レビュー

[レビュー][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

【秋のヘッドフォン祭り2016】FiiOの最新DAP、FiiO X1 2ndが展示中!タッチ式のホイールは新鮮です!

先日、FiiOが最新DAPとしてFiiO X1 2ndを発表したことを記事にしていましたが、本日のヘッドフォン祭りで実機の参考展示がなされていましたのでレポートいたしましょう。FiiO X1 2ndは既に発売されているFiiO X1の第2世代機。これまでのFiiOのDAPの特徴であった中心部のホイールは残しつつも、タッチ式に変更し、かなりスタイリッシュなデザインに仕上がりました。

本記事では最新のFiiO X1 2ndを写真多めでレビューしていきましょう。

【FiiO X1 2nd】スタイリッシュに生まれ変わったX1。FIiOが放つ最新DAP、FIiO X1 2ndレビュー


ブラッシュアップされたデザイン

FiiO X1 2ndの最大の特徴はタッチ式に変更となったホイール部。これまでの物理ホイールでは「ガスコンロ」と称されることも多かったデザインですが、全く違うデザインに生まれ変わりました。
X1 2ndはブラックとシルバーの2色構成。真ん中にあるのはX1の第一世代機とほぼ同じデザインのX3 2ndですが、X1 2ndのデザイン性の高さが分かります。また、写真からは分かりづらいものの、厚みがだいぶ軽減され薄くなっています。
 下部にはmicroSDスロットとmicroUSB端子、3.5mmステレオミニジャック(LINE OUTとしても使用可)。
左側面に電源キーとボリュームキーを搭載しました。

UIについては特に変更なし。ただ、レスポンスは不満。

UIのデザインは基本的にX1系統と同じもの。若干アイコン等が異なる印象はあります。
選曲画面も特に大きくは変更はありません。
再生画面のUIも同様。
本機の最大の特徴であるタッチ式のホイールは、正直なところを言えばかなり癖があります。これまでFiiO X3 2ndを愛用していた身としては、1つだけ動かしたいといったときにタッチ式では上手く選択できない印象がありました。

また、オヤイデの担当者も同じ感想でしたが、まだソフトウェアの反応がワンテンポ遅く、実際に試聴する際にはまだストレスを感じてしまう状態。今後発売までの間にブラッシュアップされていくとは思います。

何もかもが未定。ただ、期待の一品

FiiO X1 2ndに関しては価格も発売時期も全て未定とのこと。本機から搭載となったBluetoothについては現在技適の申請中のため試聴機は非搭載でした。

なお、音に関してはX1との比較を特にせずに(ブースにはX1 1stも比較用に展示されていました)聴いていたので前世代機から比べてとの比較はできませんが、全体的に解像度が向上されていたような印象を受けます。音の傾向はFiiOらしい元気な音でしたね。

まだ何もかもが未定ではありますが、日本発売する予定はあるようですので、かなり期待できる一品ではないでしょうか?Bluetoothの搭載によって、大容量の音楽を手軽に無線で聞くなんて使い方もできるようになり、より広い層にアプローチすることも可能となるかもしれません。(価格次第ではありますが)なお、並行輸入品は14,300円と結構手頃な価格となっています。

FiiO X1 2ndは中野サンプラザにて開催中のヘッドフォン祭りのオヤイデ電気ブースにて展示中。ぜひ、新しいタッチ式のホイールを体験して下さい。なお、私も参加予定のFiiO X1 2ndのレビューツアーに関してはFiiOから全く連絡がなくどうなるのか不明です...

【FiiO X1 2nd】スタイリッシュに生まれ変わったX1。FIiOが放つ最新DAP、FIiO X1 2ndレビュー


Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

0 件のコメント :


旅行記

[旅日記][twocolumns]

オーディオ

[オーディオ][twocolumns]

ガジェット

[ガジェット][twocolumns]

ヘッドフォン

[ヘッドフォン][twocolumns]