レビュー

[レビュー][threecolumns]

【Ulike Air 2】男性の剛毛もパワフルに除毛できる性能と、冷却機能で照射時の痛みを軽減して長時間使える光脱毛器、Ulike Air 2レビュー【PR】


ガジェットブロガーとしてスマートウォッチをレビューしたり、他の製品をレビューするときに気をつけているのがムダ毛。最近の当ブログの記事ではレビュー時に見苦しくならないよう注意していますが、他のブログを拝見しているとなかなか気になるブログもあったり。ムダ毛に対しての対処法は剃ることですが、面倒、かつ、肌へのダメージが気になってしまうもの。かといって医療脱毛は費用も手間も大きく厳しいもの。

今回高性能な脱毛器を多く販売するUlikeより、最新の光脱毛器Ulike Air2を提供していただいたのでご紹介。クーポン適用後でも48,000円(記事執筆時点)となかなか高価格な製品ですが、確かな効果を確保している製品。光脱毛器を使う際のネックである痛みも冷却機能で軽減してくれる製品。今回は実際に3週間に渡って利用してその性能をチェックしました。

本記事では実際に照射した部位とそうでない部位の比較などを写真を用いて確認できるようにしています。後述する結論を書いてしまうと、3週間ほどの短期間でも髭は全体的に量が減り、そしてスネ毛と腕の毛はかなり減らすことができその除毛性能を実感できました。世のムダ毛に悩まされている男性諸君に絶対にオススメしたい製品でした。

Ulike Air 2のクーポン情報

Amazonならびに楽天での特別クーポンをいただきました。
・Amazon:クーポンコード【KAMK3EXY】12,900円オフの45,100円



シュッとした見た目と、確かな性能を両立したデザイン




一応ガジェットブログなこともあり、本製品の見た目についてもチェック。パッケージは白一色で化粧箱というよりはちょっと無骨な感じもある厚紙製。なお、模倣品や偽造品を防ぐことが目的のAmazonのプログラム「Transparency」を利用しており、パッケージに貼り付けられているコードで正規品かどうかを確かめられるようになっているとか。



付属品は本体のほかに、電源アダプター、キャリングポーチ、防護メガネ、カミソリ、説明書。ACアダプターに関してはメガネケーブルと、アダプター部に分かれておりコンセントのタップ部分がコンパクト。また、総延長が比較的長いため利用場所から少し奥まってしまったとしても延長ケーブルなしで利用できます。

ACアダプター部分は比較的大型。過去に利用したことのある安物の光脱毛器のアダプターに比べて2まわりは大きい印象。それもそのはずで、最大出力は67.2Wと高出力。後述する冷却機構と、効き目に直結する光出力のパワーで、それだけ電力を利用するわけです。



説明書に関してはすべて日本語化。光脱毛器はいくら家庭用の製品といえど使い方を誤ると皮膚の疾病に直結する製品でもあり使い方には注意が必要。具体的にどのような状態の肌に利用するべきか、といった点も詳細に記載してあるのは好感が持てます。



デザインは光脱毛器とは思わせないダークグレーをまとったスタイリッシュな仕上がり。脱毛器だと説明されてないとぱっと見るとなんのための製品化分からないため、よく使う場所に置いておいても部屋の景観を損ないません。私の場合はダイニングの椅子に腰掛けて皮膚に光を当てるためダイニングそばの棚に置いていますが変に目立つことがないのは嬉しいところ。

Ulike Air 2の一番の特徴と言えるのがこの光照射部。男性の濃い体毛や髭を脱毛するため本製品は21Jの強力な照射能力を確保。この最高レベルモードであっても100万発の照射が可能となっており、使い続けていても使えなくなる心配がありません。他社にあるようなカートリッジ交換も不要で、快適に使い続けられます。

また、ヘッド部分にはUlike独自の冷却機能「サファイアクーリング機能」を搭載。光脱毛器は利用しているとどんどん照射部が熱くなりとても肌に当ててられない状況になったり、また、光を当てた部位もその痛みで冷やしたくなったりと、冷やしたくなる場面が多め。ヘッド部分を10℃まで強力に冷やすことで、肌の痛みを軽減しそして本体自体も冷やしてくれるのだから嬉しいところ。なおこの冷却機能は連続30分利用しても継続できるのも嬉しいポイントです。

      


そんな強力な光照射と冷却能力を安定的に実現するためUlike Air 2はかなりパワーのあるファンを搭載。背面と底面には巨大な通気孔を用意しており本製品を的確に冷却し続けられるようになっています。

電源アダプターの接続部は底面で、前述したように67.2W(24V/2.8A)の高出力な電源を利用しています。電源アダプター部分は少なくとも2mほどは伸ばせるため引っ張りすぎてアダプターが抜けてしまうと言ったことはありません。

確かに効果を感じるパワーと、一気に処理できる冷却性能が嬉しい




電源を繋いでONにすると、「ウイーン」という音を立ててファンの回転が始まり、冷却機能である「サファイアクーリング機能」が開始。起動直後から自動的にヘッド(照射部)の冷却が始まり実際にヘッドに手を当ててみるとひんやりと言うよりも普通に冷たくなっており照射時の肌の負担を軽減できるようになっていることが分かります。

基本的にずっと冷却しているため確認するほどでもありませんが、本体表面のインジケーターには冷却を示す氷マークも表示されます。なお、このインジケーター部分で現在選択しているパワーモードが表示されどのレベルで照射しようとしているか一目で確認できるようになっています。

ここから実際の皮膚(男性)の写真を掲載しますので見たくない場合はページを閉じてください。


      

今回のレビューにあたって脱毛をしたいと思っていた部位は次の通り。本記事をお読みの男性諸氏も同じように悩んでいる方が多いはずの、手指~腕、スネ、そして髭に徹底的に照射していきます。一般的な成人男性の中ではおそらく平均的な毛の濃さ(腕やスネはボーボーに長く伸びるほどではないが、髭は夜にはそれなりに濃くなるレベル)と思われますが、基本的に照射は最高モードで行いました。


光を照射する際には髭やスネ毛はあらかじめ剃っておくとベター。光脱毛器の原理として発毛組織のメラニン色素に熱を与えることで抑毛効果を確保していくため、毛が残ったままだと毛自体のメラニン色素に反応し不必要に肌が熱く感じたり、痛みを感じてしまうことに。このため、朝か前日の夜のうちに一旦剃っておくとよいわけ。ただ、ある程度抑毛してからだと剃らなくても利用できるため最初だけと思って良いかも。

本機は部位に応じて2種類の照射モードがあり、一つはフラッシュ(照射)ボタンを長押しし続けることで利用できる連続照射モード、もうひとつが都度照射していくスポット照射モードです。基本的にはどの場所も連続して当て続ける感じで、連続照射モードをずっと利用していました。


光脱毛器に限らず医療脱毛でもよく言われるのが照射時の痛み。たとえで多いのが「輪ゴムでパッチンされている感じ」と言いますが、この痛みの表現の通りの痛みを感じます。ただ、ヘッド部が常時冷却されているため、冷やしながら痛みを感じ、そのまま冷やされて次の部位へ、という感じで痛みが続くことはないという感じ。

個人的に勇気と胆力が必要と感じたのが髭。私の場合、朝起きて髭を剃ってからそのまま光脱毛器を当てていくのですが、発毛組織のメラニンが濃いのか、それとも一定程度ある剃り残しに反応しているのかとにかく痛い。下顎のラインは髭剃りで剃りづらい場所で特に念入りに抑毛したいわけですが、その分痛いのは覚悟が必要です。ただ、痛いだけの価値は後述しますがあると言って良さそうです。


      

まずはスネ毛の状態から。今回はスネ毛については抑毛効果を確認できるように片脚のみに光を照射していきました。照射ペースは概ね2~3日に1回。だいたい3週間このペースで基本は朝に髭を剃ったあとのタイミングでレベル5で照射しました。なお、今回の髭、腕、脚の3箇所の光照射はだいたい10分~20分で行っており、週3日ほど続けるのも無理なく続けられました。

当初は定期的にスネ毛も剃っていましたが、本写真では最後にスネ毛を剃ってから大体2週間経ったあとの状態。個人的にはかなり驚かされるレベルでスネ毛の量が異なっています。左脚(写真だと右)は部位によっては毛が生えなくなっており、残っている部分も本数と長さが短くなっています。

全体的に見ても左脚は毛が少なくなったこともあって血色がよく感じる印象。毛を剃っていたころはどうしてもカミソリ負けに苦しんだり、除毛クリームを使ったときも利用後の肌のヒリヒリ感に悩まされましたが、自然と毛が減っていったのは肌の負担を考えても素晴らしい結果でした。足の指の毛はかなり減っており、足の甲についても短く、薄くなっておりもう少し続けていればよりきれいになるはずです。



ひげに関しては比較対象を用意しておらず(レビュー開始時は髭の抑毛効果を期待していなかったためビフォーすら撮っておらず)比較できませんが、明らかに本数が減った印象。悲しいことに以前は4枚刃の電動シェーバーですら髭が引っかかることがありましたが、毎朝の髭剃りがかなり快適に。

ただ、3週間では「髭が全体的に減ってきたかな?」と思えるものの、脱毛できた、と思えるほどではないためより長期的に利用する必要がありそう。ただ、すでに髭が減ってきたことで朝の髭剃りの時間を短縮し、光脱毛器を当てる時間自体も短くなってきているため続けるのは苦ではなくなってきています。

もう一つ嬉しかったのが、顔全体と首周りの肌荒れが明らかに減ったこと。これも髭剃りが楽になったことと同じですが、髭剃りの際にカミソリ負けをしなくなったことで肌全体の傷は減った感じ。特に私は首まわりの肌荒れに悩まされていましたが、抑毛させてからはこの肌荒れがなくなり快適に。顔の肌がきれいと言われることも心なしか増えており肌全体への効果を感じます。


長期間利用していると徐々にヘッド部分に汚れがついていくのは注意。定期的にアルコールティッシュなどで拭き取ってあげると良いかもしれません。長く使えば使うほど効果が出そうですしね。

脱毛・抑毛を検討するなら持っておいて損はない一品。手軽に効果を実感できる製品



今回レビューしたUlike Air 2光脱毛器は、なかなか値段の張る48,000円(記事執筆時点)という製品ではありましたが、男性こそ気になる髭も、意外と目立ってかつ不快感のあるスネ毛、半袖では目立つ腕も1ヶ月ほどの短期間でも抑毛効果を感じられる、確かな効果のある製品でした。日々習慣として使うためにも重要になる痛みも、Ulike独自の冷却機構で負担を最小限に抑えられたのも魅力的でした。

今の時代は男性であっても人目に付く場所の毛を減らしておくのは、もはやエチケットとも言えるほど一般化しています。ぜひ、Ulike Air 2でムダ毛を一気に減らして毛の悩みのない生活を手に入れていただければ。脱毛サロンや医療脱毛に比べたら費用も非常に少ないですしね。私自身は髭などはほとんど生えてこないレベルまで続けて行きたいとも思っており、今後の効果が楽しみです。

Ulike Air 2のクーポン情報

Amazonならびに楽天での特別クーポンをいただきました。
・Amazon:クーポンコード【KAMK3EXY】12,900円オフの45,100円



コメントを残す
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

0 件のコメント :


中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

オーディオ

[オーディオ][threecolumns]

旅行記

[旅日記][grids]

ガジェット

[ガジェット][threecolumns]