レビュー

[レビュー][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

丸の内で開催中のGalaxy Studioで某XとGalaxy S7 edgeを比較してきたぞ!

Xperia X Performanceで撮影
6月8日まで、丸の内のKITTEで開催中のGalaxy S7 edgeを始め、Samsungの各種最新製品を体験できる"Galaxy Studio"におじゃましてきました。あろうことか、Xperiaアンバサダーでお借りしているXperia X Performanceを持って行ってきました。この記事を公開することで、もう二度とアンバサダーをやらせてもらえないかもしれませんね...

さて、Galaxy StudioではSamsungの最新スマートフォン、Galaxy S7 edgeを始め、VRデバイスである"GearVR"やスマートウォッチ"Gear S2"なども体験できるスペースとなっていました。会場内のブースを回ることで、Galaxy S7 edgeが当たる抽選に参加することができ、4桁の番号を当てるとS7 edgeがもらえるようになっていました。現在は2人が当選し実際にS7 edgeをお持ち帰りされているとのことで、S7 edge獲得を夢見る方には必見です。
2016年の中華スマホフラッグシップ特集!中華スマホならSnapdragon820搭載機が300ドル台から購入可能!

金魚すくいコーナーで、S7 edgeの防水性を体験!

写真は割愛しますが、S7 edgeを金魚すくいの網に例えて、画面上に現れた金魚をすくうコーナーです。

実際に体験してみると、金魚を無事にすくうのは大変ですが、私はゲットできました。ゲットしたからといってS7 edgeがもらえるわけではありませんが、ちょっぴり嬉しいですね。それだけですが。

実際に体験される際は、ハンカチをお持ちになることをお勧めいたします。S7 edgeと一緒に手首まで水につけることになりますので...ただ、高い防水性は体験できると思います。私自身、防水のスマホは購入したことはなく、借りているXperiaを水につけるのも憚れ、スマホを水につけるという基調な体験(?)ができ満足でした。

高速AFを実際に体験できるコーナーも登場

ここからXperia X Performanceを登場させます。こんなことしてしまって、アンバサダー事務局の方から叱られないか不安でなりません...Xperia大好きですよ、ほんと、大好きです、応援してます。だから次回もアンバサダー参加させてください。

さて、この高速AF体験コーナーでは写真の前方にあるこの女性の写真が高速で手前に移動し、その際のAFの速度を比較できるーというコーナーです。今回、Xperiaアンバサダーで持ち歩いていたXperia X Performanceを比較用に置いて検証です。

結論から言ってしまうと、若干S7 edgeの方がAFが速かった印象です。ただ、AFに関してはX Performanceも非常に高速化されていますので、実用上は大差ないのかなとも思ったりします。どちらも速い、そういうことです。

ちなみに、このコーナーの方にはX Performanceとバラしていますので、スタッフの方が「X Performanceを持ってる人がいる!触らして!」となりました。私はスパイではありませんよ...?

驚きの暗所撮影性能を実感できるコーナーも

SONY α6000で撮影・編集なし
Galaxy S7 edgeの特徴として、世界初のデジタル一眼レフカメラを搭載した点が挙げられます。このデジイチの技術によって、AF速度のさらなる向上と、暗所での撮影性能の劇的な改善を実現しました。

このコーナーでもXperia X PerformanceとS7 edgeの比較をしていますが、上の画像の通り左側にあるS7 edgeは非常に明るく撮影できています。右側には真っ暗でよく分かりませんがX Performanceを固定しており、同じく写真を撮っていますが全く明るさが違います。(X Performanceでの写真は下)
SONY Xperia X Performanceで撮影・縮小専用で1280*800に縮小のみ
X Performanceでは真っ暗ですね。デジタル一眼レフカメラでは、SONYの技術力は随一ですので、ぜひXperiaでもカメラの性能を更に向上させてほしいものです。ちなみに、比較用の写真はSONY α6000で撮影しました。SONYのミラーレス一眼ですから、できるはずです。

オリンピックとSamsungの展示コーナーも

歴代のオリンピック開催年のスマートフォンと、北京・アテネ五輪の聖火トーチが展示されており、北京のものは実際に持つことができました。写真は撮りませんでしたが、聖火トーチを実際に持って、そしてちょっとした豆知識も得ることができ、スマートフォンに関係しないところでも面白い展示でした。

気恥ずかしかったので記念撮影はしませんでしたが、せっかくなので頼めばよかったかもしれません...もう行く機会がないので4年後を楽しみにしています...って、東京五輪...?

ブースを回ったら、S7 edgeの抽選です

3ブース以上を回るとGalaxy S7 edgeの当たる抽選に参加することが可能です。既に2人の方が幸運にもS7 edgeを当てられたこの抽選では、4桁の番号を入力することで鍵を開けるというものです。抽選というか、完全に実力ですかね...?

以前は6桁でしたが、開催期間が終わりに近づいてきたことで4桁です。確率が12の4乗(10桁+アルファベット2文字のため)になりました。ぜひ、Galaxy S7 edgeをゲットしてください!

Galaxyは当たらなかったけれども、行って損はないイベントです

書きませんでしたが、当然(?)ながらGalaxy S7 edgeはゲットできませんでした。ゲットできたら先に記事にしてますね。ゲットできなかったものの、実際に様々な仕掛けからS7 edgeの性能を他のスマートフォンと比較でき、お話も聞けて非常に楽しいイベントでした。

記事中では触れませんでしたが、Gear VRをつけてジェットコースターを体験できるコーナーや、Gear S2の展示コーナーなど、見どころはS7 edge以外にも盛り沢山です。S7 edgeをゲットできなくても、行くだけでも楽しいイベントですのでぜひ丸の内KITTEへ行ってみてくださいね!

S7  edgeをどうしても諦められない方は、Expansysで79,000円で購入可能です。ポチってしまうというのも入手への近道ですよ...?

Expansysでの製品ページ

関連記事


Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

0 件のコメント :


旅行記

[旅日記][twocolumns]

オーディオ

[オーディオ][twocolumns]

ガジェット

[ガジェット][twocolumns]

ヘッドフォン

[ヘッドフォン][twocolumns]