決してヘビーユーザーという使い方はしていないライトユーザーですし(月3GBさえも行かないことが多いのです)、大きなデータ通信がネットサーフィンとTwitterという具合ですから参考になるかというのは怪しいのですが...
また、フォロワーの皆様とは異なり私は回線のスピードテストは一切やらない人種なので...メンドイですし...スピードテストの結果は、各サイトが公開しているでしょうのでそちらを...

インターネット上でも新生イオンモバイルのMVNEはどこだ?!というのがよく話題になっていましたが、ネット上の情報の通りMVNEはIIJのようです
イオンモバイルの店頭のスタッフも「言ってはいけない事になってますがIIJです」と、あっさり認めてました...
今回イオンモバイルに乗り換えるまでに使用していたデータ通信専用のSIMはBIC SIM(IIJ)ですので、IIJ⇛IIJの乗り換えで回線の品質自体には変化はなさそうです

ネットでの設定に関してはイマイチ

他のMVNOと同様、イオンモバイルもインターネット上から高速データ通信のON/OFFの切り替えが可能です
また、各月でのデータ使用量の残量に関しても確認することが可能です
ただ、そのサイト上での設定画面に関してはデザインこそいいものの、若干の機能不足の印象です
イオンモバイルの設定ページのトップ
実際にイオンモバイルの設定ページ(https://mypage.aeondigitalworld.com/mypage/)を開いてみるとこんな形で、高速データ通信の残容量や各SIMカードの状況が確認できるようになっています

各SIMの項目をすべて展開するとこのような形で、SIMカードの有効状態や音声SIMに関しては留守番電話や割込電話の契約状況について、またMNP転出の申し込みができるようになっています

高速データ通信のON/OFFの切り替えについては、各カードごとに「高速データ通信」の項目の「変更」から切り替えることができるようになっています

他にマイページ上からできることは、通話状況の確認(発信先の電話番号も見れました)と、現在の請求情報の確認くらいで、個人情報の変更一つ出来ないようでした
というか、私の場合名前の漢字が間違っていることが発覚しましたが、この訂正も電話でないと出来ないようです...もしくは実店舗かという状況です

流石に、もう少しWEB上でできることがあってもいいのに...と思ってしまいます...解約の手続きもBIC SIMとは違い電話でなきゃ出来ないようですし...
実店舗でのサポートを謳うのはいいのですが、何でもかんでも実店舗じゃなきゃ出来ないというのはいささか不便がすぎる印象です

新しい旋風をイオンモバイルは巻き起こせるか...?

今回、鳴り物入りでデビューしたにも関わらず、開始から一ヶ月が経過してもゴタゴタの続いているMVNO、イオンモバイル
個人的には格安SIMの敷居を広げるという意味でも、そして、幅広いプラン設定でこれまでの格安SIMユーザーにも新しい選択肢を提示してくれ、非常に意味のあるサービスだと感じています

今後、MVNO界にどのような風をイオンモバイルが運んできてくれるのか楽しみでなりません


AliExpress.com Product - Original LeTV 1S X500 4G Lte mobile phone Android 5.1 3GB RAM 64bit Helio X10 Turbo Octa Core 5.5 inch Touch ID 13.0MP phone
Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

0 件のコメント :


旅行記

[旅日記][twocolumns]

オーディオ

[オーディオ][twocolumns]

ガジェット

[ガジェット][twocolumns]

ヘッドフォン

[ヘッドフォン][twocolumns]