レビュー

[レビュー][bleft]

中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

【Onda V80 Plusレビュー】パワフルで高級感のある筐体の8インチデュアルOSタブ、Onda V80 Plusレビュー

タブレットのレビューは久々ですね。今回は某GBと実は同じ会社であるEverbuyingからOnda V80 Plusを提供していただきました。EverbuyingでのOnda V80 Plusの販売価格は現在97ドル。低価格でありながら高スペックで、筐体もそこそこ高級感のあるタブレットに仕上がっていました。

V80 PlusはCPUにIntel Atom X5-Z8300、2GB RAMに32GBストレージを採用した8インチのデュアルOS(Android5.1+Windows10)のタブレット。液晶にはフルHD(1920*1080)のIPS液晶を採用し、日本国内でもヒットしたCHUWI Hi8に並ぶタブレットになっています。価格はCHUWI Hi8の後継機Hi8 Proよりも安い97ドルで中華通販サイトEverbuyingで購入可能。手軽に購入できて、8インチとサイズでどこにでもさっと持ち出せるコンパクトサイズ、CherryTrail世代Atomプロセッサーによってそこそこの性能を両立させた機種となっています。


外観レビュー

外箱は製品の画像もプリントされていないシンプルなもの。
開けると早速本体が登場します。なお、写真を撮り忘れましたが、microUSBケーブルとクイックスタートガイド、合格証が付属します。
本体の前面・背面ともに保護フィルムが貼られており、画面フィルムは剥がすともう一枚フィルムが残っておりそのまま使用可能です。
液晶画面のベゼルはそこそこ狭めといったところ。画面自体はCHUWI Hi8と比べると輝度が増し鮮やかになりました。
背面はCHUWI Hi8などに比べると高級感がましている印象。カメラは真ん中に位置しています。
CHUWI Hi8とせっかくなので比較してみましたが、V80 Plus(上)の方が筐体は薄くなっています。
重量はOnda V80 Plusは332g。
CHUWI Hi8は326gでしたので、若干ライバル機に対しては重め。ただ、6gであれば誤差の範囲内でしょう。
各側面の端子・キー類もチェックします。上部側面には3.5mmステレオミニジャックとmicroHDMI、microUSB端子。
右側面には電源キーとボリュームキー。他の側面には特に何もついていません。(microSDスロットは搭載しています)

若干もっさりが隠せないAndroid側

Antutuベンチマーク
V80 PlusはAndroid5.1とWindows10のデュアルOS機であり、ソフトウェア上の切り替えボタンからOSの切り替えができるようになっています。8.0インチですとまず日常的に使用されるのはAndroid側、稀にWindows側を使うーそんな仕様スタイルになるでしょう。まずは、一番良く使うことになるであろう、Android側をチェックします。

Antutuベンチマークのスコアも確認してみましょう。スコアは58,587点でありミドルハイのスマートフォンと同等レベルのスコアです。MediaTek Helio P10搭載のスマートフォンのスコアがこのくらいですね。

実際の使用感ですが、残念ながらAntutuのスコアレベルの快適さは確保されていません。5万点台ならスマートフォンでは全く不便を感じないレベルですがV80 Plusではもっさり感を感じする場面が多々あるような印象。チューニングの問題かとは思いますがもう少し頑張れなかったのかなと不満です。

UIは基本的に素のAndroidそのもの。基本的に中華タブレットの場合はスマホとは異なりOSをいじっていない場合が多く、今回もそのパターンにあたります。

Windows側はあくまでもおまけ程度

Atom機の宿命ではありますが、Windows側はあくまでもおまけ程度と考えるべきでしょう。2GB RAMでは流石に限界もありますしね。他の中華デュアルOSWindowsタブレットと同レベルの性能です。CHUWI Vi8やHi8と同レベルだとお考え下さい。

安価な8インチデュアルOSタブレットとして有用

Onda V80 Plusのように8インチでデュアルOS、フルHD液晶搭載のタブレットはTeclastやCHUWI、CUBEなど多くのメーカーから登場しています。本機の特徴としては、97ドルという比較的安価な価格であること、そして、デザインのチープさが他の機種に比べて感じられないことでしょうか。

Onda V80 Plusは現在中華通販サイトのEverbuyingで97ドルで販売中。お試しとしては十分すぎる安さと性能で、入門に最適な機種でしょう。
Everbuyingの製品ページヘ

スペック

OS:Windows10+Android 5.1
CPU:Intel Atom X5-Z8300
GPU: Intel HD Graphics 第8世代
RAM:2GB
ROM:32GB
液晶:8.0インチ 1920*1200
カメラ:フロント200万画素・バック200万画素
バッテリー:4000mAh
Bluetooth 4.0
WiFi: 802.11 b/g/n
端子類:microUSB,microSD,microHDMI
重量:332g(本体のみ・実測値)
大きさ:20.50 x 12.30 x 0.85 cm
Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

0 件のコメント :


旅行記

[旅日記][grids]

オーディオ

[オーディオ][threecolumns]

ガジェット

[ガジェット][threecolumns]