レビュー

[レビュー][bleft]

中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

【Tronsmart T4】旅行の時にこそ持っていきたいスピーカー。防水・防塵・耐衝撃性を備えた超小型Bluetoothスピーカー、Tronsmart T4レビュー


ここ最近国内でのマーケティングを強化しているTronsmart。先日はサラウンドスピーカーのT6をレビューし、Huaweiの急速充電対応のモバイルバッテリーだけでなく、オーディオ製品でも存在感を増してきていました。今回は、「世界最小クラス」を謳ったBluetoothスピーカー、Tronsmart T4を提供していただきましたのでレビューいたします。

Tronsmart T4は最大5Wの出力を備えたBluetoothスピーカー。8cm×9cmという小型なサイズながら「サイズからは想像できない音」を出せるとか。また、IPX69相当の防水・防塵、さらに耐衝撃性を備えた品。それでいながら、価格は2,289円と激安なのは驚きです。今回は、せっかくなので国内旅行や現在レポート中の深圳旅行に持っていき、実際に利用してみたのでレビューいたします。

よかったところ


・防水、防塵、耐衝撃性があるため、どんな場面でも安心して使える
・お風呂でも使えるところ
・カラビナでカバンにつけて持ち運べるところ

イマイチなところ


・ちょっと低音が足りない印象があるところ


手の中にすっぽり収まるハンディサイズ。カラビナでカバンにも簡単に取付可能




早速パッケージを開封。パッケージデザインは、これまでのTronsmart製品と同様の紫ベースのオレンジが差し色として入った形。



本体は片手にすっぽり収まるコンパクトサイズで、厚みもかなり薄め。本体側面部には、電源キーとボリュームキーが位置しています。ボリュームキーには秘密があり、カメラ利用時には"+"キーをシャッター代わりとしても利用可能。ちょうど手に収まるサイズなので、集合写真をスマホで撮るような場合には便利そうです。


充電端子はmicroUSBを採用。また、microUSBの下にmicroSDスロットを搭載。SDカードに入っているmp3やflac、wav形式を読み取って、本体で再生することも可能なんです。ただ、試していませんので、使い勝手に関しては不明です。


付属品は、持ち運びのしやすさを謳っているだけあって、カラビナとmicroUSBケーブル。



本体の上部にカラビナを簡単に取り付けが可能。重さもなかなかに軽量なため、写真のようにカバンに簡単に取り付ける事が可能です。旅行や、アウトドアの際にリュックサックにつけてしまうというのも一つの手ではないでしょうか...?

サウンドはなかなか。部屋中に響く音も十分出せます



早速、そのサウンドをチェック。非常に小さい本体でありながら音の出は好調でした。最小音量であれば、枕元で小さな音を流すのにも良いレベル。逆に部屋全体に音を流すという場面でも、十分な音量を確保できる、そんな音作りでした。

音の傾向に関しては、前回レビューしたサラウンドスピーカーT6に比べると低音は控えめ。フラットに近い音作りでした。個人的には、小音再生時の低音が若干小さく、物足りなさを覚えてしまう感じもあった印象です。


大音量での再生もなかなか得意で、琵琶湖の辺りでドローンを飛ばそうと格闘した際も、波の音に対して十分対抗できる音をだし、ちょうどよいBGMを流してくれていました。屋外でのアウトドアの際にも、これ一つで音楽再生をバッチリこなせそうです。

防水性能もバッチリ。頼もしい相棒でした。



北京や深圳のホテルでは、若干水濡れのある場所において音楽を再生したり、琵琶湖では水しぶきのかかる場所でT4を使用してみました。結果としては、その防水性のお陰で故障することもなく、音楽を流してくれる防水性を発揮。水がかかった直後は音がこもり気味にはなるものの、水が抜ければもとに戻ります。

耐衝撃性に関しては、何を思ったのかあんどろいど速報さんと、蹴ったり、投げたり、落としたりして過酷な状況に置いてみましたが、「破損」はしませんでした。ただ、一部の蓋が外れかけたりはしたため、強い衝撃を継続的に与えると、外側は壊れるかもしれません。というよりも、本来の用途以外に使うべきではありません。

旅行にも、自宅にも、アウトドアにも、どこでも活躍するBluetoothスピーカー



今回レビューしたBluetoothスピーカー、Tronsmart T4。実際に商品が届くまでは、その大きさからあまり期待していなかったのが本音でした。しかし、実際に商品を使ってみると、なかなか使える音だけでなく、防水性によって使い勝手も良く、いい意味で裏切られた商品でした。

その小さな本体から大きな音を出せることで、アウトドアの場面でも、もちろん、自宅内や旅行の際にも一つ持っていくことで、様々な場面で音楽を足せる機種に感じます。販売価格は1,789円。購入しやすい価格でオススメの一品でした。


Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

0 件のコメント :


旅行記

[旅日記][grids]

オーディオ

[オーディオ][threecolumns]

ガジェット

[ガジェット][threecolumns]