レビュー

[レビュー][threecolumns]

【今年のベストバイガジェット2020】一日の大半の時間は仕事。だから仕事のパフォーマンスを上げるアイテムを。モバイルディスプレイLepow Z1がベストバイ


本日は12月5日。2020年は新型コロナウイルスに始まり、そしてその第3波で幕を閉じるというなかなか厳しい1年間でした。というか、まだまだコロナウイルスの感染も、それによる経済への影響も続いており銀行員としてはかなり厳しいものを感じる今日この頃。Go toキャンペーンについても賛否両論で心置きなく旅行をできるわけでもなく、出来ることは買い物くらいかも。ガジェオタならガジェットを買って経済を回すのも良いですよね。

前置きが長くなりましたが、本記事はGeekdays管理人のぜろ様の企画している「今年のベストバイガジェット」5日目の記事。昨日12月4日はちょろめ様の「【ベストバイガジェット2020】電池持ちの良さに負けたAQUOS sense3」でした。今年のベストバイ、スマートフォン多いですね。それだけ、高性能なスマホが安価に、かつ、輸入せずに手に入るようになったということでしょうか。明日は【もくだいさんのOffice365至高のレシピ】のもくだい様です。



昔のベストガジェットの振り返り


【ガジェ獣2019】全然物を買わなかった一年。去年までに買って今でも愛用しているモノを一挙確認。物持ちよく生きていく
【ベストバイガジェット2017】ブログも、写真も、動画も、ゲームも完璧。6コア12スレッドのCore I7-8700K、32GB RAMの自作PC導入記

仕事を加速させる。シンクライアント端末でも、ノートPCでも、手軽に使えるモバイルディスプレイLepow Z1


あまりにも職場で使い倒しているため、追加の写真が用意できませんでした

昨年は自宅の環境を大幅に向上させてくれたAI搭載のネットワークリモコン、Ambi Climate 2をベストバイに選出。当時は「持っているけどたしかにこれは良かった」というお声をいくつも頂戴し、自宅の環境をアップグレードするのって良いよね、なんて思っていました。

そんな昨年のベストバイに対して今年は職場での仕事環境をアップグレードする製品をチョイス。なんだかんだ言って仕事をしていると、一日の大半の時間、週に5日間も仕事場で過ごすわけで、働く環境が快適でないとそれだけでQOLが下がってしまいます。そんなわけでチョイスしたのがモバイルディスプレイ。これなしでは今の仕事は回らないアイテムです。

TikTechでのLepow Z1のセール情報

・クーポンコード:LepowJP20K
・適用後価格:199ドル→139ドル


USB Type-C1本で動作するから、簡単にセットアップ。職場でも、家でも


USB Type-Cケーブル1本で動くのでSamsung Dexも簡単

Lepow Z1のなんと言っても良さしか感じないポイントは、USB Type-Cケーブル1本で動作してしまうこと。たかがケーブルと思っても、意外と取り回しが違うため快適さが段違いだったりするもので、自宅でPCのサブモニターとして使う場合でも、職場の端末に繋げる場合でも、スマホに繋ぐ場合でもケーブルの取り回しを考えなくて済んで快適さがグッと上がります。

15.6インチの大画面で画面も見やすい。フルHDでも十分すぎる視認性を実現


こんな感じで使うといいよね!私はLepow Z1が右側だけど(画像はイメージ)

Lepow Z1の画面は大型のノートPCと同じ15.6インチ。官公庁でも当社でも採用の進むシンクライアント端末では、13インチ帯のPCを用意している場合が多く、それよりも一回り大きい感じ。この大きさのおかげで資料を表示させたときに、手元の端末の画面よりも大きく見やすくなり端末の画面で稟議を書きつつ、モニター側の資料を拡大して確認というのがシームレスに可能になるわけ。

最近はモバイルディスプレイの高性能化も進み、15.6インチで4K解像度を誇るものも増えてきました。ただ、個人で保有しているゴリゴリにカスタマイズされたPCとは違い、会社支給のPC、さらにシンクライアント端末となると4K解像度で表示させるためにはクライアント端末と回線、さらにサーバー側の処理能力というボトルネックが多すぎパフォーマンスの低下が発生することも。フルHDが視認性でも、パフォーマンスでもちょうど良いのです。

モニターなしで仕事するのはもう考えられない。BYODできるならすぐに買ってほしいアイテム



今回選出したLepow Z1。製品自体の良さ、というより他社製品でも同スペックなら簡単に実現できることではあるもののの、今年1年間を通じて最もQOLの向上に役立ってくれたことは間違いありません。ペーパーレスをガンガン進めていく中で、これまでは紙で吐き出してた決算書や、試算表、もしくは経営改善計画書などを全部PC上で見て、比較して、稟議を書くってモニター一つでは困難。デスクワークをする方々なら銀行じゃなくても分かってもらえるはず。

最近はシンクライアント端末の導入によるセキュリティの向上の効果もあってか、BYOD(Bring Your Own Device)が認められる会社は増えてきた印象。もちろん、最終的な社内ネットワークへの接続部については会社支給端末のみという場合は多いものの、マウスやキーボード、そしてモニターを好みのものにするのは可能。ぜひ、読者の方も自宅や外出時の環境だけでなく職場の環境を上げられるモバイルディスプレイを来年は導入してみては。Lepow Z1なら1万円台で買えちゃいますし、査定上がれば実質0円どころかマイナスですし。

この記事はGeekdays管理人のぜろ様の企画している「今年のベストバイガジェット」5日目の記事。明日は【もくだいさんのOffice365至高のレシピ】のもくだい様です。テーマは「今年ゲットして素晴らしいパフォーマンスを出しているモノ」とのことなので、私の仕事のパフォーマンスを更に上げてくれるアイテムが出てくると嬉しいですね。



昔のベストガジェットの振り返り


【ガジェ獣2019】全然物を買わなかった一年。去年までに買って今でも愛用しているモノを一挙確認。物持ちよく生きていく
【ベストバイガジェット2017】ブログも、写真も、動画も、ゲームも完璧。6コア12スレッドのCore I7-8700K、32GB RAMの自作PC導入記


Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

0 件のコメント :


中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

オーディオ

[オーディオ][threecolumns]

旅行記

[旅日記][grids]

ガジェット

[ガジェット][threecolumns]