レビュー

[レビュー][bleft]

DAP

[DAP][bleft]

中華スマートフォン

[中華スマホ][bleft]

中華パッド

[中華パッド][bleft]

突然ですが、寝台特急に乗りたいです


いままで、このブログでは基本的にガジェットを紹介していましたが、私は鉄道も嫌いではありません

というか、空港で働いてますし、鉄道も小さころからまぁ見てきましたからね...

交通関係は就職する気はありませんが憧れがあるのでしょう

というわけで、今回は今年の3月13日に定期運行を終えてしまう寝台特急"北斗星"に乗ってみたい!というわけで、いざB寝台ソロをゲットしようというお話です

...と思っていましたが、そのまえにトワイライトエクスプレスに乗りたいですね

こっちは、3月12日の運転をもって完全に廃止になってしまいますから

実際に切符を手にするには



先ほど"乗ってみたい!"と書きましたが、すいません、昨年の夏に1度上りの北斗星にB寝台ソロで乗っています

6号車で下段だったので普通に良かったのですが、じゃあ、やっぱり人気のある下り北斗星にも乗りたいじゃないか!ということです

ご存知のように、北斗星の定期運行は3月13日で終了です

既に、北斗星の切符はもともとプレミア切符だったのが更に入手困難になっています

ただ、ダフ屋は死ねばいいと思っているので、自力で切符を入手します

ツアーにも頼りません!

トワイライトエクスプレスも大変なことになってます

というか、トワは、もともと北斗星よりも定員が少なく、更に狭き門です

10時打ちという方法



こうなると、唯一の切符を入手する方法は駅の窓口で切符を購入することです

この方法が、10時打ちといいます

なぜ10時なのかといいますと、基本的にJRの切符は乗車日の1ヶ月前の午前10時に発売になるので、その発売になった瞬間に切符の購入・発見手続きをするのです

基本的には、午前10時少し前にみどりの窓口に行って、10時打ちをお願いし、10時になるまで窓口の脇で待機し、10時になったら、窓口に戻って打ってもらうのが原則です

ただ、ここに裏技があって駅によってはもっと早い段階で10時打ちの"事前予約"を受け付けてもらえます

もちろん、どの駅が何時から~という情報は各個人の情報収集力と足にかかっていますので私も書きませんが、JR東日本で私の知る限りではとある支社の駅は事前予約を受け付けてくれます

本気で10時打ちをする際には

・駅のシャッターを開けた時点から受付を開始する駅

・みどりの窓口の営業開始(午前6時)から受付を開始する駅

・みどりの窓口の営業開始(午前7時)から受付を開始する駅

という風に回っていき、数駅の事前予約を済ませて、そして午前9時30分頃には10時じゃないと打たない駅でスタンバイします

これで、私は...なんと取れませんんでした\(^o^)/

事態は想像を絶しています

上の写真をご覧の通り、3駅で事前予約1番、1駅で10時打ちをして、北斗星ソロでさえも取れませんでした

事態は私たちの想像を超えています

試しにトワイライトのシングルツインがヤフオクでいくらになってるのか見てみたら


もう、ワケがワカラナイ値段になってます

さて、私も明日10日からまた10時打ちです

どこの駅にいるかは流石に言えませんが、取れるといいなぁ...

最後まで諦めないのも重要

数枚チケットがとれた時に、キャンセルが発生することがあります

キャンセル分を狙うというのもありますので、最後の最後までみどりの窓口に通いましょう

私もみどりの窓口のある駅を通る度に聞いています

というか、このページを見てる方の半分以上はライバルですもんね...
Post A Comment
  • Blogger Comment using Blogger
  • Facebook Comment using Facebook
  • Disqus Comment using Disqus

0 件のコメント :


旅行記

[旅日記][twocolumns]

オーディオ

[オーディオ][twocolumns]

ガジェット

[ガジェット][twocolumns]

ヘッドフォン

[ヘッドフォン][twocolumns]