レビュー

[レビュー][bleft]

中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

【Xiaomi Mi 360°】Xiaomiから2388万画素のパノラマ撮影に対応した全天球カメラMi 360°が登場!手ぶれ補正機能もついて買いです!

先日当ブログで某リコーのTHETAに似ているHIGOLE GOLE360というカメラをレビューしてテンションを上げていましたが、遂にXiaomiからも360°対応の全天球カメラが登場。なんと2,300万画素の高画質で、更に6軸手ブレ補正も搭載といたれ尽くせり。GearBestでは既に予約が開始されています。夏のアウトドアにも最適そうな一台。今のうちに購入しておくと幸せになれるかもしれませんよ...?

【Xiaomi Mi 360°】2388万画素と圧倒的な画素数で全天球撮影!。超高画質ながら254ドルの全天球カメラXiaomi Mi 360°レビュー!

【Xiaomi Yi2】タイムラプス撮影もOK!Go Proの半額以下の性能を誇るXiaoyi Yi 2レビュー!
【HIGOLE GOLE360レビュー】手軽に全天球撮影!HIGOLE GOLE360が楽しい!お花見にも持っていきたい一台!
【特集】この時期だからこそ役に立つ。ウィンタースポーツで活躍間違い無しのアクションカメラ5選!



2,388万画素の高画質撮影に対応!

Xiaomi Mi 360°の最大の特徴はその画質。HIGOLE GOLE 360は400万画素での静止画撮影でしたが、本機は2388万画素という超高画質での撮影が可能。リコーのTHETA Sも1200万画素であり、本機の画質の高さがいかに凄いかお分かりいただけるかと思います。

さらに、動画撮影性能も3.5Kでの撮影に対応。ここまでの高画質での全天球撮影が出来るというのはかなり珍しい機種です。

6軸電子手ぶれ補正も搭載

また、6軸の電子式手ぶれ補正も搭載。手ブレによって失われてしまうクリアさや、滑らかさも、本機ならちゃんと残すことが出来るのです。スポーツの際にも良いですし、ドローンに搭載するという場合でも、威力を発揮しそうですね。

IP67の防水・防塵仕様。更に-10℃での環境でもOK

そして、IP67の防水・防じん仕様により、アウトドアでの仕様にも最適。(IP67の場合の防水性能は「一定の水圧で一定時間(30分間)水中に浸けても有害な影響がない」もの)何かと水に浸かる機会の多い夏のスポーツの際にも、これならバッチリですね。

また、使用可能温度は-10℃~45℃の環境に広く対応。ウィンタースポーツの際にも、また、灼熱の太陽の下でも、その瞬間を逃すことはありません。

3.5K撮影(Wi-Fi利用時)でも75分の連続撮影可能

バッテリーは1,600mAhの内蔵式を採用。3.5Kの動画をWi-Fi使用状態で撮影しても75分もの長時間撮影が可能。バッテリーが切れてしまっても大丈夫。Quick Charge 2.0にも対応し、高速で充電することが可能です。

アプリでは動画編集も可能

専用のアプリを利用することで、撮影した写真や動画をその場でシェア可能。さらに、動画に関してはアプリ上で編集することが可能なものポイントです。

319ドルで予約開始。絶対に見逃せない一台です

中華通販サイトのGearBestでは319ドルで予約受付が開始。2,388万画素という圧倒的な性能を誇りながら3万円台で収まってしまうのは流石としか言いようがありません。全天球カメラの魅力は、既にHIGOLE GOLE360で実証済み。既に購入ボタンを押しかけている一台。皆様もいかがでしょうか?

【Xiaomi Mi 360°】2388万画素と圧倒的な画素数で全天球撮影!。超高画質ながら254ドルの全天球カメラXiaomi Mi 360°レビュー!

【特集】この時期だからこそ役に立つ。ウィンタースポーツで活躍間違い無しのアクションカメラ5選!




Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

0 件のコメント :


旅行記

[旅日記][grids]

オーディオ

[オーディオ][threecolumns]

ガジェット

[ガジェット][threecolumns]