レビュー

[レビュー][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

FiiO X3 2nd Genファースト・インプレッション


遂に、届きました!
FiiO X3 2nd Gen!

お知らせ:FiiO X3 2nd genのレビューツアーに参加します
で告知していたように、X3 2nd genのレビューツアーの品が届きました!!

レビューツアー3人目ということで、中国から、アラブ首長国連邦を経由し、日本国内でも物欲スパイラルの管理人にしぽんさんを経由して、遂に私のもとにも試聴機がやって来ました!!

(UAEの方、にしぽん様ともに、期限よりも数日早く発送されており、感謝です..私も早く次の方のもとに送りますね...)

関連記事

FiiO X3 2nd レビュー
FiiO X3 2nd Genのファームウェアも弄れます
FiiO製品の情報一覧
速報(飽きてきた) FiiO X3 II(X3K)もDSDネイティブ再生に対応へ
FiiO X3K?
Goodbye X3 (1st Gen) And Say Hello To X3 (2nd Gen)!!

とりあえず、開封の儀


どうやら、箱はまだ製品名が正式に決まる前のもので、開発名の"X3K"の表記になっています

裏面もFiiO X5の箱から続くデザインですね
特筆すべきなのは、機能表示の中の"Native DSD Support"でしょうか

中箱は高級感があります

本体のご登場

FiiO X5から始まった、本体の装飾用のシールです
流石に、貼ろうとは思いませんね^^;

説明書と、保証書です
製品名がこちらもX3Kですね
あと、同軸出力の変換ケーブルと、microUSBケーブルが付属してます

同軸出力変換ケーブルは、X3 1st付属のもの(下)に対して4極プラグになっています
ラインアウトと同軸出力が兼用になったことが影響しているのでしょうか...

本体も見てみる


とりあえず、手持ちのX3 1stと並べてみます
X3に対して、横幅が少し広がって、高さは小さくなりましたね
厚みはほぼ同じくらいでした

手に持ってみると、案外小さいです
ホイールは、X5,X1と同様のラバー製です

側面には電源/ロックキー、音量調整キーがあります

上面には、ヘッドフォンアウトとライン/同軸出力

裏面には、X3KやX3 2ndではなく、X3とだけ印字があります。

裏面の下には、"For Tour Audition"の文字が...(なお、底面にはmicroUSB端子のみあります)

FWをアップデートして、早速聴いてみる

とりあえず、アップデート


ついに、発売ということもあって、FW1.0が公開されていたので、早速アップデートします
アップデートは、左上のボタンを押しながら、電源キーを押す形です

せっかくなので日本語のメニューを出してみます

メインメニューは、X1と同じです

フォルダスルー再生も対応

インラインコントロールにも対応です(Apple製のイヤフォンなどで、再生/一時停止/先送りなどのボタンが利用できます)

X3 1stに比べて落ち着いた印象

せっかく、DSDネイティブ再生が可能なのですから、dsfを聴かなきゃ勿体無い!ということで、DSD聴いてみましょう

この曲に限らず、X3 2ndはX3 1stに比べて落ち着いた印象です
X3 1stは弱ドンシャリですが、こっちはもう少し繊細に奏でている印象です
(今は手元にあるX3としか比較しようがないのです...)

明日イー嫌に行くので、他のDAPとも聴き比べをしてみようかと思います

解像度は、X3に対すると、明確に向上した印象です
もちろん、曲によって違いは出ますが、アコースティック系は1stに対して、向上した印象がありますね

音に関しては、明日以降もっと細かいレビューをしていきたいと思います

操作性は無敵

FiiOのDAPはモデルが進むごとにどんどん良くなっている印象ですが、X3 2ndは中華の域を出る操作性です
前モデルでは不評もあったホイールですが、個人的には進み過ぎるということはなかったように感じます

レスポンスももともと他のDAPよりも良かったX3 1st以上にキビキビしていて大満足です

ホールド機能も、ワンプッシュで画面OFFになり、音量キーで、音量調節と、長押しで先送りだ出来たりと完全にホールドしてしまうX3 1stからかなり進化しました
(画面OFF時に無効化するキーは設定から変更可能なのもさらにグッド)

あと、DSDだろうが、24bit/192KHzであろうが、再生してても本体が熱くならないのはこれから夏に向かっていく上で嬉しいですね
本体の寿命的にも良いでしょうし

残念なのは液晶

操作性も素晴らしいのですが、液晶が残念です

レビューツアーで流れているモデルの液晶がIPSなのかTFTなのかは定かではないですが(製品版はTFTの予定)、発色が良くないです

初代X3とくらべても液晶が明らかに残念です...
解像度も低い印象ですし、そもそも画面小さいです....

フォントもX3 1stのフォントをMigMixに替えているのもありますが、色も含めて読みづらいです...
X3 1stの様に自分でFWいじれたら嬉しいのですが...果たして...

...という感じ

1日自宅で聴いてみての感想はこんな感じでしょうか

音や、操作性は満足ですが、液晶と文字の大きさといったUIに少し不満がある感じです

今後他のDAPとかも比較試聴しつつ、英語でもレビューを書いてHead-Fiにも投稿しますね

関連記事





Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

4 件のコメント :

  1. 日本での発売はいつ頃になるんでしょうか?

    返信削除
  2. うーん...どうなんでしょうか...
    過去の製品の発売のタイミングからすると、ヘッドフォン祭あたりで発売とかなのかもですね...ただ、オヤイデ次第です...
    AliExpressでFiiOの公式から買うのも手ではありますが...

    返信削除
  3. なるほど・・・
    ありがとうございます
    これからも記事楽しみにしてます!

    返信削除
  4. Walkman F880のバッテリーの持ちが急激に悪くなったため、急遽Fiio X1に買い換えて1週間。
    Walkmanより若干音が良いかな?と思っていますが、Fiio X3(2gen)ならもっといい音だろうと期待して、買い換えようと思っています。
    他モデルとの音質比較など、今後の記事を楽しみにしています。
    あまり高いのはちょっと手が出ないし。

    返信削除


旅行記

[旅日記][twocolumns]

オーディオ

[オーディオ][twocolumns]

ガジェット

[ガジェット][twocolumns]

ヘッドフォン

[ヘッドフォン][twocolumns]