中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

レビュー

[レビュー][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

【YONGNUO YN85mm F1.8N】ついにNikon向けも登場!カリッと決める、わずか2万円強で買えるAF搭載YONGNUO YN85mm F1.8レビュー


東京は30℃超えのうだる暑さが続く今日このごろ。こんな炎天下だと外に出ても運動は命の危険が隣り合わせ。でも、フォトウォークくらいなら水分を撮りながらしている限りは平気。今回はそんなフォトウォークやポートレート撮影に最適な85mmの単焦点レンズ、YONGNUO YN85mm F1.8 Nをレビュー。わずか2万円強の値段設定を予定しながら、カリッとした描写が美しい、そんなモデルでした。

YONGNUO YN85mm F1.8 Nは中国のレンズメーカーYONGNUOが放つAF対応の単焦点レンズ。85mm F1.8というポートレート撮影にはぴったりの一本で、先行して発売していたCanon EFマウントモデルから2年の時を経てNikon Fマウントモデルが登場。国内発売は6月上旬、価格は2万円強の予定。今回は特別にYONGNUO様から量産開始直後の製品を送っていただきました。

今回はYONGNUO様の協力で本レンズのレビューツアーを実施。希望される方に10日間本製品をお貸しし、実際の撮影感をお試しいただきレビューいただければと思います。ご応募はあーるのTwitterへDMいただくか、お問い合わせページからご連絡ください。

【YONGNUO 50mm F1.8】F1.8で切り取る世界。たった6,000円でも明るいYONGNUO 50mm F1.8レビュー






ずんぐりしたデザイン。安っぽさは感じません






まずはパッケージから確認。先日購入したYN50mm F1.8 Nは黒い箱でしたが、本モデルは白い箱に。実は本モデルは50mmとは違いリアルタイムMFに対応。AFで大雑把にピントを合わせて、MFで微調整といった使い方が簡単に可能になったのは嬉しいポイント。

付属品としては説明書、保証書、検査証、対応カメラの一覧。基本的にNikon Fマウントを搭載しているカメラであれば、FXフォーマット、DXフォーマットともに対応しています。本モデルはレンズケースも付属し、持ち運び時にもレンズの保護も簡単なのもグッド。






レンズは若干ズングリした形。AF/MF切り替えスイッチはかなり小さくなっており、若干操作する際に手間取るかも。被写界深度メモリも若干小型化しており、視認性はすこし落ちてしまった感じ。実際にどこまで見ているかは別として、ちょっと残念なところかも。

筐体は当社の他のモデルと同じくプラスチック製。ただ、表面加工のおかげで安っぽさを感じさせない仕上がりになっており所有感では不満なし。フォーカスリングは比較的大きくなっていることで、リアルタイムMF使用時でも意図した場所にピントを合わせられます。





50mmのときにはレンズに保護フィルムを貼っていましたが、流石に無駄な作業はなくなっており、そのままの状態で梱包。レンズを見てみると、その透明感に驚かされます。電子接点部分は端子部分が小さくなりスッキリした感じに。重量は456gと標準的な重さになっています。

ちなみに、レンズ構成は6群9枚。絞り羽根は8枚と円形に近くなっているのもこのモデルのポイント。若干値段が上がったこともあり、レンズとしての性能も向上しています。

AFの精度は癖も。MFと併用するのがベスト






YN50mm F1.8N装着時(参考)

実際にNikon D750に装着してみた感じがこちら。50mmのときに比べると若干太くなり、また長くなった印象は否めない感じ。特に長さは結構長いなという感じ。D750の本体塗装と近い仕上がりのおかげで自然にマッチしているのはいい感じでした。重さの面では、それなりの重さではあるものの、まだ片手に持てるくらい。カメラバッグと言わず、トートバッグに50mmと一緒に入れてもまだまだ持てる感じ。


実際の作例の前にレンズとしての使い勝手をチェック。YONGNUOのレンズは基本的にどのモデルもAFを搭載しており、マニュアルレンズに慣れない初心者でも簡単にピント合わせができるのが特徴。YN85mm F1.8 Nでは、AFで合焦後にマニュアルで調整できるリアルタイムMFに対応。動体の撮影時や、別のものにピントを合わせたい場合には便利。

AFの動作性能はまだまだ発展途上といった感じ。動作音は50mmのときよりも更に大きく「シャーッ」という音が出てしまうのは困り物。合焦にもワンテンポ置く感じが否めず、ちょこちょこと動くものの撮影には厳しそう。そもそもそのような場合だと、ミラーレス機のほうが得意というのも。



フォーカスの中心部はかなりカリッと。



85mmといえば、ポートレートレンズ。50mmも同じように言われますが、85mmという中遠だからこそ撮れる画があるのが特徴。何枚か人のポートレートも撮っているものの、顔出しNGのためここには貼れませんが上の猫のような感じの仕上がりに。フォーカスの中心部のカリッとさはなかなかです。




いい感じにピントが合った2人組




特に意識して作例を並べているわけではないものの、比較的短距離で撮影したものから。レンズフードがまだ手元にないこともあり、最後の2枚はフレアが気になるのが残念。フォーカスポイント周辺はかなりカリッとした描写になっているのはこの7枚でも同様。ただ、それ以外のボケについてはちょっと仕上がりが雑な印象も否めません。






F18でカリッと。ただ、甘さが目立つとの意見も





今度は趣向を変えて、遠景の仕上がりをチェック。基本的には絞った状態、一部の写真は開放状態で撮影しているので、細かい撮影設定については各写真を確認していただければ。85mmという中遠をうまく活かして風景を思ったままに切り取れるのがこのレンズの特徴。比較的色乗りもよく、青空や緑がよく映えています。

ただ、50mmのときにも感じていたのが高コントラスト下、特に太陽光の白飛びについてはYONGNUOは弱い印象。並木道と銀座の街路の写真は、空の表現がイマイチな状態で、カメラのセンサーの限界もあるものの、レンズとしても若干改善の余地がある仕上がり。撮り比べをしていないものの、このあたりはナノクリスタルコートのあるレンズ等の方が強いかもしれません。

ポトレにも、風景撮影にも。50mmと合わせて持ちたい一本



今回レビューしたYONGNUO YN85mm F1.8 N。Nikon FマウントのAF対応の85mm単焦点レンズではダントツの安さを実現したモデル。安いなりに性能面や、機能面、実際の作例でも不満のある点もあったものの、個人的には大満足なモデル。もちろん、このレンズで85mm単焦点を楽しみ、今後のステップアップも期待できるわけですし。

中国では2万円強で発売開始。まだAliExpressを始め国外、日本向けには登場していないものの、6月上旬の発売を目指して現在準備中。ぜひ、皆様もお試しいただければ。また、ブロガー、インフルエンサー向けにレビューツアーも実施。無償で10日間レンズをお貸ししますので、気になる方はぜひご応募いただければ幸いです。

【YONGNUO 50mm F1.8】F1.8で切り取る世界。たった6,000円でも明るいYONGNUO 50mm F1.8レビュー




Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

0 件のコメント :


オーディオ

[オーディオ][threecolumns]

旅行記

[旅日記][grids]

ガジェット

[ガジェット][threecolumns]