レビュー

[レビュー][threecolumns]

【TaoTronics TT-SK028】デュアルスピーカーで音場の広く、迫力の重低音サウンドを手軽に体感。ホームシアターにも欲しいサウンドバーTaoTronics TT-SK028レビュー


ジトジト雨模様で、まだまだ自由に毎週末お出かけできる訳ではないのが残念な6月。先週はVankyoの製品群で自宅ライフを快適に!という記事を書いていましたが、その記事でも載っていなかったものがありました。それはスピーカー。自宅で音楽を楽しむときも、プロジェクターで映画を楽しむときもヘッドフォンだけでは物足りない、もしくは家族や恋人と楽しむという場合はスピーカーが重要。

今回はTaoTronics様より高性能なサウンドバー、TaoTronics TT-SK028を提供して頂きレビュー。TT-SK028はデュアルフルレンジスピーカーに、パッシブラジエーターとツイーターもそれぞれデュアルで搭載し、全帯域に渡って大迫力な音質を実現。AUXによる有線接続だけでなく、Bluetoothでの接続にも対応し、使い勝手も良いのもポイントです。

TaoTronics TT-SK028は現在Amazonにて好評販売中。今回は特別に500円OFFで購入できるクーポンを発行していただきました。クーポンコード"TTSK028CH"で3,499円で購入可能です。クーポンコードは7月2日(木)まで。期間が短いので、気になった方はお急ぎください。

・販売価格:3,999円(クーポンで500円OFF
・クーポン:TTSK028CH
・有効期間:6月30日~7月2日23:59

PCデスクにちょうど収まるサイズ感。ボリュームノブが使いやすい一品



早速本体を開封。パッケージはTaoTronicsのシンボルカラーであるオレンジ色がアクセントになったシンプルな仕様。本体サイズに合わせたパッケージのおかげで無駄にスペースを取ることもないのもグッド。



パッケージの中身は非常にシンプル。本体の他には3.5mmステレオミニケーブル、説明書のみ。本体の電源になるUSBケーブル部分は取り外しはできず、USB Type-A端子のみ利用可能な形。個人的には着脱可能にしてUSB Type-Cとかだと汎用性があってよかったのですが、基本的には一箇所からあまり動かさない据え置きでの利用を想定していそうです。



電源ボタンなどは独立して存在しておらず、USBから給電がされると自動で電源が入る形。近頃のBluetoothスピーカーとしては珍しく、バッテリーを搭載していないためテレビやパソコン、プロジェクターなどから常時給電できる場所に設置する形になります。

電源が入ると側面のノブの部分が青色に点灯。このボリュームノブを回すことで音量調整が可能で、操作は非常に簡単。また、2回押すことでBluetoothモードとAUX入力モードを切り替えることが可能。常時3.5mmケーブルをPCに刺したりしたままでも、スマホやタブレットからの音を流すことも可能なのは便利です。


背面に3.5mmステレオミニジャックが配置。ステレオミニは入力とスルーアウト出力があり、他のスピーカーにも出力することが可能。ただ、実際に家で使う分にはこのスピーカーで十二分に音が出るので、活用する場面はあまり浮かびません。



実際に自室のPCデスクに設置。ノートPCだとPCと同じくらいの横幅に収まる印象。ただ、ノートPCの場合はPCの後ろに置くわけにもいかず、また、前に置くと邪魔...という感じなので、デスクトップPCのデスクに置くほうが実用的かも。移動させることもなく、PCから音源もUSB電源も確保できるのでぴったりでした。これなら、ヘッドフォンを外しているときもPCからの音を高音質で楽しめます。

肝心の音質はなかなかの重低音のパワーに驚かされるもの。ボリュームが中間くらいで部屋中に響くサウンドを実現できるのは、持ち運びできるタイプのBluetoothスピーカーよりもかなり優れているポイント。左右に長く、またフルレンジ、ツイーター、パッシブラジエーターをデュアルでそれぞれ搭載していることもあり音場の表現もなかなかでした。



個人的にグッドな組み合わせになったのは、当ブログ1の売れ筋商品であるプロジェクターと組み合わせること。プロジェクター側のAUXアウトと、USB端子をTT-SK028に接続し、プロジェクタースタンドに設置してしまえば高音質サウンドのホームシアターが即構築。スピーカーとプロジェクターが有線接続のため、音声の遅延も気にならないのもポイント。

プロジェクターから自動で電源が供給されるためいちいち電源を入れる必要もなし。あとは、自宅のNASからプロジェクターにノートPCから映像を供給してあげればライブ盤も、映画も迫力の重低音で楽しめました。

【Vankyo Leisure 470】持ち運びやすい小型軽量なプロジェクター、Vankyo Leisure 470レビュー。8,000円で始めるプロジェクターライフを


据え置きモデルだからこその高音質。一つ持っておくとかなり良いです。



当ブログではこれまでかなり多くの数のBluetoothスピーカーをレビューしてきました。今でも現役の製品は多くあるものの、据え置き前提の製品は初めて。ただ、今回TaoTronics TT-SK028を使って感じたのが、据え置きモデルのサウンドバーがどれだけ便利なのかということ。

携帯性を犠牲にしたからこそ出来る高音質と、使いやすい設計で簡単にPCのスピーカー環境や、テレビ、プロジェクターからのサウンドをパワーアップできました。TaoTronics TT-SK028は現在Amazonにて好評販売中。今回は特別に500円OFFで購入できるクーポンを発行していただきました。クーポンコード"TTSK028CH"で3,499円で購入可能です。クーポンコードは7月2日(木)まで。期間が短いので、気になった方はお急ぎください。

・販売価格:3,999円(クーポンで500円OFF
・クーポン:TTSK028CH
・有効期間:6月30日~7月2日23:59


Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

0 件のコメント :


中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

オーディオ

[オーディオ][threecolumns]

旅行記

[旅日記][grids]

ガジェット

[ガジェット][threecolumns]