中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

レビュー

[レビュー][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

【30%オフで2900円!】【Taotronics SoundLiberty 53】うどん型だからこそ安定して装着。ずっとつけていられる完全ワイヤレスイヤホンSoundLiberty 53レビュー


さすがに9月も半ばになってくると「真夏日」と呼ばれる気温30℃を超える日も減ってきて、だんだんと過ごしやすい季節になってきた今日このごろ。秋は「食欲の秋」というように食べ物も美味しくなる季節。ついつい食べてしまい重量増加も気になる季節でもあります。今回は運動の際にも、外出時にも使える完全ワイヤレスイヤホン、Taotronics SoundLiberty 53を提供していただきましたのでレビュー。

Taotronics SoundLiberty 53はAppleが登場させていたEarpodsと同じように、うどん型をした完全ワイヤレスイヤホン。イヤホンとしての性能はもちろん、付け心地も他のワイヤレスイヤホンとは一線を画した仕上がりで、耳が痛くなることもなくずっとつけていられる製品。現在Amazonでは4,599円で販売中。特別にクーポンコード"CRTTBH053"で30%オフの2,919円です。9月27日まで

【今年やってよかったこと】2018年は本気でダイエットに励んだ1年でした。もちろん運動量は徹底管理。そういうときもXiaomiばっかりかも
【Amazfit Stratos】GPS搭載でトラッキングにも。電池持ち、機能性、デザインを両立したAmazfit Stratosを使い倒す



スタイリッシュさと付け心地を両立したデザイン





パッケージはオレンジ色をアクセントに加えた白ベースのもの。ユーザーガイドは多言語仕様で日本語の説明も付属しています。ケース兼充電器の他には、ユーザーガイドとThanksカード、microUSBケーブルとイヤーチップのみ。他メーカーの完全ワイヤレスイヤホンと大差ないパッケージです。





充電中は青色のランプが左右交互に点滅

イヤホン本体はケース兼充電器に収納。本体はAppleのEarpodsが代表的なうどん型になっており、ケースもそれにあわせて横長に。後述しますが、このうどん型というのが意外と侮れませんでした。

本体の充電はケースから。ケース自体もバッテリーを搭載しており、容量は650mAh。イヤホン単体で6時間の連続再生に対応しており、ケースを合わせると最大40時間の再生に対応できるとか。それだけ使えれば、どこに持っていっても安心です。


SoundLiberty 53の驚きの点はその装着感。うどん型で、イヤホン本体から下に向けて伸びている部分のおかげで耳たぶ全体を使ってイヤホンをうまく支えている感じ。他のイヤホンでは外耳道だけで支えているのに対して、全体に負荷を分散しているおかげで長時間つけていても痛くなく、またずれることも少なく快適なわけ。

ランニングの際にもよく利用しましたが、ずれることなく、痛くなることもなくと、まさにランナーにとっては最高のパートナー。しかもIPX7の防水性能を持っており、汗に濡れるのも、水で洗い流すのもOKなのもポイント。

音は薄味かつ低解像度。ここはちょっと妥協がいるかも



電車内での接続性はちょっと不安な点も

さっそく手元のBluetooth機器と接続してテスト開始。手元のスマートフォンはもちろん、スマートウォッチのAmazfit Stratosともバッチリ接続して利用可能。ただ、FiiO M6とは相性が悪いのか途中で切断されることが多く、ペアリングできてもその後切断→本体再起動が発生してしまいました。本モデルで使用しているRealTek製のチップセットとの相性かもしれません。

音質は基本的にはあっさりした味付け。先日レビューしていたXiaomi Redmi AirDotsと比べても低音は特に薄口な印象。またiOS以外ではSBCのみの対応ということもあり解像度もそれなりといったところ。音質面では特に評価するポイントはないため割り切って使う感じです。

遮音性もかなり良いフィット感ほどには高くなく、列車内ではアナウンスはもちろん走行音も耳に入ってくる感じ。周りの様子を把握しやすいという意味では良いものの、安眠の目的では不便かも。このあたりはノイズキャンセリングのイヤホン/ヘッドホンとの使い分けになってくるかと。


使っていて便利に感じたのが本体の側面をタッチするだけで操作できるジェスチャー機能。普段からスマホで電話を受けたりすることは少ないため、通話系の機能は使わないものの、再生状態から音量の変更、またGoogleアシスタントの呼び出しまで指だけでできるのは便利。押し込んだりする必要もないのは使い勝手がよくグッドでした。

快適性ならこれ一択。秋に向けていかがでしょう



今回レビューしたTaotronics SoundLiberty 53。比較的後発の完全ワイヤレスイヤホンだからこそ、装着感から操作性までこだわったいい感じのモデルでした。特にこれまで使ってきた完全ワイヤレスイヤホンでは、あとから耳が痛くなるなんてことも多く、長時間つけても気にならない本機は私にとっては渡りに船。これからのランニングやジムのパートナーになってくれそうです。

現在Amazonでは4,599円で販売中。特別にクーポンコード"CRTTBH053"で30%オフの2,919円です。9月27日まで。これからの秋に向けて運動を始めたいと思っている方にも、日常使いできるちょうど良い完全ワイヤレスイヤホンを探していた方にもおすすめしたい製品です。

【今年やってよかったこと】2018年は本気でダイエットに励んだ1年でした。もちろん運動量は徹底管理。そういうときもXiaomiばっかりかも
【Amazfit Stratos】GPS搭載でトラッキングにも。電池持ち、機能性、デザインを両立したAmazfit Stratosを使い倒す

Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

0 件のコメント :


オーディオ

[オーディオ][threecolumns]

旅行記

[旅日記][grids]

ガジェット

[ガジェット][threecolumns]