レビュー

[レビュー][threecolumns]

【TaoTronics SoundLiberty92】軽いフィット感でずっと着けていられる装着感を実現。大口径ドライバで音質も確保した完全ワイヤレスイヤホンTaoTronics SoundLiberty92レビュー


ワイヤレスイヤホンというと基本的にカナル型のイヤホンを思い浮かべることが多いのはオーディオ好きの性。カナル型は耳管にピッタリハマるようにフィットすることで、高い遮音性とガッチリした装着感を両立。ただ、長時間の装着には向かなかったり、周りの音を聞こえるようにしたくても聞こえなかったりと言う場面も。今回はBluetoothオーディオ機器を多くリリースしているTaoTronics様からインナーイヤー型のTaoTronics SoundLiberty92を提供していただいたのでレビュー。

TaoTronics SoundLiberty92はTaoTronicsから新登場した完全ワイヤレスイヤホン。これまではカナル型とヘッドホンのみをリリースしていたTaoTronicsから初めて登場したインナーイヤー型で、大口径の13mmのドライバーの採用やAiroha社の"MCSync技術"の採用で高音質と高い安定した接続詠を実現した製品。現在Amazonにて4,999円クーポン"BH092CHI"利用で8月3日まで3,999円で販売中です。

【TaoTronics SoundSurge 85】アクティブノイズキャンセル搭載ながら5,000円台の低価格を実現。左右に広いダイナミックサウンドが特徴のワイヤレスヘッドホンTaoTronics SoundSurge 85レビュー
【Taotronics SoundLiberty 53】うどん型だからこそ安定して装着。ずっとつけていられる完全ワイヤレスイヤホンSoundLiberty 53レビュー
【RAVPower RP-PB201】わずか300g台で60WのUSB PD出力対応。持ち運びも手軽な20,000mAhのRAVPowerの最新モバイルバッテリーRP-PB201レビュー

クーポン情報
・クーポンコード:BH092CHI
・内容:20%OFF(1,000円引き)
・利用期間:8月3日(月)まで


引き締まったデザインで耳に軽くフィット。長時間の装着も気になりません





パッケージは他のTaoTronics製品と同じくオレンジ色をアクセントにしたデザイン。同梱品は本体兼充電ケースの他にUSB Type-A to Cケーブル、説明書、クイックスタートガイドの構成。



ケースは他のワイヤレスイヤホンに比べてかなり小ぶり。それでも420mAhの容量を確保しており、イヤホン本体の40mAhのバッテリーと組み合わせることで合計30時間の再生に対応。自宅内での利用に限らず、移動中、出先での利用でもバッテリー切れの心配なしで使えます。なお、ケースの充電端子はUSB Type-Cでスマホの充電ケーブルを使い回せます。




本体はハウジング部が大きく、下部に向けてくびれた特徴的なデザイン。最近のインナーイヤー型イヤホンの流行りを踏襲し、開口部は耳管に向いている形に。本体のみの重量は両耳合わせてわずか9g。ケース(本体含まず)も43gと軽量で持ち運ぶときも、耳に装着しているときも重さを感じることはありません。

装着感は良くも悪くも非常に軽く、この記事の執筆のために移動中や自宅内でのんびりするというのにも使ってみましたが2,3時間連続して着け続けていても気にならないレベル。カナル型だと耳が痛くなることが多いのに対し、本品ではまだまだ着けていられます。

ただ、その反面フィット感が弱く頭を下げたり、道を歩いたりして頭が揺れるとどんどんずれていき不安定な面も。基本的に座っているときなら良い感じですが、ランニングはもってのほか、歩いている際には耳から落下しかけるためおすすめできません。

意外と低音も聞こえてくる解像度の高い音。案外使えます。



個人的な意見を書いてしまうと、インナーイヤー型のイヤホンというのはその構造上どうしてもカナル型に比べて音場表現や、解像度の面では劣るため好きではありませんでした。ただ、実際に使ってみると長時間使っていても気にならない軽いフィット感は意外と心地よかったのも事実でした。

音質面で言えば流石に広い音場表現というのは無理ですが、スカスカな音にはならず中高域寄りにはなるもののの低音も鳴らしてくれるサウンド。解像度も13mmドライバーのおかげか確保できており日常生活に耐えうる音質でした。ただ、遮音性の低さは周りの音が入ってくるという意味では良いものの、電車や新幹線では轟音がダイレクトに入ってくるため使う場面は選ぶ印象でした。

今回レビューした、TaoTronics SoundLiberty92。軽いフィット感でずっと着けていられる装着感と、音質を両立したイヤホンでした。自宅でイヤホンを着けて音楽を聞きながら過ごす、という場面では小回りの聞く本品は結構便利かも。SoundLiberty92は現在Amazonにて4,999円クーポン"BH092CHI"利用で8月3日まで3,999円で販売中。インナーイヤー型も持っておいて損はなさそうです。

【TaoTronics SoundSurge 85】アクティブノイズキャンセル搭載ながら5,000円台の低価格を実現。左右に広いダイナミックサウンドが特徴のワイヤレスヘッドホンTaoTronics SoundSurge 85レビュー
【Taotronics SoundLiberty 53】うどん型だからこそ安定して装着。ずっとつけていられる完全ワイヤレスイヤホンSoundLiberty 53レビュー
【RAVPower RP-PB201】わずか300g台で60WのUSB PD出力対応。持ち運びも手軽な20,000mAhのRAVPowerの最新モバイルバッテリーRP-PB201レビュー



Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

0 件のコメント :


中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

オーディオ

[オーディオ][threecolumns]

旅行記

[旅日記][grids]

ガジェット

[ガジェット][threecolumns]