レビュー

[レビュー][threecolumns]

【Xiaomi Mix 4】インスクリーンカメラ採用で完全ベゼルレスを実現!Snapdragon 888 Plusに1億画素のカメラ、120W充電が魅力のXiaomi MIX 4ついに登場!8万円台で購入可能!


先日開催された中国・Xiaomiの新商品発表会。先に当ブログでは、5G接続にも対応し、Snapdragon 870・2.5Kの高解像度ディスプレイ採用のタブレット、Xiaomi Pad 5について特集しました。本記事では、最も注目されていた最上位スマートフォンである、Xiaomi MIX 4をご紹介。

Xiaomi MIX 4は、2016年に登場したほぼ前面ベゼルレスを採用し、先進的な技術を織り込んだコンセプトスマートフォン、Xiaomi Mi MIXから続くXiaomi MIXシリーズの最新モデル。Mi MIX 3は2019年の発売だったため、実に2年ぶりの登場。Xiaomi MIX 4では、フロントカメラのインスクリーン化や、1億800万画素のメインカメラ、そしてQualcommの最新プロセッサーであるSnapdragon 888 Plusを採用し、パットしなかった前作から大きくパワーアップして登場しました。 

なお、すでにGIZTOPでは予約受付を開始中。8GB RAM/128GBストレージ版は899ドルで8月20日から発送を開始とのこと。かなりスピーディーに発送まで辿り着けそうでかなり気になるところ。なお、クーポンコード"2PMIX4"で2%オフで購入可能です。



Xiaomi MIX 4のスペック



  • ・液晶: 6.67インチ 2400 x 1800・120HZ駆動
  • ・CPU: Qualcomm Snapdragon 888 Plus
  • ・OS: MIUI 12.5 (Android 11ベース)
  • ・RAM + ROM: 8/12GB RAM(LPDDR5)+128/256/512GB(UFS3.1)
  • ・カメラ: 1億800万画素+1300万画素+800万画素(バックカメラ)、2000万画素(フロントカメラ・インスクリーンカメラ)
  • ・指紋認証: 搭載(画面内)
  • ・Bluetooth: 5.2
  • ・USB:Type-C
  • ・バッテリー:4500mAh・120W充電
  • ・重量:225g(本体のみ)
  • ・大きさ:162.65mm*75.35mm*8.02mm
  • ・Wi-Fi:Wi-Fi 5、Wi-Fi 4、802.11a / b / g
  • ・ネットワーク:
    • ・5G :n1 / n3 / n5 / n8 / n28 / n41 / n77 / n78 / n79
      ※n1,n3,n5,n8,n28はソフトウェアアップデートで対応
    • ・4G:FDD-LTE :B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12 / B17 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28
    • ・TDD-LTE:B34 / B38 / B39 / B40 / B41 / B42
    • ・3G:WCDMA:B1 / B2 / B4 / B5 / B6 / B8 / B19 ; CDMA EVDO : BC0
    • ・2G:GSM:B2 / B3 / B5 / B8 ; CDMA 1X : BC0

3Ghz駆動のQualcomm Snapdragon 888 Plus採用




Xiaomi MIX 4はQualcommの最新SoCである、Snapdragon 888 Plusを採用。CPUであるCortex X1は最大3Ghzまで向上し、AIエンジンについてもSnapdragon 888から比べて23%も改善。Antutuベンチマークでは830,000点という性能を実現。

ここまで来ると、どんなにハードな使い方をしたとしても不満を感じる場面はありえないはず。というよりも、現時点ではXiaomi MIX 4がほぼ最高のスペックを誇るAndroidスマートフォンであり、不満を感じるはずがない、というのが正しいレベル。

120Hz駆動の6.67型インチ(2400×1080)AMOLEDディスプレイ



ディスプレイは6.67インチの2400×1080(400PPI)超高解像度ディスプレイを採用。120Hz駆動により通常のスマートフォンに比べてなめらかな画面描写を実現しました。タッチ感度は480Hzでどんな些細な指の動きにも反応できるのも、Snapdragon 888+による高い性能も相まって直感的な操作を可能とします。

HDR 10+・Dolby Visonに対応し、映像作品を見る場合でも鮮やかな映像が楽しめるのも魅力。画面の端はカーブした3Dディスプレイで、側面部にかけても画面が広がり、デザイン性が向上しています。


Xiaomi MIX 4では、OPPOなどが一部モデルで先行していたインスクリーンカメラ「Xiaomi CUP」を搭載。他社ではフロントカメラの画素数を犠牲にして搭載していたディスプレイ内部にカメラを埋め込んでしまうこの方法について、カメラ周辺のディスプレイのピクセル領域を減らし、カメラ周辺の回路設計の見直し、ディスプレイに波のような形状をさせることで光の透過量を増やすことで、2,000万画素のカメラを埋め込むことに成功。数々の革新的なテクノロジーによって高画質なカメラを、ディスプレイの下に埋め込むことに成功しました。


フロントカメラの画素数は2,000万画素を確保。画像素子は各色が1.6μmという小型化を果たしたことでインスクリーンという条件下でも高解像度を実現。また、ディープラーニングに基づいたアルゴリズムによって、自然な肌の色の自撮り画像が撮影可能。


メインカメラでの作例

バックカメラは1億800万画素のメインカメラを採用。広角カメラは1300万画素、そして最大50倍ズームに対応した800万画素の望遠カメラのトリプルカメラ構成。1億800万画素のメインカメラは、1/1.33インチの大型センサーを採用。細部を美し捉えることで、簡単に雄大な写真を撮影可能。光学手ブレ補正も搭載しています。



1300万画素の広角カメラは、ドライブレコーダーの広角モード等と同等レベルの120°の視野角を実現。視野角の広い広角レンズで気になってくるのが端しにかけてひどくなる歪み。Xiaomi MIX 4では超広角融合技術によって、実際の見たままを再現し、上のような四角形も歪みなく撮影が可能。


800万画素の望遠レンズもOIS(光学手ブレ補正)を搭載。上のように5倍程度では粗さが気にならず、50倍でデジタルズームらしい粗がのってくる印象。かなり実用的なレベルまで仕上がった印象です。

高スペックでも高い排熱性能で駆動時間を確保




スマートフォン、特に高性能な製品で問題になることが多いのが発熱。先日レビューしたXiaomi Mi 11 Lite 5Gは、Snapdaron 780Gの高性能さと、圧倒的な軽量さ、そして薄さが魅力だった反面、本体がすぐに熱くなって放電が進んでしまうという弱点もありました。

Xiaomi MIX 4では効率的な放熱を実現するため、1,232m㎡もの面積を確保した3Dグラフェンシートを採用。総熱放散面積は11,588m㎡と大きく効率的な排熱によりマザーボードの温度上昇を回避するようになっているのがポイント。

また、放熱を抑えることでバッテリー持ちも向上させるバランスモードも搭載。チャット時も、動画閲覧時でも、熱くなりがちなナビゲーション利用時でも温度上昇を抑え、バッテリーを長持ちさせることが可能。




通信速度を向上させるのはただ、5G対応すれば良いというわけではありません。Xiaomi MIX 4は19箇所のアンテナと42ものバンドに対応することで高品質な通信環境を確保。また、自動でどこに端末があるかを認識して地下鉄駅や病院、劇場などの8モードからネットワークを最適化します。

対応バンドは以下の通り
  • ・5G :n1 / n3 / n5 / n8 / n28 / n41 / n77 / n78 / n79
    ※n1,n3,n5,n8,n28はソフトウェアアップデートで対応
  • ・4G:FDD-LTE :B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12 / B17 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28
  • ・TDD-LTE:B34 / B38 / B39 / B40 / B41 / B42
  • ・3G:WCDMA:B1 / B2 / B4 / B5 / B6 / B8 / B19 ; CDMA EVDO : BC0
  • ・2G:GSM:B2 / B3 / B5 / B8 ; CDMA 1X : BC0


有線充電は最高120Wでの充電に対応。通常モードでは21分で100%まで、ブーストモードを利用すれば僅か10分で80%、15分で満充電することが可能。ワイヤレス充電も最大50W給電に対応し静音モードで45分、ブーストモードなら28分で満充電が可能。これまでのスマートフォンの給電の常識を覆すスピードで充電でき、充電し忘れという概念がなくなるかもしれません。

圧倒的性能と美しいデザイン。それでいてXiaomi MIX 4は8.5万円から




ここまでご紹介したXiaomi MIX 4。デザインも、インスクリーンカメラも、圧倒的に美しくカメラが見えなくなったディスプレイも、Snapdragon 888 Plusによるストレスフリーも、1億800漫画そのカメラも、その全てが魅力的なモデル。すでにXiaomiの公式通販では予約を開始していますが、8GB RAM+128GBストレージ版は4,999元(約8.5万円)という価格。気にならないわけがないですよね?

なお、すでにGIZTOPでは予約受付を開始中。8GB RAM/128GBストレージ版は899ドルで8月20日から発送を開始とのこと。かなりスピーディーに発送まで辿り着けそうでかなり気になるところ。なお、クーポンコード"2PMIX4"で2%オフで購入可能です。


Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

0 件のコメント :


中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

オーディオ

[オーディオ][threecolumns]

旅行記

[旅日記][grids]

ガジェット

[ガジェット][threecolumns]