レビュー

[レビュー][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

エッジレスデザインなどで注目のXiaomiの最新スマートフォン、MI MIXとMI Note 2。GearBestなどで予約受付中。私自身も購入検討中です。

ついに中国本土で販売が開始されたXiaomiの最新スマートフォン、Mi MIXとMi Note2。当ブログでは、Mi5s Plusのレビューや、香港・深圳訪問を行っていたため取り上げることができていませんでしたが、ようやくご紹介できます。本音を言えばもっと早く記事にしたかったんですよ...?

Qualcomm Snapdragon 821を採用し超ハイスペックであるだけでなく、画面面積割合91.3%という数字を達成したMi MIXと、全世界のLTEバンドの殆どに対応し、ベゼルレスディスプレイを採用したMi Note2。どちらも今すぐ手にしたいレベルの機種です。GearBestではMi MIXは最上位モデルが748ドル、グローバル版のMi Note 2は629ドルで予約受付中。入荷日に関しては未定とのことですが、来月中にはおそらく発送されるとのことで、かなり期待の高まる機種です。

Mi MIXの販売ページへ
Mi Note 2の販売ページへ

画面面積割合91.3%を誇るMi MIX

センサー類はこれでも搭載しているんです
まず最初にご紹介するのは、発表時から大きな注目を集めたコンセプトスマートフォンフォン、Mi MIX。ディスプレイ部の殆どが液晶部で覆われているスマートフォンで、液晶部が本体で占める割合は91.3%と非常に高い数値を誇っているスマートフォンです。Xiaomi自身「コンセプト・スマートフォン」と呼んでいるように、未来のスマートフォンの形を示した機種。かっこいいですし、所有欲もかなり満たされそうです。
デザインには、建築・インテリア・家具・食器・出版物・インダストリアルデザインなど様々な分野のデザインを手がける総合デザイナー(by Wikipedia)のフィリップ・スタルク氏を起用。ここにもXiaomiがMi MIXに対していかに本気であるのかが現れています。
Mi MIXのスペックに関しても確認しておきましょう。液晶の占める面積は91.3%と非常に高いレベルに仕上がった本気、6.4インチのディスプレイは2040*1080の解像度となっています。

SoCにはMi5s Plusでも採用されたQualcommの最新プロセッサー、Snapdragon821を採用。RAM・ストレージはそれぞれ、4GB+128GBと6GB+256GBの2モデル体制。背面のカメラは1600万画素と必要十分な性能を備えた機種です。

現在、中華通販サイトのGearBestでは4GB RAMモデルが658ドル、6GB RAMモデルが748ドルで予約受付中。Xiaomi製品の中ではかなり高価格帯に位置する製品ではありますが、そのデザインと、未来を行くデザインで購入する価値はありそうですね。

スペック

液晶: 6.4inch 2040*1080
CPU: Qualcomm Snapdragon821
OS: MIUI 8(Android 6.0 Marshmallow)
RAM + ROM: 6GB RAM + 256GB ストレージ(4GB RAM+128GB)
カメラ: 1600万画素(バックカメラ)、500万画素(フロントカメラ)
指紋認証: 搭載
Bluetooth: 4.2
USB:Type-C
SIM Card:デュアルSIM・デュアルスタンバイ(nanoSIM*2)
バッテリー:4400mAh(QuickCharge3.0対応)
重量:209g(本体のみ)
大きさ:15.80 x 8.19 x 0.79 cm
ネットワーク:GSM: B2 / B3 / B5 / B8
CDMA: 1X / EVDO BC0
WCDMA: B1 / B2 / B5 / B8
TD-SCDMA: B34 / 39
FDD-LTE: B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8
TD-LTE: B38 / B39 / B40 / B41



Xiaomiの真のフラグシップモデル・エッジスクリーン採用のMi Note 2

もう一つ欠かせないのは、Xiaomiの真のフラグシップモデルとも言えるMi Note 2。特に差別化できる機能がないため、このMi Note 2の登場で以前レビューしたMi5s Plusは立ち位置を無くしそうですね。安さでは優位性は高いとは思いますが。
5.7インチのエッジスクリーンを採用したMi Note 2は、OLEDパネルを採用することで100,000:1の高コントラストを実現。解像度に関しては、同じく5.7インチディスプレイを採用したMi5s Plusと同じ1920*1080。
Xiaomi初のエッジスクリーンは、所有欲をかなりそそられるデザイン。
本機のスペックも侮れません。4GB RAM+64GBストレージのモデルと6GB RAM・128GBストレージの2モデル体制で、万全のレベルです。SoCはこちらもQualcommの最新プロセッサーであるSnapdragon 821を採用。これもバッチリですね。
この他の機能も確認してみましょう。4070mAhと大容量のバッテリーを採用したことで電池の持ち時間もかなり改善。また、オーディオ性能も向上し、NFCに関しては全機能をサポートすると、何でも入の構成です。
バックカメラに関しては、SONYの最新センサーであるIMX318を採用。最高画素は2256万画素に登ります。
何よりも私達を驚かせたのは、最上位版であるグローバル版のLTE対応バンド。docomoのプラスエリアであるB19も含めて、世界中で使えるようかなり広いバンドに対応しています。
Mi Note 2は、一番人気のグローバル版は中華通販サイトのGearBestで629ドルで予約受付中。Mi MIXもかなりそそられますが、こちらのMi Note 2も欲しくなりません...?

スペック(グロ版)

液晶: 5.7inch 1920*1080
CPU: Qualcomm Snapdragon821
OS: MIUI 8(Android 6.0 Marshmallow)
RAM + ROM: 6GB RAM + 256GB ストレージ(4GB RAM+128GB)
カメラ: 2256万画素(バックカメラ)、800万画素(フロントカメラ)
指紋認証: 搭載
Bluetooth: 4.2
USB:Type-C
SIM Card:デュアルSIM・デュアルスタンバイ(nanoSIM*2)
バッテリー:4070mAh(QuickCharge3.0対応)
重量:145g(本体のみ)
大きさ:14.57 x 7.03 x 0.83 cm
ネットワーク:2G: GSM B2/B3/B5/B8 
CDMA: CDMA BC0 / B1 / B10 / B15 
3G: WCDMA B1/B2/B5/B8 
TD-SCDMA: TD-SCDMA B34/B39 
4G: FDD-LTE B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12 / B13 / B17 / B18 / B19 / B20 / B25 / B26 / B28 / B29 / B30 
TDD/TD-LTE: TD-LTE B38/B39/B40/41



Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

0 件のコメント :


旅行記

[旅日記][twocolumns]

オーディオ

[オーディオ][twocolumns]

ガジェット

[ガジェット][twocolumns]

ヘッドフォン

[ヘッドフォン][twocolumns]