レビュー

[レビュー][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

【フォトレビュー】Snapdragon 650搭載のXiaomi Redmi Note 3 Pro到着!価格以上の所有感を高めるデザインで満足!

中華通販サイトのGearBest様から久々にまともなスマホ、Xiaomi Redmi Note 3 Proをお送りいただきました。Snapdragon 650を搭載しながら157ドルという低価格で購入可能なXiaomi製スマートフォン、Redmi Note 3 Pro、デザインも166ドル(16GBモデル)とは感じないもので、期待できます。

お詫び(平成28年7月11日):記事中で記載していた価格並びに重量、製品ページヘのリンクがRedmi 3 Proのものになっていました。大変申し訳ありません。現在は修正済みです。
【ファーストインプレッション】意外と無難な動作の端末Redmi note 3 Proレビュー

GearBestの製品ページへ





開封の儀

箱に関しては比較的小さめのものになっていました。
裏面にはRedmi Note 3との表記しかありませんが、スペック欄にSnapdragon 650を使用している旨が書かれており、間違いなくPro版です。
箱を開けると早速本体が登場します。
付属品はUSB-ACアダプターとmicroUSBケーブルです。
ACアダプターは5V/2Aの出力のようです。
他に、簡単な説明書などが入っています。

外観レビュー

ベゼルは結構狭めです。
裏面には、なぜか型番認証情報などがシールで貼られていました...しかも、剥がれません...シール剥がしを用意しないとダメなようですね...
裏面上部には1600万画素のカメラと指紋センサーがついています。
背面カメラのフラッシュは、デュアルフラッシュのようです。
右側面には電源キーとボリュームキーです。
下部にはmicroUSB端子。
左側面にはSIMスロット
上部には3.5mmステレオミニジャックです。
SIMカードはデュアルSIM構成で片方はSIM+microSDにも対応します。
Redmi note 3 Proと同じ5.5インチ液晶を搭載しているLetv 1Sと並べてみるとこんな感じです。
Redmi note 3のほうが若干縦の長さが短く、また背面のカーブがきつくなっています。
側面の加工はLetv 1Sとは異なった趣向で、全体的にカーブを描くようになっています。厚みに関してはほとんど変わらない印象です。

Xiaomiの製品に対する思考が垣間見えるデザイン

実のことを言いますと、これまで相当数の中華スマートフォン・タブレットを触ってきましたが、Xiaomi製の製品はこれが初めてでした。(スマートホーム関連機器や、Mi Bandは除きます)

改めてRedmi note 3 Proという、Xiaomiを一躍有名にさせたスマートフォンの一製品を触ってみたことで、Xiaomiの製品に対する思考が垣間見えてきたような気もする一品です。
中華スマートフォンメーカーで、高性能かつ美しいデザインでありながら製品を供給するメーカーはLeecoを始めとして様々なものがありますが、元祖中華スマートフォンとも言えるXiaomi製品、期待できそうです。

次回以降はハイコストパフォーマンスを誇るRedmi note 3 Proの性能面についても、みっちりレビューしていきます。
GearBestの製品ページへ

スペック

液晶: 5.5inch 1920 x 1080
CPU: Qualcomm Snapdragon 650 64bit (1.8GHz ヘキサコア)
OS: MIUI7(Android 5.1)
RAM + ROM: 3GB RAM + 16GB/32GB ストレージ
カメラ: 1600万画素(バックカメラ)、500万画素(フロントカメラ)
指紋認証: 搭載
Bluetooth: 4.1
USB:microUSB
SIM Card:デュアルSIM・デュアルスタンバイ(1スロットはmicroSIM、1スロットはmicroSIMとmicroSDの共用)
バッテリー:4000mAh
重量:168g(本体のみ)
大きさ:15.00 x 7.60 x 0.87 cm
ネットワーク:
2G: GSM 900/1800/1900MHz
3G: WCDMA 850/900/1900/2100MHz; CDMA 2000: BC0
4G: FDD-LTE 1800/2100/2600MHz

GearBestの製品ページへ






関連記事

2016年の中華スマホフラッグシップ特集!中華スマホならSnapdragon820搭載機が300ドル台から購入可能!
国内未発売品も安い!GearBestならHuawei製のスマートフォンも手ごろに買えちゃいます!

【フォトレビュー】OnePlusの最新作、OnePlus 3フォトレビュー
【レビュー】完成された使い心地、これぞ完璧。OnePlus 3を一週間使ってみてー
私がSnapdragon820搭載のLeeco Le MAX 2からOnePlus 3に乗り換えた理由

Cyanogen Modで快適に!Leeco Le MAX 2にCM13をインストール!
【Le MAX2】Le MAX 2にカスタムROMをインストールして利便性を向上!
【ファーストインプレッション】あぁ、これだよこれ、と感じるスマホ、Snapdragon 820・4GB RAMのLeeco Le MAX 2レビュー
【フォトレビュー】Snapdragon 820に2Kディスプレイ、まさに最強のスマホ、Leeco Le MAX2フォトレビュー
Snapdragon820に5.7インチ2Kディスプレイで399ドル!正真正銘の旗艦機LeEco Le MAX 2の予約開始です!

【フォトレビュー】Snapdragon 650搭載のXiaomi Redmi Note 3 Pro到着!価格以上の所有感を高めるデザインで満足!
【ファーストインプレッション】意外と無難な動作の端末Redmi note 3 Proレビュー

【レビュー編】2.2GHzオクタコアHelio X10搭載で約200ドル!LeTV 1Sファーストインプレッション
Helio X10搭載で約2万円ほど!LeTV 1S開封の義!
LeTV 1SにMIUI7をインストール!Xiaomi製のUIの実力は?
世界を驚かせたLeTV(LeEco)のLeeco Le 2 ProがHelio X25を搭載して350ドル!
Snapdragon820に5.7インチ2Kディスプレイで399ドル!正真正銘の旗艦機LeEco Le MAX 2の予約開始です!

【フォトレビュー】持ってるだけで所有欲が満たされそうなデザインのスマホ、Cubot X16S到着です!

大きい画面こそ正義!6インチのミドルレンジスマホ、Leagoo Shark 1をポチったぞ!
【開封の儀】大きい!6インチの中華スマートフォン、Leagoo Shark 1実機ファースト・インプレッション
【レビュー】大型6インチ、MTK6753のミドルスペック機Leagoo Shark 1レビュー!

「Xperia X Performance タッチ&トライ」アンバサダーミーティングに当選しました。
【当日レポート】「Xperia X Performance タッチ&トライ」アンバサダーミーティングに参加してきました!
高級感よし!重さもよし!大きさもちょうどいい、Xperiaの最新作X Performanceファーストインプレッション
丸の内で開催中のGalaxy Studioで某XとGalaxy S7 edgeを比較してきたぞ!
【Xperiaアンバサダー】ハイレゾ再生対応のXperia X Performanceのオーディオ性能を本気でレビュー!
【Xperiaアンバサダー】アンバサダーイベント&実機の貸出を受けてみて
【Xperiaアンバサダー】Xperia X Performanceを長期間使ってみて何を感じたのか

指紋認証付きの5.5インチスマホUlefone Be Touch 3、ポチりました(未到着)
Ulefone Be Touch3買いました(開封の儀編)
オクタコアで、指紋センサー搭載なの2万弱のスマホ、Ulefone Be Touch3レビュー(機能編)
UlefoneがベゼルレスでHelio P10を搭載のUlefone Futureを開発中とのこと
【MWC2016】誰も注目しないベゼルレススマホ、Ulefone Futureがコッソリ登場
NXP9887搭載で179ドルのスマートフォン、Ulefone Viennaがまもなく登場!
Helio P10に4GB RAMでベゼルレスのUlefone Futureが遂に登場!なんと199.99ドル!
【セール情報】界隈を騒がせたあのマンモスバッテリー機、Ulefone Powerがセール価格149ドル!
【ファーストインプレッション】ベゼルレスデザインが美しい!UlefoneのフラッグシップUlefone Futureをレビュー!

中華スマホの低価格が止まらない!FHDにオクタコアSoCで109ドル,Infocus M560!
119ドルでAndroid6.0を買える!Vernee Thor 4G気になります
シャープ製のフルHD液晶にHelio X20搭載の激安スマホ、Vernee Apollo Liteが登場!
143ドルと安価で6000mAhバッテリー搭載のスマートフォン、Oukitel K6000 Proが人気のようです
今年のスマホの大本命、Xiaomi Mi Maxが293ドル〜で登場!(クーポン有)
Helio P10搭載の話題のフラグシップ機、Umi Superが登場です!


Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

0 件のコメント :


旅行記

[旅日記][twocolumns]

オーディオ

[オーディオ][twocolumns]

ガジェット

[ガジェット][twocolumns]

ヘッドフォン

[ヘッドフォン][twocolumns]