レビュー

[レビュー][bleft]

中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

【AMAZFIT スマートバンド】スタイリッシュで機能性抜群!心拍数測定機能付きのスマートバンドAMAZFITレビュー


うだるような厚さが続く今日このごろ。健康管理に関して皆様はしっかり対策はされているでしょうか?暑さに任せてつい引きこもってしまったり、逆に心拍数が上がった状態で熱中症に突入してしまったりと健康不安材料は多いハズ。そんな時に役立つスマートバンドをGearBest様より提供して頂きましたのでご紹介します。ずっと昔にレビューしていたMi Band(レビュー)とは違い、今回は画面付きでこれ一つで時計としても使えるんです!

AMAZFIT A1603 Smartbandは、Xiaomiの系列ブランドAMAZFITが放つ高機能スマートバンド。スタイリッシュな外観に加え、歩数計、睡眠測定器、時計、そして心拍数測定器として利用できる高機能さを両立させた機種。現在、中華通販サイトのGearBestでは38ドルで販売中。

たったの22ドルのスマートバンド、Mi Bandを活用!
【Xiaomi 体組成計】使い方は乗るだけ。10もの項目を一気に測定できるスマート体組成計、Xiaomi Smart Weight Scaleレビュー


自然と腕に収まるデザインで自然に装着可能



パッケージはXiaomiブランドではなくAMAZFITブランドで、世界中での展開&オフライン販売を想定したパッケージ。スーパーや家電量販店に並んでいても、全く不思議に感じないものでした。シンプルなものもいいですが、こういう「いかにも」なパッケージもテンションが上がります。


パッケージ内はXiaomiらしく非常にシンプル。説明書(英語)の他には充電ケーブルのみでした。


AMAZFITはMi Band(レビュー)シリーズのようにバンド部と本体を取り外すことは出来ないため、充電端子は本体の裏面に搭載。意外とMi Bandでは着脱機構がネックになり、バンドがちぎれてしまうことも(私もちぎれました)あり、一体型のほうが汚れもたまらず良さそう。

充電端子と充電器はマグネットで固定。そこそこの強さで固定されるため、とりあえず付けておけば簡単に外れるということもなく充電が可能。このあたりもツメはしっかりしているのは好感が持てます。


とりあえず腕に装着。普段は写真のように消灯しており、傍から見れば画面の付いていないただのバンドのような感じ。腕時計と組み合わせても、もしくはAMAZFIT単体で利用したとしても、違和感がなく自然に装着していられます。




初期設定状態での表示項目は上の通り。腕を腕時計を見るような形で振ると自動で時計表示がされ、時刻を簡単に確認可能。普段機械式の腕時計を使っているため、正確な時間をバンド上でデジタル表示で確認できるというのはそれはそれで役に立ちました。

画面下部に(写真には写っていないものの)静電容量式のボタンが配置。この部分をタップするごとに初期設定では、【時計⇨歩数⇨心拍数表示(最新)⇨心拍数測定】と推移。バンド上でデータの確認だけでなく、心拍数測定機能も簡単に実行できるのは使い勝手が良い印象。

スマートフォンとの接続で、通知の確認も、データの同期もOK




専用アプリである"AMAZFIT"を利用するとでバンドで集めた各種データの確認が可能。自身の情報を入力しておくことで、自身の健康状態に関しても簡単に診断し、確認することが可能です。



もともとXiaomi Mi Band(レビュー)を利用していた私はMi Fitをデータ収集に利用していました。そのMi FitでもAMAZFITとの同期が実は可能。今回はMi Fitを本機に接続し、利用していきます。(上のMi Fitは先日のメジャーアップデート前のもの)

Mi Fitでも写真のように、AMAZFITの情報をバッチリ収集。ブランド名こそ別ですが、同じXiaomiの製品群のひとつだけあり、Mi Bandのときと同じように設定が可能。


アプリの通知の同期にも対応しており、SkypeやLINEなど対応している一部のアプリでは通知の際にアプリのアイコンが表示。ディスプレイが小さいため、内容までは確認できないもののどのアプリで通知が来たのか確認できるのは有り難いところ。

健康状態の確認はおまかせ



Mi Fitの画面はこんな感じ。私の場合、このAMAZFITの他に、Xiaomiの体組成計(レビュー)も利用しているため、体重や、体脂肪率、その他の体の状態に関しても表示されています。(手動入力も可能)

毎日睡眠状況や歩数に関して、AMAZFITと自動で同期することで、データを簡単にグラフなど視覚的にも分かりやすい状態で確認することが出来るのです。



歩数の確認画面は上の感じ。先日Mi Fitがバージョンアップしたことで、かなり鮮やかな色使いで自身の歩数や、日常のウォーキングのレベルに関して確認可能。歩いた距離や、消費したカロリーも表示してくれるのは嬉しいところ。



睡眠計測に関しても、自身の睡眠の質に関しても確認可能。私の場合は、寝る時間が遅い!と怒られてしまっています。また、睡眠の質も若干低いようで、気になるところ。

過去7日間の睡眠の状況に関しても自動で集計し、その状態をチェックできるだけでなく、Mi Fitユーザーの中での立ち位置も把握できます。


心拍数測定の結果も上の通り自動で同期。AMAZFITには、定期的に自動で心拍数を測定する機能は備わっていないため、手動で実施したデータのみが同期されている形ですが、ひと目で分かるというのは頼もしいところ。

健康管理の頼もしい味方に、そして便利でした



今回レビューしたAMAZFIT A1603 Smartband。デザインは同等の機能を持っていたMi band 2よりも更にスタイリッシュにまとまり、それでいながら歩数計・睡眠計測・心拍数測定・通知機能など豊富な機能を備えた高機能モデル。現在、中華通販サイトのGearBestでは38ドルで販売中。日々の健康管理にスマートバンドを追加して、より健康的な夏を迎えてみてはいかがでしょうか?

たったの22ドルのスマートバンド、Mi Bandを活用!
【Xiaomi 体組成計】使い方は乗るだけ。10もの項目を一気に測定できるスマート体組成計、Xiaomi Smart Weight Scaleレビュー



Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

0 件のコメント :


旅行記

[旅日記][grids]

オーディオ

[オーディオ][threecolumns]

ガジェット

[ガジェット][threecolumns]