レビュー

[レビュー][bleft]

中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

EIZOのFlexScanデビュー!きちんとした発色のあるEIZOモニターを激安で購入しました!

先日、楽天のスーパーセールに際して中古PCショップのフェローズ様から、EIZO FlexScan S2243W-HXBXを購入し、無事手元に届きましたので簡単にレビューいたします。発色が綺麗なディスプレイは一台持っておくべきだと感じさせらる一品でした。





今回は中古品をフェローズで購入

今回購入したのはEIZO FlexScan S2243W-HXBXという22インチのモニターです。2010年に発売され、22インチと割合小柄ながら1920*1200のWUXGAの解像度をもつ液晶です。パネルにはTFTパネルを使用し、表面処理はノングレアのモデルとなっています。

今回は、楽天市場で中古PCを販売しているフェローズというお店で購入しました。6000時間〜9000時間以内の使用時間のもの個体で、私の手元に届いたのは時間でした。(EIZOの液晶は概して合計使用時間を表示可能です。)
発売当初は4万円超の価格だったようですが、中古品は1万円強の価格となっており、購入しやすい価格帯になっています。

写真の現像にはきちんとした発色のある液晶が欲しかった

私が現在メインで使用しているカメラは、ガジェット好きのブロガーの中でも愛用者の多いSONY α6000というミラーレス一眼で、基本的にRAWで撮影しています。せっかくRAWで撮っているのですから、風景などの写真は綺麗に現像したいですから、Lightroomを利用して調整を基本的に加えています。(ブログで使用している写真は、jpgで撮影して他のソフトでの簡易編集のみです)

写真の現像に、これまでは昔購入してレビューしていたLG製のウルトラワイドディスプレイを利用していましたが、安さを第一目標としていたため、発色などについては考慮していませんでした。そのため、どうしても色が薄めになってしまい、Lightroomで編集しJPGに書き出したものを見返してみると発色が濃すぎたり不自然だったり...でしたので、きちんと色の出る液晶を購入しようと決意しました。

写真編集などで推奨される液晶としては、EIZOのFlexScan系は圧倒的に支持されています。色に関してのこだわりも相当なもので、PCのからの色調補正システムの提供もなされており、期待できそうでした。

旧型品なので重い...

実際に製品が到着して驚かされたのは、この製品の重さでした。FlexScanシリーズは今ではだいぶ軽量化が進んだようですが、2010年のこのモデルはスタンド合わせて9.6kgという重量を誇っています。Amazonで第1位を誇っているモニターアームの耐荷重は6kgですので、安いアームには乗せることさえできません。

設置に関しては、もともと付属していたスタンドに設置し、デスクの端に設置することにしました。

発色はさすがのレベル

発色に関しては「さすが」としか言えないレベルでした。特にこれまで使っていたモニターに比較すると。
接写してみましたが、綺麗です。個人的にはまだ、4Kを導入する必要はないと思っていますので、ひとまずWUXGAのモニターで十分だと思っているので、このレベルで十分です。

中古でも十分アリな製品

これまで中古で液晶などを購入することに非常に抵抗があったのですが、意を決して購入してみました。中古ということで、製品の箱や説明書に関しては付属していませんでしたが、特に本体は綺麗な状態で、使い始めてしまえば中古であることを忘れてしまう製品でした。

フェローズさんでは、基本的に中古品に対しても1年間の保証を付けており、個人的には安心ですね。また、購入の際にも液晶の動作時間に関して細かく指定可能というのも気に入りました。

中古の液晶ディスプレイを考えている方、写真編集でお困りの方、いかがでしょうか...?
Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

0 件のコメント :


旅行記

[旅日記][grids]

オーディオ

[オーディオ][threecolumns]

ガジェット

[ガジェット][threecolumns]