レビュー

[レビュー][threecolumns]

【スマートウォッチ5選】24時間の心拍数・血中酸素飽和度測定に対応!1万円以下のAmazfit Band 7からWear OS採用のTicWatchまで、登山やスポーツにも使えるスマートウォッチ特集


北海道の旭岳では全国に先駆けて紅葉がスタート。これからの季節は北日本の山から徐々に木々が色づきはじめ紅葉の見頃を迎えていきます。そんな季節は山登りをしたり、のんびり過ごせるリゾート地で紅葉を楽しみたいもの。先日は紅葉を楽しむのに良いホテル特集も掲載いたしました。さて、そんな登山であったり、秋のアクティビティをするときに気になるのが健康状態。標高が高くなると空気も薄くなりより体の状態を気にする必要があります。

     
標高の高い地域での登山には健康管理は必須

そんな登山の際のルート確認や、スポーツの際の健康状態の監視、そして日常的な睡眠測定などはスマートウォッチが得意。今回は当ブログでも多くご紹介してきた高機能なスマートウォッチを一気にご紹介。ルートナビゲーション機能搭載のモデルから、血圧測定に対応したモデルまで秋のアクティビティをもっと楽しめるスマートウォッチです。




Wear OS搭載ながらバッテリー持ちも○。TicWatch Pro 3 Ultra GPS



まずはWear OSを搭載しスマートウォッチ本体で電話も、LINEなどSNSの返信も、サードパーティ製のアプリもフルで利用できるTicWatch Pro 3 Ultra GPS。名前の通り日本の準天頂衛星システム「みちびき」にも対応した高度な位置測定にも対応したモデル。スマートウォッチ向けのSoC(=CPU)では最高峰に位置するQualcomm Snapdragon Wear 4100を採用し高いスペックも実現しています。

     

そしてTicWatch Pro 3 Ultra GPSの最大の特徴がAMOLEDの高精細・高発色のディスプレイに加えて、消費電力の少ないFSTNディスプレイの2層式となっていること。これによりWear OS搭載スマートウォッチの最大の難点であったバッテリー持ちの問題を解消。高性能でありながらバッテリー充電のストレスを軽減しています。

Wear OSの採用によって、Android向けアプリの中で対応しているものはインストール時にTicWatch側に自動的に転送。アウトドアであればヤマレコ等も対応しており、スマートウォッチ側に転送した地図と現在地を表示することも可能。また、Movboi独自のTicExerciseアプリで100種類以上の運動を記録することも可能。登山についても高精度な記録を実現します。

     

健康監視機能も非常に高性能で、運動中はもちろんのこと日常的な24時間の心拍数・血中酸素飽和度測定にも対応。健康状態の変化にいち早く気がつくことができ、健康管理の面でも大きく貢献。睡眠計測も自動で行えるため、普段の体調を統合的に管理するにはうってつけです。


そんな高性能なTicWatch Pro 3 Ultra GPSは2万円台という価格で販売中。Wear OSの利便性と高度な健康監視機能、そしてWear OS搭載機とは思えない電池持ちを実現した製品。秋の行楽シーズンの強い味方になること間違いなしです。



ルートナビゲーションに対応しながら、連続GPS利用最大58時間のAmazfit T-Rex 2



秋の行楽シーズンに合わせてキャンプを伴う登山にでかけたり、シルバーウィークを活用して数日間の旅行に行く、ということも想定されるはず。そんなときにはいくらバッテリー持ちが良いといってもWear OS搭載のTicWatch Pro 3 Ultra GPSでは心もとないことも。GPSの連続利用時間が最大58時間(省電力)、そして通常利用でも24日間の驚異のバッテリー持ちを実現したAmazfit T-Rex 2なら安心できます。

      
ルートナビゲーション機能で進むべき方向を確認できる

Amazfit T-Rex 2は24時間の心拍数・血中酸素飽和度(SpO2)測定による高度な健康状態の監視機能と、デュアルバンドGPSによる高精度な位置測定機能を搭載したスマートウォッチ。GPX形式のGPSのルート情報の読み書きにも対応しており、ルートナビゲーション機能も利用可能。日常的な健康監視はもちろん、登山やランニング、サイクリング時に運動の状況を把握するのはもちろん、現在地と予定ルートとの位置関係も把握可能。

          

そして他のスマートウォッチを凌駕するタフネスさも魅力。最高70℃、最低-30℃の環境でも動作し、15種類の米軍規格のMIL試験をクリアする強靭さも兼ね備えています。例えば登山の際にぶつけてしまっても動作にまったく支障がなく、アクティビティ時にも安心して利用できる製品。

     

LINEなどのSNSへの返信にも対応

そんなAmazfit T-Rex 2は40,000円強で販売中。値段は高めではあるものの、1週間に渡る長期間の旅行や登山であっても充電せずに使い続けられるバッテリー持ちと、高度な健康監視、そしてGPSにルートナビゲーション機能とこれでもかと充実した性能はこれからの季節にはぴったりなはず。


街歩きにも、オフィスでも、運動中でも。どんな場所でも戦えるAmazfit GTR 3 Pro



これまでご紹介したTicWatch Pro 3 Ultra GPSも、Amazfit T-Rex 2のどちらも、機能とバッテリー持ちと秋のアクティビティに最高の性能を持ったモデルでした。ただし、デザインはG-SHOCKに代表されるようなタフネス型。今の時代はビジネスでもタフネススマートウォッチが当たり前とはいえ、TPO的に怪しいところもあります。どんなシチュエーションでも使いこなせる万能なデザインを実現したのがAmazfit GTR 3 Pro。


1.45インチ・480×480の高精細なAMOLEDディスプレイを搭載し、時計の文字盤や通知のみやすさを実現。加えて通常の時計と遜色のないスタイリッシュなデザインで、堅い職場でも、もしくはお客様先訪問といった場面でも安心して利用できるわけ。実際に使っていると、普通の腕時計と勘違いされることも多いですし。

      

スマートウォッチとしての機能性は十二分に確保。Amazfit GTR 3 Pro単体での電話の音声通話や、LINEなどの簡易的な返信機能も搭載。高い利便性を実現してくれます。それでいながらバッテリーは数日間余裕で動作するため、旅行の際にいちいち充電器を持っていく必要がないのもポイントです。


健康監視機能も充実しており、24時間の心拍数・血中酸素飽和度測定機能は標準搭載。睡眠時の睡眠データ記録ももちろん可能です。運動時には100種類以上の運動に合わせて心拍数・SpO2を記録し運動状況の分析も行えるため、スポーツ向けのスマートウォッチと変わらない性能を実現しています。



低価格でも見やすい画面と高機能を実現。1万円台のAmazfit GTS 4 Mini



次に紹介するのは1万円台という低価格でありながら24時間の心拍数・血中酸素飽和度のモニタリング機能に対応したAmazfit GTS 4 Mini。これまでご紹介した製品の中で最も大きい1.65インチ・336×384のAMOLEDディスプレイを採用し、高い視認性を確保したモデルです。


デザインは元祖スマートウォッチのデザインを踏襲したスクエア型。このディスプレイ形状でスマートウォッチに届く通知や、天気予報、体の健康状態などを簡単に確認可能。低価格モデルでありながら直射日光下であっても見やすいAMOLEDを採用しており、どんな場所でも視認性を確保しているのも嬉しいポイント。


都市型のデザインをしたスマートウォッチでありながら、Amazfit GTS 4 Miniは120種類以上の運動の記録に対応。GPSを始めとした位置測位には日本の準天頂衛星システム、みちびきにも対応。日々のランニングやウォーキング、サイクリングはもちろんのこと、登山の際にも高精度な運動計測を実現します。

健康監視機能も充実しており24時間の心拍数・血中酸素飽和度測定は他のモデルと同じく対応。常に健康状態を監視し体の異常にいち早く気がつくことが可能です。なお、Amazfit GTS 4 Miniは電池持ちも非常によく、標準利用では15日間利用できるというのも魅力的。日々の健康状態を管理しつつ、見やすい大型の画面で重要な連絡を見逃さない利便性と健康管理の両立を実現したハイコストパフォーマンスモデルです。


7,000円台でも健康監視機能と、見やすい大型画面を実現したAmazfit Band 7



最後にご紹介するのは9月16日に発売されたばかりの最新スマートウォッチ、Amazfit Band 7。クーポン適用で6,980円で購入できるにも関わらず、24時間の心拍数測定と血中酸素飽和度測定に対応したスマートバンド。1.47インチ198×368の大型・高解像度AMOLEDディスプレイを採用し、時計としても、スマートバンドとしての通知の見やすさも両立した製品。


Amazfitのスマートウォッチの多く(本記事ではAmazfit GTR 3 Pro・Amazfit GTS 4 Mini)と同じくAmazfit Band 7もAmazon Alexaを搭載。声だけでちょっとしたことを質問したり、アラームをセットしたりできるためスマートフォンを取り出さずとも必要な情報を簡単に確認することも可能。


運動計測は120種類以上のモードから選択可能。Amazfit Band 7単体ではGPSを搭載しておらず、スマートフォンとの接続時にはスマートフォン側での測位情報を利用するといった制限はあるものの、大抵のシチュエーションでは問題なくルートも記録可能。最大50mの水深に耐える防水性能も持っており、アクティビティを強力にサポートしてくれます。

バッテリーも232mAhとスマートバンドの中では大容量。標準的な利用では18日間充電無しで利用でき、充電いらずに使えるのも魅力的。数日間の旅行ではバッテリー残量を気にする必要はもうありません。そんな性能で6,980円、最強ですよね?


これからの秋の季節に高性能なスマートウォッチ。ぜひお試しを


TicWatch Pro 3 Ultra GPS

今回ご紹介したスマートウォッチ5機種はすべて、24時間の心拍数と血中酸素飽和度測定に対応し高い健康管理機能を実現した製品たち。加えてAmazfit Band 7以外のどのモデルも運動計測の際に正確な位置を測定するためGPSはもちろん、日本の準天頂衛星システム「みちびき」にも対応して健康管理機能と運動計測、そしてスマートウォッチとして重要なスマートさを兼ね備えています。

これから紅葉の美しくなる季節。ぜひ、スマートウォッチを持って日本の秋の美しい山々を目指してみてはいかがでしょう。当ブログでは秋の紅葉特集も実施中。まだまだ予約は間に合います。日々の疲れは山と温泉で癒やす、そんな夏の旅行にスマートウォッチをぜひお試しください。




コメントを残す
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

0 件のコメント :


中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

オーディオ

[オーディオ][threecolumns]

旅行記

[旅日記][grids]

ガジェット

[ガジェット][threecolumns]