レビュー

[レビュー][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

【HOMTOM HT10レビュー1】虹彩認証に対応!Helio X20に4GB RAMのハイエンドスマホ、HOMTOM HT10レビュー!

爆発事故によって消えてしまったスマートフォン、Galaxy Note 7などで採用され話題となった虹彩認証を搭載したスマートフォン、HOMTOM HT10を中華通販サイトのGearBestから提供していただきましたのでレビューいたします。虹彩認証は、その名の通り目の虹彩の高解像度の画像にパターン認識技術を応用した個人認証技術。非常に高いレベルのセキュリティを実現するシステムです。

本機は中華スマホとしては早い段階で虹彩認証に対応したスマートフォン。指紋認証ですら精度の面で不安のある中華スマホですが、本機は意外と健闘しており個人的には気に入っている製品です。

HOMTOM HT10は、中華通販サイトのGearBestで23,892円で販売中。虹彩認証という一つ時代を先取りしたスマートフォンで周りに差をつけるなら、今がチャンスです。

【HOMTOM HT10レビュー2】虹彩認証だけじゃない!デカコアCPU搭載のハイエンドスマホ、HOMTOM HT10レビュー!

外観レビュー・パッケージ内容

パッケージは大きめの黒箱。マット加工がされており、高級感を出すようになっています。
本体は、中華スマホらしく袋の中に入れられています。付属品はACアダプター(日本使用不可)とmicroUSBケーブル。
箱の側面に引き出しがあり、ここに他の付属品が収納されています。これは面白いですね。
木目の描かれたケースと、ユーザーガイドが入れられています。
本体は、特にベゼルレスでもなく至って普通のデザイン。ハードキーの印字が若干目立ちます。
最新のモデルの割には、若干本体は厚め。先日レビューしたばかりのElephone S7と比較してみてもこの通り。ここはもう少し頑張ってほしかったところ。

右側面は写真の通り、電源キーとボリュームキー。
上部には3.5mmステレオミニジャック。
下部にはmicroUSBスロットを搭載しています。
本体重量は205g。正直なところ、若干重いというのが本音。
HOMTOM HT10は、最近のスマートフォンの中では珍しく背面のカバーが外せ、バッテリーの取り外しができるタイプ。これが重量や厚みの面でマイナスに作用している気もしますね。使用開始の際には、バッテリーに貼られている絶縁シートを剥がす必要があります。

自慢の機能、虹彩認証を試す

HOMTOM HT10のウリはやっぱり虹彩認証。昨年富士通のARROWSで世界初搭載された虹彩認証を、中華スマホの中でもいち早く搭載しました。一番左側の黄色い部分が発光し、カメラで虹彩を読み取る仕組みとなっています。
虹彩認証のセットアップは、通常のセキュリティメニューの中にあり、設定していく事が可能です。
実際にセットアップしてみました。セットアップの際には、画面の上部の部分にインカメラの映像が表示され、そこに両眼が映るようにスマートフォンの本体の高さや位置を調節します。

セットアップは裸眼で行う場合はかなりスピーディーに行えますが、頑張ればメガネを付けた状態でも設定が可能。何度も中断と読み込みの再開を繰り返しながらですが、メガネをかけたまま登録に成功しました。
虹彩認証のセットアップが済めば、画面オフの状態でロック画面を表示すると、自動的に写真のように虹彩認証が起動。スマートフォンの位置さえ気をつけていれば、裸眼であれば1秒足らずで、メガネの場合でも5,6秒で認証が完了しロックが解除されます。

指紋認証に比べると、認証速度の面ではかなり劣ってしまいますが、指をどこにおいていても認証が可能であること、また指紋認証では指が濡れているような際には認証できないといったことがない意味では優れているのではないでしょうか。また、寝ている間に勝手に指紋認証を作動させられる、そんなリスクも虹彩認証では圧倒的に低くなりそうですしね。

虹彩認証対応で203ドル。面白そうじゃないですか...?

そんな虹彩認証に対応し、そしてHelio X20デカコアプロセッサーに4GB RAM、32GB ストレージを搭載したハイエンドスマホ、HOMTOM HT10は現在GearBestで23,892円で販売中。虹彩認証という、時代を一歩先取りしたスマートフォン、一台買ってみて遊んでみるのも面白そうです。セキュリティが気になる方も、これなら就寝時に勝手に指紋認証を解除されるリスクも少ないですしね。

スペック

液晶: 5.5inch 1920 x 1080 2.5D Sharp製
CPU: MediaTek Helio X20
OS: Android 6.0 Marshmallow
RAM + ROM: 4GB RAM + 32GB ストレージ
カメラ: 2100万画素(バックカメラ)、800万画素(フロントカメラ)
指紋認証: なし
虹彩認証:搭載
Bluetooth: 4.1
USB:Type-C
SIM Card:デュアルSIM・デュアルスタンバイ(microSIM)
バッテリー:3200mAh
重量:175g(本体のみ)
大きさ:15.05 x 7.76 x 0.89 cm
ネットワーク:
2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
3G: WCDMA 850/900/1900/2100MHz


Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

2 件のコメント :

  1. 夜間の虹彩認証はいかがですか?これって、春過ぎくらいから、GEARBESTに出てたような、、実発売までかかりましたね。

    返信削除
    返信
    1. Sagamiさま、コメントありがとうございます。
      夜間真っ暗な環境下でも、直射日光下でも問題なく認証できました。
      GearBestに登場したのは今年の8月下旬頃だったかと思います。そのときに紹介する記事は書いていたのですが、実機を試せなくて、ようやくでした...

      削除


旅行記

[旅日記][twocolumns]

オーディオ

[オーディオ][twocolumns]

ガジェット

[ガジェット][twocolumns]

ヘッドフォン

[ヘッドフォン][twocolumns]