レビュー

[レビュー][threecolumns]

【Banggood×Xiaomi】Xiaomiのスマートフォンが安い!最新Redmi Note 10が199ドル!AMOLED搭載・4800万画素カメラのモデルを始め激安です


新年度もいよいよスタート。決算期が3月の会社は部署によってはこれから決算処理に忙殺されるそんなタイミングがやってきました。新年度の初めは仕事でもプライベートでもどうしたいのか考えるには絶好の機会。日常生活の多くを依存するスマートフォンをブラッシュアップして良いものにするというのも新年度をよりよいものにするのに大事かも。

4月6日からBanggoodではXiaomi製品が安くなるMi Fan Festival 2021を開催。その前哨戦として日本でもRedmi Note 10 Proの発売が決定し、国内でも注目を集めるXiaomiのスマートフォンのセールがスタート。Snapdragon 678を搭載したXiaomi Redmi Note 10が199ドル~など魅力的な価格が一気に登場しました。

Snapdragon 678に4GB RAM、AMOLEDディスプレイのRedmi Note 10が199ドル



今回の一番のセールスポイントは日本で発売が決定した1億800万画素カメラが自慢のXiaomi Redmi Note 10 Proの兄弟機にあたるXiaomi Redmi Note 10。カメラの最大画素数は4800万画素とProに比べると見劣りするものの十分すぎる性能を実現したモデル。

SoCはSnapdragon 678、4GB RAMに64GBストレージを搭載しスペック面ではミドルハイの水準。とはいえ十二分に使える性能なのは読者の方なら分かるはず。ディスプレイは6.43インチのFHD+解像度のAMOLEDディスプレイ。AMOLEDらしい鮮やかで明るい発色が期待できるわけ。



以前最廉価モデルであるXiaomi Redmi 9Cをレビューし、99ドルでこの水準ならという評価をしましたが上位モデルである無印Redmi 9が109ドルまで値下がり。SoCはMediaTek Helio G80を採用し4GB RAM、64GBストレージを採用。ディスプレイは6.53インチの2340×1080の高精細なものを採用しRedmi 10に比べると若干見劣りするものの十分すぎる性能を確保したモデル。






その他にもXiaomiの最新スマートバンドであるMi Band 6や、小型プロジェクター、さらにはRedmiBook Proもセール中。個人的には小型サイズでありながら高精細なプロジェクター、Wanbo T2MAXはかなり気になるところ。Core i7にGeForce MX450を搭載したノートPC、Redmi Book Proもメインノートとしてはかなり良さそうですしね。





Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

0 件のコメント :


中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

オーディオ

[オーディオ][threecolumns]

旅行記

[旅日記][grids]

ガジェット

[ガジェット][threecolumns]