レビュー

[レビュー][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

【Xiaomi Mi MAXレビュー1】大画面こそ正義。6.4インチ超大画面ファブレットMi MAX到着です!

先日フォロワーのやさいさんからXiaomi Mi MAX 32GB版を購入させいて頂き、無事手元に到着いたしましたのでレビューいたします。当ブログ内でも以前Mi MAXに関しては紹介だけしていましたが、実際に手にしてみるとその大きさに驚かされるとともに、6.4インチという大画面の利便性の高さを痛感させられました。

Mi MAXはSoCに Snapdragon 650(最上位モデルは652)を採用し、3GB RAM・32GBストレージ(モデルによって組み合わせは異なる)を搭載したファブレット。液晶部は6.44インチのフルHDとなっており、一世を風靡したXperia Z Ultraと同じ画面サイズとなっている製品です。私が購入した32GBモデルは現在中華通販サイトのGearBestで245ドルで販売中。

【Mi MAXレビュー2】最新OSのMIUI8で快適、文句なしのスマートフォン。Xiaomi Mi MAXレビュー





外観レビュー・パッケージ内容

Xiaomi製品の外箱はスマホ・ノートPCともに製品画像が印刷されApple風なのですが、Mi MAXでは文字だけになっています。
開けると早速本体が登場。
背面には認証シールが貼られています。
付属品は、クイックスタートガイドとACアダプター、microUSBケーブル。
Mi MAXの最大の特徴は6.4インチという大画面。手元にある6.0インチのHuawei mate8と比べてもこの大きさ。かなり大きいですね。
厚みも比較してみました。mete8(下)とくらべても殆ど同じ、もしくは少し薄いくらいでしょうか?大きさに対してかなり薄くなっているのは嬉しいですね。
背面のカメラは左上に位置しています。センサーはHuawei mate8(下)やOnePlus 3と同じIMX298。
重量は204g。
6.0インチのmate8から14gしか増えていないと考えると大したものです。先日レビューした6.0インチのBludoo Maya Maxは212gでMi MAXよりも重く、いかにMi MAXが大きさの割に軽くできているかが分かります。
各側面も確認していきます。下部側面にはmicroUSB端子。
左側面にはSIMスロット。
SIMスロットはnanoSIM(microSD共用)とmicroSIMのデュアルSIM構成。
右側面にはボリュームキーと電源キー。
上部側面には3.5mmステレオミニと赤外線ポートです。
背面には指紋認証を搭載しています。

大画面でありながら軽量で、使いやすさ抜群の機種

Xiaomi Mi MAXのレビュー第一弾は簡易レビューということで、ほぼ開封の儀といたしました。既にもう4,5日ほど本機を使用していますが、6.4インチという大画面の利便性には驚くばかりです。タブレットレベルの大きさでありながら、ベゼルが狭く、また軽量、薄型でスマートフォンの延長線上の利便性で使えてしまうMi MAXは最高でした。

大画面であることの利点は、ただ視認性が高いというだけではなく、電子書籍を読む際にも威力を発揮しますし、映画などを観る際にも手軽に大画面での鑑賞が可能になりもします。また、誰かに写真やWEBサイトを見せる際にも威力を発揮し、メインのスマートフォンに加えて一台持っておくと幸せになれる、そんなスマートフォンに感じました。

次回以降はソフトウェア面も見ていきましょう。

スペック

液晶: 6.44inch 1920 x 1080 2.5D
CPU: Snapdragon 650/652 1.8Ghz ヘキサコア
OS: MIUI 8(Android 6.0 Marshmallow)
RAM + ROM: 3GB RAM + 32GB ストレージ・3GB RAM/64GB・4GB RAM/128GB
カメラ: 1600万画素(バックカメラ)、500万画素(フロントカメラ)
指紋認証: 搭載
Bluetooth: 4.2
SIM Card:デュアルSIM・デュアルスタンバイ (1スロットはmicroSIM、1スロットはnanoSIMとmicroSDの共用)
バッテリー:4850mAh
重量:203g(本体のみ)
大きさ:17.31 x 8.83 x 0.75 cm
ネットワーク:
2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
3G: WCDMA 850/900/1900/2100MHz
4G: FDD-LTE 1800/2100/2600MHz







関連記事


2016年の中華スマホフラッグシップ特集!中華スマホならSnapdragon820搭載機が300ドル台から購入可能!
国内未発売品も安い!GearBestならHuawei製のスマートフォンも手ごろに買えちゃいます!

次のスマホのトレンドはデュアルカメラ!中華スマホのデュアルカメラ機をご紹介!
Snapdragon820・Daydream対応・WQHD AMOLED・ZTE AXON7とOnePlus 3、徹底比較。あーるの選ぶ2016年の最強スマホは

【Xiaomi Mi5s Plusレビュー1】最強の名をほしいままにするスマートフォン。Xiaomi Mi5s Plus。フォトレビュー。

【フォトレビュー】OnePlusの最新作、OnePlus 3フォトレビュー
【レビュー】完成された使い心地、これぞ完璧。OnePlus 3を一週間使ってみてー
私がSnapdragon820搭載のLeeco Le MAX 2からOnePlus 3に乗り換えた理由


【horor V8レビュー1】P9よりも性能は上。デュアルカメラ搭載の最上位スマートフォン、Huawei honor V8レビュー
【honor V8レビュー2】ボケも自由自在、スマホのレベルを超えたカメラのHuawei honor V8徹底レビュー
【格安スマホアンバサダー】楽天モバイル主催Huawei honor 8タッチ&トライイベントに参加。美しい筐体欲しくなります

【Xiaomi Redmi Proレビュー1】Xiaomiによるデュアルカメラスマホ、Xiaomi Redmi Proレビュー!基本性能チェック編
【Redmi Proレビュー2】242ドルから購入可能な格安デュアルカメラスマホ!Xiaomi Redmi Proの撮影性能をレビュー!

【ZTE AXON7レビュー1】2K AMOLED搭載、日本上陸間近の噂も。ZTE AXON 7フォトレビュー
【AXON7 レビュー2】Snapdragon820超ハイスペック、高画質カメラ、DSDS対応。ZTE AXON 7レビューVol.2
【AXON7レビュー3】AK380と同じDAC、AK4490搭載のZTE AXON 7のオーディオ性能を全力でレビュー。DAPとしての実力は如何に...?
高音質・高解像度のZTE AXON 7の姉妹モデルAXON 7 miniが298ドル!こちらも見逃せません。

【Xiaomi Mi MAXレビュー1】大画面こそ正義。6.4インチ超大画面ファブレットMi MAX到着です!
【Mi MAXレビュー2】最新OSのMIUI8で快適、文句なしのスマートフォン。Xiaomi Mi MAXレビュー

Cyanogen Modで快適に!Leeco Le MAX 2にCM13をインストール!
【Le MAX2】Le MAX 2にカスタムROMをインストールして利便性を向上!
【ファーストインプレッション】あぁ、これだよこれ、と感じるスマホ、Snapdragon 820・4GB RAMのLeeco Le MAX 2レビュー
【フォトレビュー】Snapdragon 820に2Kディスプレイ、まさに最強のスマホ、Leeco Le MAX2フォトレビュー

【UMi MAXレビュー】綺麗な発色のシャープ製高解像度液晶にHelio P10で動作も良好。ただ、カメラは残念...
【ファーストインプレッション】ベゼルレスデザインが美しい!UlefoneのフラッグシップUlefone Futureをレビュー!

【フォトレビュー】Snapdragon 650搭載のXiaomi Redmi Note 3 Pro到着!価格以上の所有感を高めるデザインで満足!
【ファーストインプレッション】意外と無難な動作の端末Redmi note 3 Proレビュー

【レビュー編】2.2GHzオクタコアHelio X10搭載で約200ドル!LeTV 1Sファーストインプレッション
LeTV 1SにMIUI7をインストール!Xiaomi製のUIの実力は?
世界を驚かせたLeTV(LeEco)のLeeco Le 2 ProがHelio X25を搭載して350ドル!
Snapdragon820に5.7インチ2Kディスプレイで399ドル!正真正銘の旗艦機LeEco Le MAX 2の予約開始です!

【フォトレビュー】持ってるだけで所有欲が満たされそうなデザインのスマホ、Cubot X16S到着です!

大きい画面こそ正義!6インチのミドルレンジスマホ、Leagoo Shark 1をポチったぞ!
【開封の儀】大きい!6インチの中華スマートフォン、Leagoo Shark 1実機ファースト・インプレッション
【レビュー】大型6インチ、MTK6753のミドルスペック機Leagoo Shark 1レビュー!

「Xperia X Performance タッチ&トライ」アンバサダーミーティングに当選しました。
【当日レポート】「Xperia X Performance タッチ&トライ」アンバサダーミーティングに参加してきました!
高級感よし!重さもよし!大きさもちょうどいい、Xperiaの最新作X Performanceファーストインプレッション
丸の内で開催中のGalaxy Studioで某XとGalaxy S7 edgeを比較してきたぞ!
【Xperiaアンバサダー】ハイレゾ再生対応のXperia X Performanceのオーディオ性能を本気でレビュー!
【Xperiaアンバサダー】アンバサダーイベント&実機の貸出を受けてみて
【Xperiaアンバサダー】Xperia X Performanceを長期間使ってみて何を感じたのか

指紋認証付きの5.5インチスマホUlefone Be Touch 3、ポチりました(未到着)
Ulefone Be Touch3買いました(開封の儀編)
オクタコアで、指紋センサー搭載なの2万弱のスマホ、Ulefone Be Touch3レビュー(機能編)
UlefoneがベゼルレスでHelio P10を搭載のUlefone Futureを開発中とのこと
【MWC2016】誰も注目しないベゼルレススマホ、Ulefone Futureがコッソリ登場
NXP9887搭載で179ドルのスマートフォン、Ulefone Viennaがまもなく登場!
Helio P10に4GB RAMでベゼルレスのUlefone Futureが遂に登場!なんと199.99ドル!
【セール情報】界隈を騒がせたあのマンモスバッテリー機、Ulefone Powerがセール価格149ドル!

中華スマホの低価格が止まらない!FHDにオクタコアSoCで109ドル,Infocus M560!
119ドルでAndroid6.0を買える!Vernee Thor 4G気になります
シャープ製のフルHD液晶にHelio X20搭載の激安スマホ、Vernee Apollo Liteが登場!
143ドルと安価で6000mAhバッテリー搭載のスマートフォン、Oukitel K6000 Proが人気のようです
今年のスマホの大本命、Xiaomi Mi Maxが293ドル〜で登場!(クーポン有)
Helio P10搭載の話題のフラグシップ機、Umi Superが登場です!
ZTEの最新スマートフォン、Snapdragon 820搭載AXON 7、これも気になります、買えませんが
Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

0 件のコメント :


旅行記

[旅日記][twocolumns]

オーディオ

[オーディオ][twocolumns]

ガジェット

[ガジェット][twocolumns]

ヘッドフォン

[ヘッドフォン][twocolumns]