レビュー

[レビュー][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

【レビュー】スマホで簡単VR体験、RITECH Riem Ⅲ Virtual Reality 3D Glassesで3Dを体験!

先日秋葉原でVRイベントが来場者が多すぎて中止になったり、PlayStation VRの予約が開始されるなど、Virtual Reality(VR)への注目が高まっています。今回、スマートフォンをセットすることで簡単にVRを体験できる機器を購入したので早速レビューいたします。

今回購入したのは、RITECH Riem Ⅲ Virtual Reality 3D Glassesという製品で、現在中華通販サイトGearBestでは10ドルで販売中です。ダンボールで組み立てるタイプの製品であればもっと安価なものがありますが、今回は完成品を購入することにしました。

ちなみに、このVRグラスもきちんと画面タップが本体で出来るようになっており、Google Cardboardの対応アプリも使用可能です。

GearBestの販売ページヘ
Amazonにも似ている製品が若干割高ですがありますので紹介しますね。
HooToo VRメガネ





外観チェック

箱には製品の写真が載っています。製品名は非常に単純明快で"Mobile VR Headset"でした。
本体はプラスチック丸出しの安っぽい物になっています。だからなんだという話ですが...
中にレンズが入っていて、スマートフォンの画面を視野いっぱいになるように拡大する仕組みです。
一応ユーザーマニュアルもついていました。
先ほどの本体の前面(頭じゃない方)のカバーを開けると吸盤が出てきます。ここにスマートフォンを設置する仕組みです。

実際にVRを体験

スマートフォンで映像を見るのは非常に簡単で、Youtubeなどで適当にVRで検索をかけると、対応した動画を見ることができます。
付属の説明書ではLGのサンプル映像のリンクが貼られていました。

実際に見てみましたが、確かに3Dです。ただ、スマートフォンを余程慎重に設置しないと見ている時に目が疲れてしまいます。

360°の動画や、3Dの動画再生が癖になるほどに楽しい!

このVRメガネはタップ機能も付いているためGoogle Cardboardと同様の扱いをすることができます。

そのため、Cardboard対応アプリをインストールして、360°回転可能な動画や、3D対応の動画を再生してみると、その臨場感に感動させられます。
他にも、意外と多い種類のアプリがリリースされており数はまだ少ないもののゲームもリリースされています。

今回は、動画再生とちょっとしたアプリのみ使用してみましたが、予想以上の没入感がありましたので、今後またゲームなどもプレーしてレポしていく予定です。







関連記事

Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

0 件のコメント :


旅行記

[旅日記][twocolumns]

オーディオ

[オーディオ][twocolumns]

ガジェット

[ガジェット][twocolumns]

ヘッドフォン

[ヘッドフォン][twocolumns]