レビュー

[レビュー][bleft]

中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

【Vorke V6】Core i7-6700HQにGTX960M搭載で469ドル!激安ながら最強のベアボーン注文しました。


中秋の名月も過ぎ、気分はすっかり秋のこの季節。「行楽の秋」というように外に出かけて写真を撮るなんて方も多いのではないでしょうか?もしくは、自宅で全力でゲーム!という方も多いハズ。そんなときに、スペック不足を痛感し「新しいデスクトップPCが欲しい!」と思いません...?まさに私がそうでしたが、そんな方に救世主的なベアボーンPC、Vorke V6が登場していたのでご紹介いたします。といいますか、注文しました

Vorke V6はゲーミング向けのベアボーン。小型サイズながら、CPUにはIntel Core i7-6700HQ(SkyLake)、GPUにはGeForce GTX960Mを搭載したハイエンドPC。スペック自体はそこそこではありますが、注目すべきはその価格。なんと、469ドルで購入することが可能で、かなりお買い得にゲーミングノートレベルの環境を手に入れられるのです。

【深圳日記②】Xiaomi Mi Note 3や、15.6インチMi Notebook Proなど、Xiaomiの最新作を一気にチェック!北京&深圳の小米之家レポート!
【Xiaomi Mi Notebook Air 13】これこそ本物のモバイルPC。13インチXiaomi Mi Notebook Airを約2ヶ月使い倒してみて感じたコト。

ゲーミングノートレベルの性能を実現



本機の最大の特徴はハイエンドクラスのGPU、GeForce GTX960Mを搭載していること。ビデオRAMは4GBで、フルHDの3Dゲームも動かせるGPUです。


CPUには第6世代Intel Core i7-6700HQ(SkyLake)を採用。ノートPC向けのCPUではありますが、ベンチマークのスコア的にはデスクトップ版のCore i5プロセッサーと同レベルの性能を実現。モバイル向けのCPUではあるものの、動作周波数は2.6GHz(ターボ時3.5Ghz)4コア/8スレッドのCPUでなかなかの高性能。


本機はベアボーンPCなのでRAMは自分で購入が必要。SO-DIMM接続のDDR-4のもので最大32GBまで対応。個人的にはTranscendの16GBあたりをぶっ刺しておきたいところ。デュアルチャンネルなので、8GB×2や、16GB×2でも動作可能です。


デスクトップPCである以上、インターフェースはノートPCのそれよりも充実。USB 3.0端子×4に加え、HDMI、DisplayPort、LAN端子、USB Type-C、S/PDIF出力を搭載し、拡張性も抜群です。

購入するならこんな感じ?SSD・RAMの価格を計算してみました



今回のVorke V6、驚くべきなのはこの価格。各日先着10名限定でクーポンコード"VOV680"が利用できますが、それを適用すると469ドル。送料が+50ドルかかってしまいますが、それでもかなりの激安です。

Vorke V6はベアボーンPCなので、本体に加えて購入する必要があるのはRAMとSSD、そしてOS。実際に購入した場合の値段をせっかくなので確認しておきましょう。

RAM:16GB・18,900円


本機のRAMはDDR4-2133。規格はSO-DIMMなので、それにフィットするTranscendの16GBのものをチョイス。今後デュアルチャンネルを活用して16GB×2構成にすることも考慮して一枚で16GBにしてみます。お値段は18,900円


SSD:250GB・16,364円


SSDの接続端子はM.2端子。また、接続規格はPCIEx4とSATA 3.0。2ポート利用可能で、PCIEx4に対応するのはそのうちの一つのみ。せっかくPCIEx4に対応しているのだから、そこは欲張りたいところ。Samsungの 960 EVOをチョイスします。

EVO 960のパフォーマンスは並のSSDとは違い、「シーケンシャル読み出し最大3,200MB/s、書き込み最大1,900MB/s」と超高速。その分値段が高いものの、外付けHDDやSSD、NASの活用を考慮して250GBで妥協すれば16,364円です。


OS:Windows 10 Pro・22,980円


最後はOS。せっかくなかなかハイスペックなPCを購入するならOSも妥協したくないところ。Windows 10 Proをチョイスすると、価格は22,980円。ちなみに、Homeなら15,098円でした。


合計10.1万円也。これは十分行けそうな価格です。




本体

Vorke V6

¥51,121

RAM

トランセンド TS2GSH64V1B

¥18,900

SSD

Samsung 960 EVO 250GB

¥16,364

OS

Windows 10 Pro

¥22,980

合計

¥109,365

最終的に本体価格とRAM・SSD・OSをコミコミにした価格はこんな感じ。Windows 10 Proで109,365円という結果に。(1USD=109円で計算)個人的には、意外と高い値段になったというのが本音ではありますが、それでもなかなかな価格でした。


Vorke V6は現在、クーポンコード"VOV680"適用で469ドル。なかなかな値段で、写真の現像や、動画編集、また、ゲームにもぴったりなミニデスクトップPCが欲しいという方。ありかもしれませんよ...?ちなみに、私もこの通りポチっています。



ちなみに、セールページでは、Vorkeの他のPCを始め、ゲーミングや、ミニPCとして使えそうな機種が登場中。Vorke V6だけでなく、他の機種もぜひチェックしてみてください。

【深圳日記②】Xiaomi Mi Note 3や、15.6インチMi Notebook Proなど、Xiaomiの最新作を一気にチェック!北京&深圳の小米之家レポート!
【Xiaomi Mi Notebook Air 13】これこそ本物のモバイルPC。13インチXiaomi Mi Notebook Airを約2ヶ月使い倒してみて感じたコト。

Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

0 件のコメント :


旅行記

[旅日記][grids]

オーディオ

[オーディオ][threecolumns]

ガジェット

[ガジェット][threecolumns]