レビュー

[レビュー][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

【Xperiaアンバサダー・まとめ】Xperia X Performanceを長期間使ってみて何を感じたのか

手元からXperia X Performanceがいなくなって約2週間が経過し、そして手元に代わりにLeeco Le MAX 2がやってきて1週間が経過しました。Le MAX 2を使い始めて一週間の評価もしなければなりませんが、その前にXperia X Performanceを長期間使っていて何を感じたのか、そして同じSoCを搭載しているLe MAX 2を使ってそれと比較してどう感じているのか感想を書いておきます。

Xperiaアンバサダーとしての記事は今回が最後になると思いますので、改めて今回最新機種をお貸しいただいたXperiaアンバサダー事務局の皆様にお礼申し上げます。





持ちやすい5.2インチ2.5Dガラスのデザイン

デザインに関して、日本版の背面のアンテナ部の樹脂部分に関しては、私も残念に感じていますがお借りしていたライムゴールドの機種ではそこまで目立たない仕上がりになっていました。ただ、ブラックの機種では樹脂部分のチープさが目立ってしまっており、もう少し工夫できなかったのかなと感じます。LeTV 1Sだって、そこは綺麗にまとめているのですからね。

グリップのしやすさに関しては、5.2インチというコンパクトなサイズと、ディスプレイ部が2.5Dガラスを採用したことで持ちやすく満足できました。

液晶の美しさは秀逸な端末

約3週間X Performanceを使用して感じさせられたのはその液晶の美しさでした。One SONYを目指し、BRAVIAの開発チームとも提携してチューニングが施されたという液晶画面は明度、発色ともに非常に綺麗でした。液晶画面のレベルの高さに関しては、他の中華端末を圧倒する性能でした。

超高速の側面指紋認証は秀逸

Xperia Z5から搭載されていた側面指紋認証ですが、話に聞く限りZ5以上の速度での認証が出来るようになっているようです。実際に他の機種(Samusung Galaxy S7 Edge,Nextbit Robin)と指紋認証の速さを比較した動画を公開していますが、いかに高速かが分かるかともいます。

他のレビューでは手汗が付いている場合に、若干の認識低下が見られるとの意見もありましたが、事実その通り(若干精度が落ちる)ものの全く気にならないレベルでした。側面という自然に指がおける場所と、高い精度のおかげで画面ロック解除に関しストレスは一切感じませんでしたね。

操作感も、動作の速度も秀逸

操作面もSnapdragon 820を搭載していることもあり、非常にさくさく操作が可能でした。RAMは3GBと、2016年のフラッグシップの中では少なめではあるものの、メモリ不足に感じる場面もなく、満足できるレベルでした。

素のAndroidを残したUIは特に不満なし

UIに関しては、私が借りたのはau版なので、一部auのメニューが最初から入っているのと、Xperia独自の機能に関しての部分を除けば、基本的に素のAndroid 6.0をほとんど残したUIでした。
画面を下ろしてのメニュー画面並びに、起動アプリ一覧に関しても素のままで、特に不満を感じることはありませんでした。
ただ、1点だけ、アプリ一覧画面での一斉終了ボタンの表示に関しては若干不満が残りました。

発色の綺麗なカメラは、他の機種に一線を画した品質

カメラの性能もさすがソニーといえる品質だったと感じています。発色の鮮やかさ、そして表現の細かさで他の中華スマホに対して圧倒的に差を見せつけているように感じました。X Performanceの返却後に、Xperia Z5と同じセンサーを使用しているLeeco Le MAX 2を入手しましたが、個人的な感想を言えば写真の品質はXperiaの方が圧倒的に上です。

ただし、私の借りた個体だけの問題かもしれませんが、カメラの起動やシャッターは非常に遅く、公称0.6秒が達成できていませんでした。しかし、どうも他の方のレビューを拝見する限り私だけで発生しているようですので、ハズレを引いてしまったのではないかと考えています。

音声再生能力はDAPには流石にかなわなかった

音声再生に関しては2chにもデビューしていましたが、別の記事で詳しくレビューをしていますので、ぜひご一読ください。

個人的な感想を言えば、どうしても物足りないところがあるというのが感想です。もちろん、他のスマートフォンに対して比べれば再生能力は高いものの、DAPに対しては一万円以下の機種(Cyberdrive SEIUN)にも劣るように感じてしまいました。
【Xperiaアンバサダー】ハイレゾ再生対応のXperia X Performanceのオーディオ性能を本気でレビュー!

総評としては、SONYらしさの詰まった製品かと

約3週間Xperia XPを触ってみて、感じてきたことをなるべく書いてみましたが、いかがでしたでしょうか...?

個人的な総評としては、液晶の美しさや、カメラの性能、そして側面指紋認証に関して、良い意味でXperiaらしいな、と思える機種だったと感じています。
ただ、私は大型のスマホが好みなので、この点では及第点ではありませんでしたが、そもそもの趣向が異なりますので...

また、Xperiaの最新機種を触れたら嬉しく思っておりますので、Xperiaアンバサダー事務局の皆様、是非次回もよろしくお願い申し上げます。

関連記事

Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

0 件のコメント :


旅行記

[旅日記][twocolumns]

オーディオ

[オーディオ][twocolumns]

ガジェット

[ガジェット][twocolumns]

ヘッドフォン

[ヘッドフォン][twocolumns]