レビュー

[レビュー][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

【ベストガジェット】今年最後の振り返り!2016年のベストバイTOP10を一挙紹介!ハズレはなかったはずです。

大晦日です。もう今日がやってまいりました。泣いても笑って2016年は今日で最後。来年こそは良い年にしたいですね。売上も上げていきたいとも思っています。さて、ベストバイガジェットは紹介していたものの、TOP10については紹介できていませんでした。最終日の今日、今年ゲットしたガジェットの中からベストバイのTOP10をご紹介していきましょう。

記事を書くにあたって、これまでゲットしてきたものを振り返ってみましたが、こんなにたくさんのガジェットを手に入れていたんですね。自分でもびっくりなほどでした。第1位に関してはHuawei honor V8でしたが、ほかの9つは一体何がランクインしたのでしょうか?上半期のベストバイTOP5と合わせてお読みくださいませ。




ベストバイ:Huawei honor V8

まずは、既に先日ベストバイとしてご紹介していたHuawei honor V8。Leica印ではないものの、P9とほぼ同等のレベルのデュアルカメラを搭載し、Huaweiブランドでは初の5.7インチWQHD(=2K)ディスプレイ、4GB RAM、64GBストレージを搭載したハイエンドモデル。

今日でも私のメイン機として大活躍してくれています。個人的には、DSDS対応だともっと嬉しかったかも。なお、既にHuawei Mate 9を購入し、1月2日に受け取る予定となっているので、引退の予定だったりします。2017年のベストバイにMate 9は入るのか入らないのか、要注目ですね。

【Horor V8レビュー1】P9よりも性能は上。デュアルカメラ搭載の最上位スマートフォン、Huawei Honor V8レビュー
【honor V8レビュー2】ボケも自由自在、スマホのレベルを超えたカメラのHuawei honor V8徹底レビュー


ベスト10:CHUWI初のモバイルバッテリー HiPower

ここからは順当に10位から順に紹介していきましょう。まず第10位は、CHUWIが満を持して発売したモバイルバッテリー、CHUWI Hi-Power 10050mAh。これまで、当ブログでは結構な数のモバイルバッテリーをレビューしてきていましたが、コンパクトでありながら高性能で、抑えるべきところをしっかり抑えた機種として特段高評価でした。QuickCharge 3.0に充放電共に対応しているのはいいですね。中華通販サイトのGearBestでは、現在2181円。お買い得で、おすすめです。



第9位:電池切れの心配無用!7800mAhのバッテリー搭載のモバイルルーターZMI MF855

第10位、9位ともにモバイルバッテリー系統の製品がランクイン。どんだけ、バッテリー好きなんですかね、私。7800mAhのモバイルバッテリーと、4G対応のモバイルルーターを一つにまとめてしまった製品、ZMI MF855。Xiaomiが出資するメーカーらしいスタイリッシュなデザインで、そして痒いところに手が届く性能。これ一台あれば困ることなしな製品でした。現在は、モバイルルーターの役割をNEC Aterm MR05LNに譲ったものの、半年以上に渡って私のモバイルライフを支えた功績をたたえて9位です。



第8位:もうコイツなしでは生きていけない。ロボット掃除機、ILIFE V5

第8位には生活家電のロボット掃除機がランクイン。上半期ベストバイの記事でも、プラスαで追加していた製品ですが、今回の年間ベストバイでは満を持して堂々の第8位。基本的に自宅では毎日朝自動で起動するように設定し、目覚ましとしても、そして優秀な掃除機として活躍してもらっています。これがあると、床の大半のエリアに関しては掃除機がけが不要となり、家事の中でも面倒さで上位に入る掃除の労力を大幅に削減してくれています。




第7位:遠隔操作でここまで生活は豊かになる。Xiaomiスマートホームシリーズ!

第7位にも生活家電をランクイン。値段が安い製品だと、どんなに満足度が高くても、低位に入ってしまいがち。そんな、Xiaomiのスマートホームシリーズ、自宅に導入して一番嬉しかったのはエアコンを外部から操作できること。従来のエアコンもタイマー機能を駆使することで、ある程度の調整はできたものの、急な時間変更等には対応できなかったのが実情。

Xiaomiのスマートホームシリーズなら、夏の暑い日も、冬の凍えるような寒い日も、帰宅前に予めエアコンを入れて温度調節を行うことが可能。このおかげで、この冬は夜遅くに帰宅しても、家の中で凍えるなんてことは一切なくなりました。また、タイマーも時刻指定で入れることで、朝起きる際も部屋がポカポカで心地の良い朝を迎えることができています。



第6位:パーフェクトな中華2-in-1端末の先駆け。CHUWI HiBookシリーズ

2016年上半期ベストバイアイテムのCHUWI HiBookは年間ベストバイでは6位に転落。今年、2016年は中華タブレットでは2-in-1型端末、特にヒンジ付きや、Core-M採用機、スタイラス入力対応機といった、高機能な2-in-1型機が多く登場した一年でした。

この中でも、CHUWI HiBookシリーズは、Onda oBookシリーズや、Teclast TBookシリーズよりもひと足早く高性能で、ヒンジ付き、そしてデュアルOSのパーフェクトな形の2-in-1端末となった機種。私は無印HiBookだけでなく、ディスプレイ強化版のHiBook Pro、スタイラス入力に対応したHi10もレビューしましたが、世代を重ねるごとに性能もブラッシュアップされ、進化を感じさせられました。ただ、今ではモバイル環境での作業はXiaomiのMi Notebook Airに譲っており、6位です。

国内最速!USB Type-C搭載の2-in1!CHUWI Hi Book開封の儀!
世界最速!USB Type-C搭載の2-in-1タブレットCHUWI Hi Bookレビュー!
中華着脱式2-In-1タブレット、CHUWI HiBookを一週間使ってみてわかったこと
【CHUWI HiBook Proレビュー】大ヒット作HiBookからパワーアップした2K液晶搭載の2-In-1タブレットCHUWI HiBook Proレビュー!
【レビュー】CPUがAtom Z8350にパワーアップ&スタイラス対応した2-in-1端末、CHUWI Hi10 Proレビュー!

第5位:中華スマホの完成形。OnePlus 3。さすがと言える完成度の機種。

以前ZTE AXON 7とOnePlus 3をガチ比較レビューし、AXON 7が良かった!なんて記事を書いていながら、ベストバイにはOnePlus 3をランクインさせてしまいます。理由は?と聞かれるとハタと困ってしまいますが、なにか新しいスマートフォンをもらったりした際に比較に利用するレファレンス機となっているのはこの機種だからというところでしょうか。

ほぼ純粋なAndroidを搭載し、ユーザーによるソフトウェアの開発も盛ん、そして、十分すぎる本体性能を誇っているOnePlus 3。中華スマートフォンの域を大きく超え、世界のスマートフォンの中でもレファレンス機と言っても過言ではないクオリティを誇る機種ではないでしょうか?先日、Android 7.0 (Nougat)も導入してみましたが、本機のポテンシャルの高さを伺え感動しました。

【フォトレビュー】OnePlusの最新作、OnePlus 3フォトレビュー
【レビュー】完成された使い心地、これぞ完璧。OnePlus 3を一週間使ってみてー
Snapdragon820・Daydream対応・WQHD AMOLED・ZTE AXON7とOnePlus 3、徹底比較。あーるの選ぶ2016年の最強スマホは
【OnePlus 3】OnePlus 3に最新OS、Android 7.0(Nougat)を適用!順当進化でいい感じ!

第4位:超巨大ディスプレイと、未来を先取りしたデザイン。Xiaomi Mi MIX

12月に手に入れたばかりの端末でありながら、あまりの使い勝手の良さと、満足度の高さから年間ベストバイに滑り込んだのは、Xiaomi Mi MIX。上部と左右がほぼベゼルレスに仕上がっていることで、写真のようにほぼ風景を切り取っているかのような写真撮影も可能となっている、Xiaomiのコンセプトフォン。

性能面でも一切妥協せず、最新Snapdragon 821プロセッサーに、6GB(4GB)RAM、256GB(128GB)ストレージ、1600万画素カメラを搭載した超ハイエンドモデル。価格もハイエンドで上位モデルは10万円超ではありますが、その未来を先取りしたデザインと高い性能で、持っていてよかった、そう思える機種です。

【Xiaomi Mi MIX】これこそ、みらいのスマートフォン。エッジレスデザイン採用Xiaomi Mi MIXフォトレビュー
【Xiaomi Mi MIX】もう手放せない機能性とデザイン。3面ベゼルレスのXiaomi MI MIXレビュー

第3位:もうこれなしの日常は耐えられない。通知確認、対応、一発OK!Huawei Watch

私の外出先でのモバイルライフを快適にしてくれたデバイスは今年はかなりあったと思っています。その中でも、本当に毎日必ず持ち歩いていたものの一つが、スマートウォッチであるHuawei Watch。今年の7月に購入してから、TPOの都合上着けれない日を除いて、毎日どこにでも着けていっています。

Huawei WatchはAndroid Wearを搭載したスマートウォッチ。最近では珍しくなくなってきたものの、当時はまだまだ少なかったラウンド型ディスプレイをいち早く採用し、パット見では普通の腕時計と区別がつかない高いデザインを誇った機種。腕時計のように見せて、あとからスマートウォッチだと明かして話題作りにしたり、重要な通知を逃さないようにしたり、可能性の広がる機種でした。

【フォトレビュー】高級時計にしか見えない高いデザイン性のHuaweiが誇るAndroid Wearの最高傑作、Huawei Watch購入です!

【ファーストインプレッション】若干の物足りなさは感じるものの、使い勝手の良いスマートウォッチ、Huawei Watchレビュー

第2位:いつでもどこでも自宅と変わらない作業環境を。専用GPUも搭載したXiaomi Mi Notebook Air 13!

第2位には、いつでも、どんなときでも、どんな場所でも大活躍してくれているノートPC、Xiaomi Mi Notebook Air 13をランクイン。Intel Core-i5プロセッサーに、GeForce GT940MXを搭載したハイスペックさと、1.3kgという軽さ、そして薄く仕上がった本体、どれをとっても素晴らしい機種でした。

特に、このスペックの高さは私にとってはかなり嬉しいもので、旅行先で写真を取り込み、そのままLightroomで編集ができてしまう―。ハードな使い方をしてもへっちゃらであったため、私にとって本機は非常に心強い相棒でした。値段も徐々に下降気味で、12インチならなんとかという方でも、そろそろ上位モデルにも手が届く用になったのではないでしょうか...?実は4G通信に対応し、CPUがCore i7にパワーアップしたモデルも登場するようですが、対応バンドの少なさから購入は見送る予定だったり。


以上、今年のベストバイTOP10でした!今年は高価格帯の製品が目立った年でした。

この記事を書き始めて約3時間、ようやくまとめに入れました。長かった...本年のベストバイTOP10、昨年のものをちらっと見てみましたが、それと比べるとかなり高価格な製品が増えた印象です。今年はGearBestを始め、中華通販サイト様との提携も始まり、製品提供を受けたということもありますしね。

開設以来、中華一筋でやってきた当ブログ、3年目の春を迎えるわけですが、少しずつオーディオから総合ガジェットブログへと進化してきました。2017年はどんな一年になるのか、そして、このブログがどのように成長していくのか、書いている自分でも楽しみですね。それでは、良いお年をお迎えください。






Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

0 件のコメント :


旅行記

[旅日記][twocolumns]

オーディオ

[オーディオ][twocolumns]

ガジェット

[ガジェット][twocolumns]

ヘッドフォン

[ヘッドフォン][twocolumns]