レビュー

[レビュー][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

【Le MAX2】Le MAX 2にカスタムROMをインストールして利便性を向上!

先日購入したばかりのハイエンドスマートフォン、Leeco Le MAX 2ですが、GearBest側でインストールしていた国際版のROMでは幾つか不満な点や、うまく動作しない点があったので、カスタムROMをインストールしました。LeTV 1Sに比べると、カスタムROMの開発自体はあまり活発とは言えない本機種ですが、きちんと"使える"ROMも登場しており、早速インストールしてみました。




標準の国際版ROMでの問題点

標準の国際版ROMでももちろん通常利用が可能ですが、幾つかの問題点を抱えていました。
・root権限がない
・Googleの連絡先との同期ができない
・アプリのロックが不可能
・OTAアップデートが不可能

並べてみるとたった4つですので、人によっては大したことがないのですが、個人的には上の2つは致命的で不便に思っていました。頻繁に更新されているカスタムROMを発見したので、早速インストールします。

今回は
を参考にしながら、Cuoco92のROMをインストールします。

重要:当サイトでは私あーるが実際に試した手順をそのまま記述するようにしていますが、この手順を踏んだことによって起きたトラブルや損害に関して、あーるは一切責任を負いません。その旨をご了承いただいている方のみ以下の手順を試されるようお願いいたします
この方法では本体のストレージを直接書き換えます。失敗した場合などは最悪起動しない文鎮化することがありますので、また、作業の際には最新の注意を払うようにして下さい
作業時には本体のバッテリーは60%以上の残量のあることが推奨されています

ADBを利用してTWRPをインストール

ADBやTWRPが一体何なのか、そこが分からない方は是非ググってください。
ググってもよくわからない方はこのページを閉じて、そのまま国際版ROMをご利用くださいませ。

ADBをPCにインストール

一応、ADBをインストールされていない方のためにADBのインストールも解説します。
まず、ADBインストーラーをXDAからDLします。
解凍後起動して、全部Yです。
途中このような表示もありますが、"インストール"を選択します。

ADB経由でTWRPをLe MAX 2にインストール

Cドライブ直下に"adb"というフォルダができます。
その中に、TWRPをダウンロードして、"X820_TWRP_3.0.2.img"を転送します。
その後ファイル名を"recovery.img"に変更しておいてください。

また、Le MAX 2側でUSBデバッグを有効にします。
設定の一番下にある"端末情報"の"ビルド番号"をタップしていると"デベロッパーモード"になります。
設定に現れる"開発者オプション"で"USBデバッグ"を有効化してください。
これで準備完了です。

また、一足先回りしてカスタムROMの本体もPCからLe MAX 2に転送しておきましょう。
でダウンロードした、ZIPファイルをそのまま本体の適当なフォルダに転送します。
転送が終わったら進んでください。

PCにLe MAX 2を接続したら、先ほどのADBのフォルダを開き、エクスプローラー上でShiftキーを押しながら右クリックします。
recovery.imgが本来は入っているはずです
"コマンドウインドウをここで開く"でプロントを立ち上げます。
プロントが出てきたら、
adb reboot bootloader
と入力し、エンターを押します。
Le MAX 2上の画面が切り替わります。
その後、
unlock oem bootloader 
を打ち込んでエンター、そして
fastboot flash recovery recovery.img
と打ち込みエンターです。

TWRPでカスタムROMをインストール

上記の手順が終わったらTWRPを起動します。
本体の電源を落とした状態で、ボリューム+キーと、電源キーを押しながら起動させると、リカバリーモードに入り、TWRPが起動します。スワイプしてメインメニューを表示させましょう。
メインメニューの"Install"から
転送しておいた"Le2_X820-MAX.zip"を選択し、インストールです。
インストールが完了すると、再起動を求められますので、画面上から再起動します。

起動後OTAアップロードを実施

正常に端末が起動したら、アプリの一覧から"Updates"を探しましょう。
"Available Updates"にアップデートが出ていますので、インストールしていきます。
現在の最新バージョンはV28のようで、V23から5回ほどアップロード→再起動を繰り返しました。
すべてのアップデートが完了してから、端末情報を開くとロゴが増えていますね。

出来るようになったこと

アプリのロック機能が追加されました。指紋認証も利用可能ですね。
ドルビー製の音響調整機能のDolby ATMOSがインストールされました。
緊急警報の受信設定が増えていました。日本で受信できるかは試す機会がないので試せていません。というか、試したくありません。

他にも、最初に挙げていた問題点が解消され、より使いやすくなっています。







関連記事


2016年の中華スマホフラッグシップ特集!中華スマホならSnapdragon820搭載機が300ドル台から購入可能!
国内未発売品も安い!GearBestならHuawei製のスマートフォンも手ごろに買えちゃいます!

次のスマホのトレンドはデュアルカメラ!中華スマホのデュアルカメラ機をご紹介!

【フォトレビュー】OnePlusの最新作、OnePlus 3フォトレビュー
【レビュー】完成された使い心地、これぞ完璧。OnePlus 3を一週間使ってみてー
私がSnapdragon820搭載のLeeco Le MAX 2からOnePlus 3に乗り換えた理由

Cyanogen Modで快適に!Leeco Le MAX 2にCM13をインストール!
【Le MAX2】Le MAX 2にカスタムROMをインストールして利便性を向上!
【ファーストインプレッション】あぁ、これだよこれ、と感じるスマホ、Snapdragon 820・4GB RAMのLeeco Le MAX 2レビュー
【フォトレビュー】Snapdragon 820に2Kディスプレイ、まさに最強のスマホ、Leeco Le MAX2フォトレビュー

【UMi MAXレビュー】綺麗な発色のシャープ製高解像度液晶にHelio P10で動作も良好。ただ、カメラは残念...
【ファーストインプレッション】ベゼルレスデザインが美しい!UlefoneのフラッグシップUlefone Futureをレビュー!

【フォトレビュー】Snapdragon 650搭載のXiaomi Redmi Note 3 Pro到着!価格以上の所有感を高めるデザインで満足!
【ファーストインプレッション】意外と無難な動作の端末Redmi note 3 Proレビュー

【レビュー編】2.2GHzオクタコアHelio X10搭載で約200ドル!LeTV 1Sファーストインプレッション
LeTV 1SにMIUI7をインストール!Xiaomi製のUIの実力は?
世界を驚かせたLeTV(LeEco)のLeeco Le 2 ProがHelio X25を搭載して350ドル!
Snapdragon820に5.7インチ2Kディスプレイで399ドル!正真正銘の旗艦機LeEco Le MAX 2の予約開始です!

【フォトレビュー】持ってるだけで所有欲が満たされそうなデザインのスマホ、Cubot X16S到着です!

大きい画面こそ正義!6インチのミドルレンジスマホ、Leagoo Shark 1をポチったぞ!
【開封の儀】大きい!6インチの中華スマートフォン、Leagoo Shark 1実機ファースト・インプレッション
【レビュー】大型6インチ、MTK6753のミドルスペック機Leagoo Shark 1レビュー!

「Xperia X Performance タッチ&トライ」アンバサダーミーティングに当選しました。
【当日レポート】「Xperia X Performance タッチ&トライ」アンバサダーミーティングに参加してきました!
高級感よし!重さもよし!大きさもちょうどいい、Xperiaの最新作X Performanceファーストインプレッション
丸の内で開催中のGalaxy Studioで某XとGalaxy S7 edgeを比較してきたぞ!
【Xperiaアンバサダー】ハイレゾ再生対応のXperia X Performanceのオーディオ性能を本気でレビュー!
【Xperiaアンバサダー】アンバサダーイベント&実機の貸出を受けてみて
【Xperiaアンバサダー】Xperia X Performanceを長期間使ってみて何を感じたのか

指紋認証付きの5.5インチスマホUlefone Be Touch 3、ポチりました(未到着)
Ulefone Be Touch3買いました(開封の儀編)
オクタコアで、指紋センサー搭載なの2万弱のスマホ、Ulefone Be Touch3レビュー(機能編)
UlefoneがベゼルレスでHelio P10を搭載のUlefone Futureを開発中とのこと
【MWC2016】誰も注目しないベゼルレススマホ、Ulefone Futureがコッソリ登場
NXP9887搭載で179ドルのスマートフォン、Ulefone Viennaがまもなく登場!
Helio P10に4GB RAMでベゼルレスのUlefone Futureが遂に登場!なんと199.99ドル!
【セール情報】界隈を騒がせたあのマンモスバッテリー機、Ulefone Powerがセール価格149ドル!

中華スマホの低価格が止まらない!FHDにオクタコアSoCで109ドル,Infocus M560!
119ドルでAndroid6.0を買える!Vernee Thor 4G気になります
シャープ製のフルHD液晶にHelio X20搭載の激安スマホ、Vernee Apollo Liteが登場!
143ドルと安価で6000mAhバッテリー搭載のスマートフォン、Oukitel K6000 Proが人気のようです
今年のスマホの大本命、Xiaomi Mi Maxが293ドル〜で登場!(クーポン有)
Helio P10搭載の話題のフラグシップ機、Umi Superが登場です!
ZTEの最新スマートフォン、Snapdragon 820搭載AXON 7、これも気になります、買えませんが


Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

4 件のコメント :

  1. 初めまして。
    お聞きしたいのですが、カスタムROMとインストール後もしリセットしてもRomはカスタムROMのままなのでしょうか?
    宜しくお願い致します。

    返信削除
    返信
    1. 返信をし忘れていました...申し訳ありません...
      カスタムROMインストール後は、端末の初期化を実行してもカスタムROMが適用済みの状態になります

      削除
  2. 初めまして、
    otaアップデートをしたあとに再びリカバリからsuperSUを入れればいいのでしょうか?
    宜しくお願いしますm(_ _)m

    返信削除
    返信
    1. Kazu kuraさま、はじめまして
      SuperSUですが、この記事で紹介しているカスタムROMでは最初から導入済みですので、アップデート後も再インストールする必要はありません。

      画像では予備にSuperSUのイメージも入っているようになっていますが、基本的にはカスタムROM本体のみの適用で十分です。

      削除


旅行記

[旅日記][twocolumns]

オーディオ

[オーディオ][twocolumns]

ガジェット

[ガジェット][twocolumns]

ヘッドフォン

[ヘッドフォン][twocolumns]