レビュー

[レビュー][bleft]

【ALLDOCUBE F40】タブレットメーカーが放つ本気のイヤホン。トリプルダイナミックドライバーのALLDOCUBE F40レビュー


都内も一気に桜が咲き、外にお出かけするのが楽しみな季節。家の中でもそとでもまったりすることがこれまで以上にできるようになってきました。そんな季節は、音楽を聞きながら和むのも一興。今回は、中華タブレットメーカーのALLDOCUBEから登場したハイブリッドイヤホン、ALLDOCUBE F40を提供していただいたのでレビュー。10.1インチのALLDOCUBE M5Xも良品だったのは記憶にあたらしいはず。

ALLDOCUBE F40はALLDOCUBEのイヤホン第1弾の製品。タブレットメーカーのイヤホンだからといって侮ることなかれ。トリプルダイナミックドライバーにBAドライバのクアッドドライバー構成のハイブリッドイヤホンで、期待を裏切る高音質を実現。しかも、これで2,200円ということだから驚き。中華イヤホンとしても番狂わせな一品です。

【ALLDOCUBE M5X】外でも中でもパワフルに!10.1インチで4G対応でカーナビにも使えるALLDOCUBE M5X実機レビュー


高級感と、軽さ、フィット感を両立させたデザイン






パッケージは他のオーディオメーカーと遜色ない、ザ・イヤホンのデザイン。梱包は中華イヤホンによくあるビニール袋ではなく、発泡スチロールのカバーに入った形。替えのイヤーピースも入っており、パッケージングはなかなか。




本体は天然ターコイズ製のカバーを配置し、なかなかシックなデザイン。手に持ってみると、金属製でないぶんその軽さにも驚き。ケーブルは着脱不可で、途中にリモコンとマイク付き。

ケーブルの耳元周辺が、ビニール加工されてシュアがけに適した形に。装着してみると、その軽さと小ささも相まってフィット感も、つけ心地も良好。ただ、シリコン製のイヤーピースだと、長時間つけている場合は耳が痛くなってしまうかも。

トリプルダイナミックドライバーながら、丁寧なサウンド




ALLDOCUBE F40の実力を知るため、手軽なサイズ感ながら高音質を実現したハイコスパモデルのFiiO M6を用意。また、中華タブレットながらAKM製のオーディオチップを搭載したというALLDOCUBEの10.1インチタブレット、ALLDOCUBE M5Xも用意。自宅内はもちろん、外出時にも持ち出して徹底的にチェックしました。

一聴して感じるのが「本当に、トリプルダイナミックドライバ?」と思ってしまうほどの控えめな音作り。通常こういったイヤホンは低音を厚くし、徹底的にドンシャリサウンドに持っていく印象がありますが、F40はオーディオを分かった音。予想以上の解像度とバランスの取れたサウンドです。

DSDの音源も含めて聴いてみると、FiiO F9 Proレベルとは言わないまでも、それに近いレベルの解像度を実現。例えばQueenの"I want it All"を聴いてみればコーラス部も声がきちんと別れて聴こえて来て、"I Want to Break Free"ではスネアのリバーブが最高という感じ。左右に広い音源も音場を狭めることなく奏でてくれます。

女性ボーカルものだとBAドライバが威力を発揮。中高域に強いのがBAドライバなので当たり前ではあるものの、ボーカルが前に出て来る感じ。声の伸びも十分で、秀逸な鳴らし方。全体的にいえば、低域は意外とあっさりしながらもバランスよく鳴って、中高域の分離、音の伸びも十分という感じ。これで2,000円強はこれまでの中華イヤホンと比較してもかなり異常です。

【FiiO F9 Pro】はっきりと上品に繊細な音作り。装着感も抜群なFiiO F9 Proレビュー
【FiiO M6】LDACも、高音質も、もっと小さくていい。超コンパクトでも音質に妥協しないFiiO M6レビュー
【ALLDOCUBE M5X】外でも中でもパワフルに!10.1インチで4G対応でカーナビにも使えるALLDOCUBE M5X実機レビュー




ALLDOCUBE F40はマイクも搭載。ALLDOCUBE M5Xに接続した状態なら、Googleアシスタントもイヤホンだけで操作が完結。ちなみに、M5Xのオーディオ品質は中華タブレットの中では良い方ではあるものの、そこまで期待するレベルではないかも。無音時にノイズが乗ってしまう場面も多々あり、Android 8.1で標準対応しているLDACを利用してSONY WH-1000XM3などを接続したほうが音質は期待できそうです。

【SONY WH-1000XM2】いつでもどこでもノイズキャンセリング付きで高音質。SONYのワイヤレスヘッドホンWH-1000XM2が最強だったレビュー
【ALLDOCUBE M5X】外でも中でもパワフルに!10.1インチで4G対応でカーナビにも使えるALLDOCUBE M5X実機レビュー


驚きの音質を驚きの価格で。普段遣いのイヤホンにグッド



ブログのレビューで大絶賛をあまりしすぎると、先日の2019ブロガーズフェスティバルでも指摘のあったような金儲けだけのブログに見えてしまいますが、ALLDOCUBE F40はそれだけの価値を感じるレベル。2,200円という価格設定が明らかにミスというレベルの音質を実現したモデルでした。

天然ターコイズを使用した高級感あふれる外観から始まり、トリプルダイナミックドライバとBAドライバを贅沢に利用したことで実現した解像度とバランスのとれた音作り。どれをとっても素晴らしい製品でした。ここぞという場面ではLZ A4FiiO F9 Proを、でも普段遣いでは軽くて気軽につけられるALLDOCUBE F40なんて使い方ができそうです。

【FiiO F9 Pro】はっきりと上品に繊細な音作り。装着感も抜群なFiiO F9 Proレビュー
【FiiO M6】LDACも、高音質も、もっと小さくていい。超コンパクトでも音質に妥協しないFiiO M6レビュー
【ALLDOCUBE M5X】外でも中でもパワフルに!10.1インチで4G対応でカーナビにも使えるALLDOCUBE M5X実機レビュー


Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

0 件のコメント :


中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

オーディオ

[オーディオ][threecolumns]

旅行記

[旅日記][grids]

ガジェット

[ガジェット][threecolumns]