レビュー

[レビュー][bleft]

中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

【Ulefone Gemini Pro】1300万画素デュアルカメラでHelio X27デカコアプロセッサー搭載!パワーアップしたUlefone Gemini Proが登場です!

最近はデュアルカメラの端末がブーム。当ブログでは、元祖ガチデュアルカメラ機であるHuawei Mate 9(異論は認めます・特にHTC)もメイン機としてレビューして、私自身も毎日頼りになる相棒として活用しています。そんなデュアルカメラスマートフォンにUlefoneも殴り込み。以前登場していたUlefone Geminiを大幅にパワーアップしたUlefone Gemini Proが登場です。

Ulefone Gemini Proは無印Geminiから筐体も一新、カメラは1300万画素SONY IMX 258センサー利用のデュアルカメラに、SoCはMediaTekの最新デカコアプロセッサーHelio X27にパワーアップした商品。現在GearBestでは299ドルで予約受付中ですが、これはかなりキテる端末です。

【Ulefone Gemini Pro】Antutu10万点弱の高性能&ボケ感のあるデュアルカメラのガチモデル、Ulefone Gemini Proファーストインプレッション


SONY IMX258 1300万画素デュアルカメラ

カメラ部にはSONY IMX258 1300万画素センサーをメインに採用。それに加えて、1300万画素のモノクロセンサーを搭載し、Huawei Mate 9を始めとする機種と同様の仕組みのデュアルカメラ構成を実現。カラーセンサー+モノクロセンサーの構成ですと、通常の写真撮影もコントラストが高く、発色が良くなる印象があり、個人的にはカメラに期待できそうです。

MediaTek Helio X27デカコアプロセッサー採用

SoCにはMediaTekが誇る最新デカコアプロセッサーHelio X27を採用。当ブログで以前レビューしたUMi ZもX27を搭載していましたが、Antutuベンチマークのスコアは98,000点超と非常に高く性能もお墨付き。日常利用だけでなくゲームでもバッチリな性能を誇ります。
RAMは4GB、ストレージは64GBとこちらも十分過ぎる構成。RAMに関してはSanDisk製のものを採用し、安定性もアピール。microSDカードに関しては256GBまで対応。デュアルカメラで撮影した容量の大きい画像も、動画だって詰め放題です。

5.5インチ・フルHDディスプレイ採用

ディスプレイは5.5インチのフルHDのものを採用。NTSCカバー率は95%に達するディスプレイで、明るく、鮮やかに写す出します。

前面指紋認証センサー搭載

本機では指紋認証センサーは、先日レビューしていたUlefone Power 2と同様に前面に移動。Ulefone Power 2でも認証の速度や精度に関してかなり改善されてきており、本機でもその点に関して期待しても問題なさそうです。

3680mAhバッテリー×Pump Express +2.0

バッテリーは大容量3,680mAhバッテリーを搭載。MediaTekの急速充電技術、PumpExpress +2.0に対応したことで、約1.5時間でバッテリーのフル充電が可能になりました。動画再生なら9時間、音楽再生なら25時間という長時間再生にも対応しているのがGood。

赤色も映えて、欲しいですよね...?

今回ご紹介したUlefone Gemini Pro。今流行の赤色のバージョンも登場し、所有欲を沸き立てられるデザインにも仕上がりました。デュアルカメラによるボケ感のある画像、そしてHelio X27による快適な操作性。今、予約すべき中華スマホといって過言ではないでしょう。

【Ulefone Gemini Pro】Antutu10万点弱の高性能&ボケ感のあるデュアルカメラのガチモデル、Ulefone Gemini Proファーストインプレッション


Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

0 件のコメント :


旅行記

[旅日記][grids]

オーディオ

[オーディオ][threecolumns]

ガジェット

[ガジェット][threecolumns]