レビュー

[レビュー][bleft]

中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

【フォトレビュー】494ドルのCore Mに128GB SSD搭載のタブレット、Teclast X3 Pro到着です!

先日製品の紹介をしていたタブレット端末、Teclast X3 ProをGearBest様より提供していただきました。早速、この最強のスペックを誇るタブレットのフォトレビューを先にお送りいたします。

このTeclast X3 ProはSurface Pro 4のCore Mモデルと同じIntel Skylake世代 Core M3-6Y30を搭載し、128GB SSD、8GB RAMと、普通のノートPCと遜色ないレベルの性能を持ったタブレットです。専用のキーボードを利用することで、2-in-1端末としても利用可能です。

Teclast X3 Proのスペックの詳細に関しては、前回の紹介記事
Skylake世代のCoreMプロセッサーに8GB RAM、128GB SSDを搭載して494ドルの超ハイスペック2-in-1タブレット、Teclast X3 Pro気になりません...?
をご覧ください。

【ファーストインプレッション】Core Mに8GB RAMでサクサクな2-in-1タブレット、Teclast X3 Proレビュー!
【レビュー】過度な期待は禁物、Teclast X3 Proのデジタイザーペンを試す!

GearBestの製品ページへ

開封の儀

それでは、早速開封していきます。
ここ最近CHUWIやXiaomi製品が多かったので、いつもとはデザインが異なるもので不思議な感じがします。
ちなみに、私にとってTeclast製品を触るのがこの機種が最初のものなので緊張します。
この辺りはどのメーカーの製品を買っても変わりませんね。早速タブレットが登場です。
説明書以外の付属品は充電アダプターのみです。最初から日本での使用に対応したものが入っていました。
充電器の出力hあ12V/2Aで結構高めです。低価格帯のモバイルバッテリーからの充電は絶望的です。

専用キーボードも開封

合わせて専用のキーボードスタンドも送っていただいたので確認します。
広げてみると、こんな感じです。Teclast X3 Proではヒンジ付きのものではなく、キーボードのカバー部を折り曲げて立てるタイプです。この場合、電車の車内などで膝上で使用するのは大変そうです...
10.1インチのCHUWI HiBookのキーボードカバーと比べるとこんな感じです。11.6インチなので、相当大きく感じます。

外観レビュー

Teclastの製品はCHUWIとは異なりだいぶ角ばったデザインになっています。
液晶が点灯している写真を撮り忘れましたが、ベゼルはそこそこ広めで、通常のノートPCよりもベゼルが広く感じます。
CHUWI HiBookと比較してみても、いかに大きいかが分かります。
右側面には電源キーとボリュームキーです。
左側面には、充電端子とUSB3.0×2、microSD端子、microHDMI端子、3.5mmステレオミニジャックです。
充電時には、充電アダプターと本体の両方のランプで通電の確認が可能です。
キーボードとの接続は専用端子を利用して行います。(写真はキーボード側の端子)
裏面には500万画素のカメラがついています。一応オートフォーカスに対応しているようです。
裏面は基本的にプラスチック製で、高級感は感じられません。
キーボードスタンドを取り付けた感じはこのような状態です。
カバーが折れ曲がることでスタンドになるようになっています。
キーボードは英字配列で、標準的な6段なので、使い勝手は悪くありません。
うち心地についても、若干重めですが不満を感じるものではありませんでした。
キーの大きさは大きく、そしてキーピッチに余裕がありラップトップと変わらないレベルに仕上がっています。

わざわざ見出しをつけて総評する程のものではないと思いますので、軽くまとめますと、高級感はありませんが、普通に使えそうなデザインです。
次回はCore Mプロセッサー搭載の実力について触れていきます。

とりあえず、この記事についてはX3 Proで書いていますが、予想以上の快適さで驚いています。


Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

2 件のコメント :

  1. はじめまして、最近中国タブレットを購入した者です。

    しかし購入して早々問題が発生しました。
    コンセントの形状は日本と同じ形で問題ないのですが、あーる様のTeclast X3 Proのように充電アダプターの入力電圧が220~240Vで、日本では100Vと違うのでどうすればいいか困っています。
    そのせいかそのまま充電すると、すぐに充電器が熱くなります。

    あーる様はどうしているのでしょうか?


    今は仕方がないのでそのまま充電していますが、
    このままにしていると壊れたり、故障しないか心配です。

    すみませんが、返答よろしくお願いします。


    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。

      実のことを言いますと、いまこのコメントを拝見してACアダプターが220V~となっていたことに気づき真っ青になっています。普通に使えていたので、全く気づいていませんでした...

      ...そのような状態なので、私自身も回答ができないのが現状です。充電ができているから良しとするのは、すくなくとも安全ではないですから(PSE取ってないものを使っていいる時点でアレですが)、今度確認し解決策を探ろうかと思います...

      削除


旅行記

[旅日記][grids]

オーディオ

[オーディオ][threecolumns]

ガジェット

[ガジェット][threecolumns]