レビュー

[レビュー][threecolumns]

【ブラーバジェット m6】ロボット掃除機と水拭きロボット、これで床掃除はもういらない。暮らしを一気に変えるブラーバジェット m6と暮らした1ヶ月


5月頭から私の自宅に来ているアイロボット社の最新水拭きロボット、ブラーバジェット m6。ゴールデンウィークの本気の大掃除&断捨離によって広がった部屋を徹底的に掃除してくれるモデルとして我が家で活躍を続けています。アイロボット設立30周年の特別モニター企画で、ルンバで有名なアイロボット社の最新製品ブラーバジェット m6をお借りしているシリーズ2本目です。

今回はブラーバジェット m6と過ごした1ヶ月間で自宅の掃除の時間や負担がどう変わったのかをレビュー。もともとロボット掃除機を持っていた私でさえも掃除のスタイルや、自宅での過ごし方の幅が大きく変わる製品でした。

アイロボット・ブラーバジェット m6はアイロボットから登場している床拭きロボット。掃除機ではなく、あくまでも床拭きだけができる製品ですが、自動で洗浄液を放出しながら部屋全体をくまなく床拭きしてくれることで、床をピカピカにし続けてくれる製品。価格はなんと7.6万円と非常に高価ではあるものの、それだけの価値を感じさせる清掃力を持った製品です。

【ブラーバジェット m6】部屋のマップを作って隙間なく徹底水拭き!高すぎる清掃力に驚く、アイロボットの最新水拭きロボットブラーバジェットm6レビュー
【ILIFE V7s Plus 】床のゴミをしっかりキャッチ。水拭きも対応で毎日きれいな床で朝を迎えるのにぴったりなロボット掃除機、ILIFE V7s Plus


水拭きが日課になるということー自宅エクササイズも躊躇なく、安心して床に転がれる環境を手に入れる



当ブログの読者の方だと、普通のロボット掃除機自体はすでに所有しているという方は意外といらっしゃるのではないでしょうか。私自身4年前からロボット掃除機を利用し続けており、そのうちの一部のモデルは簡易水拭き機能にも対応していました。なので、もともとはわざわざ水拭き専用のロボットが必要なのか懐疑的だったのが本音。でも、実際にブラーバジェットが家に来てみると全く違ったんです。


通常のロボット掃除機でできることは、床のうえや、カーペットの上にあるゴミの除去。高機能モデルは吸い込み口にも回転ブラシを搭載し小さなゴミも強力に吸い込むのが特徴です。ただ、その強力な吸い込み力を持ってしても一部のゴミや小さい粉状のものは取りこぼしてしまうのも事実。そこで水拭きロボットです。

ブラーバジェットは、ただ濡れたモップで部屋中を回っているのではなく、洗浄液を部屋中に撒きながら掃除をしてくれる製品。ブラーバジェットを自宅に迎えるにあたって購入した洗浄液の効果がどれほどあるのかというのは、正直なところ未知数でしたがただ水で拭いているのに比べると掃除できている感は上。

【ILIFE V7s Plus 】床のゴミをしっかりキャッチ。水拭きも対応で毎日きれいな床で朝を迎えるのにぴったりなロボット掃除機、ILIFE V7s Plus



水拭き掃除機としてレビューをするとなると、つい、他メーカーの簡易水拭き機能や、普通のロボット掃除機と比較してしまいますが、そもそもブラーバジェットがあるおかげで床拭きを日課にしようとなったことにこのモデルを購入する意義があると感じます。フローリングの家の場合、特に一人暮らしだとつい裸足で歩いたり、ちょっと物をおいたり、床に座ったりと色々と床に触れる機会は多いはず。




そんなときに毎日決められた時間や、好きなタイミング、家にいないときも含めて床拭きをしてくれる機械があったらどうか。私の場合は日課として夜にランニングと自宅での自重トレーニングをしているため、それを終えてお風呂に入っている間に床拭きをするようにして汗が落ちた床を清掃。家の清潔さが格段に向上しているわけです。安心して床に転がれるし、裸足でぺたぺた歩けるのはブラーバジェット m6のおかげです。

レビュー期間中だけで掃除した面積は延べ278㎡。私の部屋のうちブラーバジェット m6が入っていける空間はせいぜい15㎡ほどのため、相当な回数を床拭きしていることが分かります。それだけの回数水拭きしていると、フローリングが常にピカピカで、昔はちょっと感じていたベタつきもないって最高ですよね?

ロボット掃除機と組み合わせてもっと綺麗に。今ならセットでキャッシュバックも



私は通常のロボット掃除機も持っているため、ブラーバジェット m6と本機の2台体制で掃除機+水拭きの両方を自動化。実際に生活していく中では水拭きだけというのも大きいゴミを取りこぼしたり、部屋の角にあるホコリを取りこぼすことがあるため、2種類の掃除を交互にしていくことの必要性を感じました。

また、水拭き専用のモデルがあれば、いちいちモップを付け替えたり、ダストボックスとウォーターボックスを入れ替えたりという手間もなく、毎日両方で掃除できるのもグッド。スマートフォンの2台持ちというのもガジェット好きには広まってきたわけですが、ロボット掃除機も2台持ちの時代かも



そんなロボット掃除機+水拭きロボットをまとめて購入するなら今がチャンス。アイロボット社のロボット掃除機シリーズルンバと、本モデルブラーバジェット m6を2つセットで購入すると20,000円キャッシュバックされるキャンペーンが開催中。新型コロナウイルス対策の10万円の給付金も入ることですし、今年の夏はキレイな床をロボット掃除機&水拭きロボットで手に入れるのも良さそうです。


床掃除はもういらない。ロボット掃除機で掃除の負担を0に




今回試してきたブラーバジェット m6。ロボット掃除機だけでも十分だと思っていた私にとってはカルチャーショックといっても過言ではない洗浄力を持った製品でした。これまでもロボット掃除機のおかげで床掃除とは無縁でしたが、拭き掃除はしていなかったこともありゴロンとするのには躊躇していたことも。ブラーバジェット m6が来てからは何も躊躇する必要がなくなったわけ。

普段生活していると掃除機はかけても、床拭きなんて数ヶ月、年に1回なんて方は多いハズ。そんな方にこそおすすめしたいモデルでした。ブラーバジェット m6は現在7.6万円で販売中。値段が高いのは事実ですが、キャッシュバックキャンペーンもありますし、奮発したら幸せになれそうです。

【ブラーバジェット m6】部屋のマップを作って隙間なく徹底水拭き!高すぎる清掃力に驚く、アイロボットの最新水拭きロボットブラーバジェットm6レビュー
【ILIFE V7s Plus 】床のゴミをしっかりキャッチ。水拭きも対応で毎日きれいな床で朝を迎えるのにぴったりなロボット掃除機、ILIFE V7s Plus


Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

0 件のコメント :


中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

オーディオ

[オーディオ][threecolumns]

旅行記

[旅日記][grids]

ガジェット

[ガジェット][threecolumns]