レビュー

[レビュー][bleft]

中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

【OnePlus 5】Snapdargon 835、8GB RAM、デュアルカメラ。スマホの最高峰に君臨するOnePlus 5レビュー


中国のスマートフォンメーカー、OnePlus。同社は2013年に中国・広東省にて設立された企業で、翌年に発売された初号機であるOnePlus Oneは、「Flagship killer」のキャッチコピーで一躍有名になりました。そんなOnePlusはアメリカ・ニューヨークにて2017年6月20日(現地時間)に新製品となる「OnePlus 5」を発表し、同27日より米国市場での発売が開始されました。今回、筆者もOnePlus 5を購入したので早速レビューをしていきます。

OnePlus 5は、昨年OnePlus 3(レビュー)や3Tを発売していたOnePlusが放つ最新スマートフォン。プロセッサーにはQualcomm Snapdragon 835を搭載し、8GB RAM(最上位版)、UFS 2.1採用の128GBストレージ(最上位版)、更に2,000万画素+1,600万画素のデュアルカメラを搭載した最強スペックのスマートフォン。GearBestでは6GB RAM・64GB ストレージモデルは"ROnePlus"で479ドル。8GB RAM・128GB ストレージモデルは"RTOnePlus5"で569ドルです。

【GearBest】GPD Pocketが489ドル、OnePLus 5は479ドル、MI Airは459ドルなど、スペシャルなクーポンが続々登場。GearBestで3連休はお買い物!

私がSnapdragon820搭載のLeeco Le MAX 2からOnePlus 3に乗り換えた理由

黒のマット仕上げが美しい、薄くて軽い本体




パッケージは、前作OnePlus 3と同様のデザイン。OnePlusのトレードカラーである赤色をアクセントにしたデザインで、「OnePlusの端末を買ったんだ」とすぐに実感します。箱を開けるとすぐに本体が登場。最近のスマートフォンは開けたらすぐ本体が登場しますね。すぐに本体と対面したい私にはとてもいいパッケージングです。

保護フィルムは最初から貼付けされている状態で出荷。別途に保護フィルムを用意する必要なく、裸のディスプレイを触りたくない几帳面な人にはうれしい配慮です。


DashChargeに対応したACアダプターとA to CのUSBケーブルが付属。OnePlusの独自規格であるDashChargeは一日分のバッテリーを約30分ほどで充電できるとアピールしており、フル充電には約一時間半と爆速で充電可能。なお、DashChargeの性能に関しては、前作OnePlus 3でも試しているので、そちらもご参照のこと。


本体は黒が映える仕上がり。全面をガラスで覆っていたXiaomi Mi 6(ハンズオン)とは異なり、OnePlus 5では、マット仕上げに。公称の重さは153gで、実際持ってみてもとても軽く感じます。

同じ位のサイズ感のGalaxyS7edge(左)が158gで、それよりも薄く軽いOnePlus5はとても嬉しいところ。ただし、マット仕上げのため本体がサラサラしており、滑らせて落とさないかは若干不安。


ディスプレイは5.5インチ・フルHDのOptic AMOLEDです。AMOLEDは液晶とは違い発色がとてもよく見やすいディスプレイと評判。特に、黒色に関しては電力を消費量が少ないためバッテリーの持ちにも貢献。

左側面:3段トグルスライダー・ボリュームキー

右側面:SIMスロット・電源キー

上部には特にボタンの配置などは無し

下部にはUSB Type-C端子と3.5mmステレオミニジャック

各端子・ボタン類も確認。電源キーに関しては、本機ではSIMスロット側の左側面に配置。その他の3段トグルスライダーとボリュームキーは右側に。

ここ最近のトレンドとしては、3.5mmステレオミニジャックの廃止がありましたが、OnePlus 5では下部に継続して配置。また、USB端子はType-Cを採用しました。


カメラ部に関しては、前作OnePlus 3と同様若干本体から飛び出し気味。平らな場所に背面を背にして置くとガタガタしてしまうのはちょっと残念。なお、本機のカメラは後述するようにデュアルカメラ仕様となっており、ボケ感のある画像も含めて美しく、そして芸術的な写真が簡単に撮影可能。

NFCセンサーは、他のスマートフォンと比べると珍しくデュアルカメラのカメラの間に搭載。場所が非常に分かりやすく、NFC利用時には嬉しい場所です。ただ、FeliCaには非対応なので、あまり利用する場面はなさそう。


ホームボタン部には指紋認証センサーを搭載。iPhoneやGalaxyシリーズよりも高速認証できると噂のセンサーです。実際に筆者の印象としても、Xiaomi Mi 5と比べてもOnePlus 5の方が速度も精度も上の印象。

なお、ホームボタン部は押し込みタイプではなく、静電容量式のセンサーでタップするだけで動作するタイプです。ここもOnePlus 3と同様の仕様でした。

Antutuベンチマークは18万点超。最強の仕様に




筆者が購入したのは8GBメモリ/128GBストレージの上位モデル。スマートフォン史上の最強の8GBのメモリを搭載していることが実際に使っていく上でどのあたりに影響するか見ていきましょう。

まずはAntutuベンチマーク。Snapdragon835を搭載しているだけあって、18万点超のスコアを叩き出しています。同じS835を搭載し4GBメモリのGalaxy S8は、17万点前後でしたのでベンチマークのスコアにもメモリの影響は出ているかと。一方でGeekbench4ではそこまでスコアは伸びておらずマルチコアスコアで約6,500点になりました。


流行りが続いているアイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ(通称デレステ)もテスト。LIVE動作設定はデフォルトで3D標準。特にカクつくこともなくヌルヌルと動作し、快適にプレイすることができました。

また、先日のアップデートで登場した3Dリッチでもゲームに支障が出ることなく快適にプレイ可能。流石、最新のSoCという実力を見せてくれました。


8GBもの大容量RAMの威力はゲームプレイ時にも発揮。筆者が試した限りではFGOをやりつつバックグラウンドでデレステをプレイしても、処理落ちすることもなく快適に動作しました。


7.2mmの薄型な筐体に3,300mAhのバッテリーを搭載しているOnePlus 5。Twitterやたまにゲームをする筆者の使い方では丸一日動作。途中でベンチマークを回したりしましたがガクンと減る様子もなくバッチリ。

鮮やかで、ボケ感もバッチリなデュアルカメラ





OnePlus 5では、背面カメラには2000万画素+1600万画素のデュアルカメラ構成のセンサーを採用。既に表現力に関して高い評価を得ているHuawei Mate 9(レビュー)等と同様のモノクロ+カラーセンサーの構成で、作例の通り非常に鮮やかに映し出します。

初心者の私でもかんたんにボケ風味を出すことができました。さらに色の風味もとても鮮やかで個人的には色の味付けは好み。初めてデュアルカメラ搭載のスマートフォンを所有しましたがデュアルカメラがこんなにも簡単にボケ感のある写真を撮れたのは感動です。


撮影モードは「コマ撮り」、「スローモーション」、「パノラマ」の3種類のみ。今流行りの「食事モード」は搭載していませんでした。

インカメラでは「自撮りモード」を選択可能に。インカメラも高画質の1,600万画素と非常に高画質な仕様で、自撮りも自由自在です。

なお、気になるシャッター音に関しては、通常時は無音。ただし、国内のSIMカードを刺したところシャッター音が鳴るようになりました。

痒いところに手が届くOxygen OS



OnePplus独自のOxygenOSはAOSPと比べて、カスタマイズがほとんどされていません。痒いところに手が届くカスタマイズが少しだけされていました。

BluetoothのオーディオコーデックのaptX,aptX HDに対応。aptX HDはサンプリング周波数は最大48kHz、量子化ビット数は24Bitまでの伝送に対応。aptX HDに対応した機器を持っていればさらに高音質で音楽を楽しむことが出来ます。

画面の寒色や暖色をスライダーで自由に選択することができます。また、ナビゲーションキーはAndroid標準の右メニュー・左バックキーの他に、Galaxy等で採用されている右バック・左メニューキーに配置を入れ替えることができOnePlus 5に買い替えた際に違和感なく使い始めることができると思います。

"Flagship killer"の名にふさわしい端末でした



OnePlus 5は筆者にとってOnePlusシリーズで初めて触る端末でした。ハードウェア・ソフトウェア共に素晴らしく、当初の期待を大きく上回ってくれる製品でした。ハードウェアは薄くて軽く、さらに洗練されたデザインで個人的には好み。

ゲームの複数起動だってへっちゃらのスペックで、しばらくスマートフォンを買い換えることが無くなりそう。ソフトウェアに関しては素のAndroidを生かしつつもその良さを引き出していてとても使いやすい端末となっていました。

GearBestでは6GB RAM・64GB ストレージモデルは"ROnePlus"で479ドル。8GB RAM・128GB ストレージモデルは"RTOnePlus5"で569ドル(記事執筆時点)。スペックでドヤ顔したい方にお勧めな一台です。

【GearBest】GPD Pocketが489ドル、OnePLus 5は479ドル、MI Airは459ドルなど、スペシャルなクーポンが続々登場。GearBestで3連休はお買い物!




スペック

液晶: 5.5inch 1920 x 1080
CPU: Qualcomm Snapdragon 835
OS: Android 7.0 Nougat
RAM + ROM: 8/6GB RAM + 128/64GB ストレージ
カメラ: 2000万画素+1600万画素(バックカメラ)、1600万画素(フロントカメラ)
指紋認証: 搭載
Bluetooth: 5.0
USB:Type-C
SIM Card:デュアルSIM・デュアルスタンバイ(nanoSIM*2)
バッテリー:3300mAh
重量:153g(本体のみ)
大きさ:15.27 x 7.47 x 0.72 cm
ネットワーク:
GSM 850/900/1800/1900MHz CDMA EVDO BC0
WCDMA B1/B2/B4/B5/B8 TD-SCDMA B34/B39
FDD-LTE B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B19/B20
TD-LTE B38/B39/B40/B41




この記事を書いた人



Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

0 件のコメント :


旅行記

[旅日記][grids]

オーディオ

[オーディオ][threecolumns]

ガジェット

[ガジェット][threecolumns]